HOMEライフスタイル 1日5食限定、しかもランチタイムのみ!赤身肉ステーキ専門店のシャトーブリアン丼が衝撃的な美味しさだった

1日5食限定、しかもランチタイムのみ!赤身肉ステーキ専門店のシャトーブリアン丼が衝撃的な美味しさだった

はなとも

2018/01/31(最終更新日:2018/01/29)


このエントリーをはてなブックマークに追加

”赤身肉を愛するすべての人へ”をコンセプトに、2017年5月、浦和駅西口にオープンした赤身肉ステーキ専門店「carnegico(カルネジコ)」。全国各地から厳選した和牛赤身肉、最高品質のアイオワ州ブラックアンガスビーフのフィレ、ランプ、サガリ等、希少部位を低温でじっくりと焼き上げ、赤身肉なのにしっとり柔らかな食感のステーキを堪能できるお店です。そんな極上の赤身肉を味わえる「carnegico」では、牛一頭からわずか600gしか取れない希少部位・シャトーブリアンを使った究極のステーキ丼を、1日5食限定でランチタイムのみ提供しています。今回は、赤身肉ステーキ専門店が作り出す、ランチ限定のシャトーブリアン丼を食べに潜入してきました。ご紹介する「carnegico」は、JR浦和駅西口から徒歩約5分の場所に店を構えています。

大人の隠れ家のような落ち着いた雰囲気!

ダークブラウンで統一された外観は、落ち着いた大人の雰囲気。IMG_6932賑やかな商店街から1本脇に入った静かな通り沿いにあるので、まさに知る人ぞ知る隠れ家といった感じです。IMG_6938壁には厳選された赤身肉のメニュー表があるので、夜はワインを片手に極上のステーキを楽しむことができますね。IMG_6934店内の1階にはカウンターが8席!1人のんびりと過ごしたい方にはオススメです。IMG_69352階にはテーブル席のほかに、人気のソファ席もあるので、あまりの居心地の良さに思わず長居してしまいそうです。IMG_6937ランチメニューには、厳選した赤身肉を使用したステーキ丼が数種類と、牛すじカレーがラインナップ。ミニ牛すじカレー以外には、スープ・サラダ・コーヒーorウーロン茶が付くシステムです。早速お目当てのシャトーブリアン丼を注文してみました。

希少部位シャトーブリアンを使った究極のステーキ丼!

▼シャトーブリアン丼(スープ・サラダ・コーヒーorウーロン茶付き)※3200円IMG_6939アンガス牛のシャトーブリアンを、惜しげもなく120g使用した贅沢なステーキ丼!シャトーブリアンは肉の中でも脂肪が少なく、さっぱりとした味わいで、非常に柔らかな肉質が特徴です。IMG_6940一口頬張ると、赤身肉なのにとっても柔らかく、上質な肉の旨味と香りが口いっぱいに広がります。1度食べたら忘れられなくなる美味しさです!IMG_6942さらに別添えのガーリックバターソースを掛けると、芳醇なバターと程よいガーリックの香りがシャトーブリアンと絡まり、より一層旨味が増しますよ。IMG_6943最初は何も付けずに、半分ほどしたらソースに絡めて食べると、味の変化を楽しめるのでオススメです。さらにワサビを付けて食べるとさっぱりとした味わいになるうえ、シャトーブリアンの旨味を最大限に引き出してくれるので、ぜひ試してみてください!2C54B7EB-26CC-4900-81EF-B858EC2ABCA9帰り際、店長様に「どうして赤身肉ステーキ専門店をオープンしようと思ったんですか?」と聞いた所「私が赤身肉が好きなんですよ(笑)。沢山の方々に赤身肉の美味しさを伝えたいと思ったんです。」とおっしゃっていました。「店長様の1番のオススメはなんですか?」と聞いた所「シンプルに赤身ステーキ丼ですね!価格も手頃ですし、近くのOLさんにも気軽に立ち寄ってもらいたいですね。」とおっしゃっていました。希少部位・シャトーブリアンや厳選した赤身肉をステーキ丼として提供する為、ランチタイムは常に満席の人気店。今回ご紹介したシャトーブリアン丼は1日5食限定の為、確実に食べたい方は電話での予約がオススメ。他にも「フィレステーキランチ」や「赤身ステーキ丼」「和牛コンビーフ丼」など、こだわりのメニューが多数あるので、極上のお肉を堪能しに浦和にある「carnegico」に訪れてはいかがでしょうか?「carnegico」住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-10-17営業時間:[ランチ]11:00~14:00 [ディナー]18:00~24:00電話番号:048-834-4129定休日:毎週水曜日公式サイト:カルネジコIMG_6941

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード