HOMEトレンドニュース インバウンド、人気トレンドは調布?「Tokyo Creative」が東京都調布市の財団と連携

インバウンド、人気トレンドは調布?「Tokyo Creative」が東京都調布市の財団と連携

Yuka Haga

2019/10/13(最終更新日:2019/10/10)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Tokyo Creative株式会社プレスリリース

海外やインバウンド向けコンテンツを発信するTokyo Creativeはこのたび、東京都調布市の市文化・コミュニティ財団と連携し、調布市の魅力を発信するプロモーションを開始した。

知られざる「調布」の魅力を発信

調布は外国人にも人気の街・新宿から、電車で15分ほど。リラックスできる自然や食文化、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげる氏のゆかりの地として知られているという。同社の調査によると、欧米豪の外国人観光客は「都心に近い場所で自然、景観に触れたい」というニーズがあり、新宿にほど近い調布市に注目が集まっている。https://youtu.be/3tyiy_ePxj0
出典:Tokyo Creative株式会社プレスリリース

出典:Tokyo Creative株式会社プレスリリース

インフルエンサーを起用したプロモーション動画では、深大寺や鬼太郎茶屋、植物園などの発信を行い、1カ月で3万回以上の再生回数と大きな反響を獲得した。「鬼太郎カフェに行きたい」「調布は知らなかったけど旅のリストに入れよう」といったポジティブなコメントが確認できたという。https://youtu.be/xxPgrwe5PmY
出典:Tokyo Creative株式会社プレスリリース

出典:Tokyo Creative株式会社プレスリリース

ナイトタイムの過ごし方としては、調布のローカルな居酒屋を「Bar hopping(はしご酒)」する内容の動画を発信。1カ月で2万回以上の再生回数を獲得。「調布はなんて素晴らしい、食の天国じゃないか」「巨大なエビ天丼を食べてみたい」など好感度の高い反応があったそうだ。調布は、東京オリンピック・パラリンピックの会場の一部となっており、外国人観光客の増加が見込まれている。同社は観光ニーズに応えるべく、プロモーションを継続するとしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード