HOMEトレンドニュース がん治療と仕事の両立とは─200人の女性のがん経験者の声をまとめた企業向け冊子が発行

がん治療と仕事の両立とは─200人の女性のがん経験者の声をまとめた企業向け冊子が発行

Yuka Haga

2019/08/01(最終更新日:2019/08/01)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

がんに向き合う女性のためのSNS「Peer Ring」を運営するピアリング(神奈川県横浜市)は、治療と仕事の両立を目指す社員を抱える企業に向けて、小冊子「がんと向き合う職場のために~女性がん経験者200人の声~」を発行しました。
出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

がんになる確率は50%

国立がん研究センターの統計によると、がんになる確率は50%。日本人の2人に1人は、生涯で1度はがんになると言われています。医療の発達により、がんは「治る病気」との認識が広まっており、治療をしながらもキャリアを形成したり、自分らしく生きていくための環境整備が欠かせません。特に女性は30~50代の働き盛りの時期に、乳がんや子宮頸がんが増加している現状があり、治療と仕事の両立を企業がサポートすることが求められています。

経験者200人が求めるサポートとは

「がんと向き合う職場のために~女性がん経験者200人の声~」は、企業の人事部や管理職および社員、仕事と治療の両立を目指すがん患者に向けて作成された小冊子で、「Peer Ring(ピアリング)」にてがん経験者200人以上の就労アンケートを実施。がん治療の基礎知識や、治療と仕事の両立支援に必要な情報、両立に成功した女性たちへのインタビュー、専門家からのアドバイスが掲載されています。
出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

出典:一般社団法人ピアリングプレスリリース

業種・職種・雇用形態の異なる5名の実例紹介では、治療内容に応じて変化する勤務形態を解説し、企業に求められるサポート体制を提案しています。オールカラーの24ページで、価格は100円(税抜)です。購入希望者は下記まで。【ピアリング】メール:info@peer-ring.com件名:サポートブック申込記載事項:名前、郵便番号、送付先住所、会社・団体名、所属部署名、電話番号、メールアドレス、購入希望冊数

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード