HOMEトレンドニュース もうすぐ東京大会!パラリンピアンの生き方に迫るドキュメンタリー「WHO I AM」が書籍化

もうすぐ東京大会!パラリンピアンの生き方に迫るドキュメンタリー「WHO I AM」が書籍化

Yuka Haga

2019/08/25(最終更新日:2019/08/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:株式会社WOWOWプレスリリース

WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)が制作するドキュメンタリー「WHO I AM」の書籍化が決定しました。集英社より8月26日「WHO I AM パラリンピアンたちの肖像」が発売されます。定価は1500円(税別)です。

「これが自分」選手たちの生き方とは

来年に迫っている東京オリンピック・パラリンピック。「WHO I AM パラリンピアンたちの肖像」は、WOWOWパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」を元にしたノンフィクションです。
出典:株式会社WOWOWプレスリリース

出典:株式会社WOWOWプレスリリース

同シリーズは、リオパラリンピックが開催された2016年からスタートし、世界最高峰のパラアスリートたちに迫ります。WOWOWとIPCの共同プロジェクトとして、スポーツドキュメンタリーに加えて、イベント開催や企業とのコラボレーション、コミック・教材化など、幅広く展開されています。書籍化に伴い、集英社新書プラスで連載されていた2選手のコラムに、新たに3選手をプラスしたラインナップにしました。【登場する選手】エリー・コール(水泳/オーストラリア)サフェト・アリバシッチ(シッティングバレーボール/ボスニア・ヘルツェゴビナ)ザーラ・ネマティ(アーチェリー/イラン)リカルディーニョ(ブラインドサッカー/ブラジル)ベアトリーチェ・ヴィオ(車いすフェンシング/イタリア)
出典:株式会社WOWOWプレスリリース

出典:株式会社WOWOWプレスリリース

8月24日からは「WHO I AM」シーズン4がスタート。ジョニー・ピーコック、カレオ・カナヘレ、ボロルエルデネ・ガンバット、上地結衣など8人のアスリートが登場します。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード