HOMEトレンドニュース オフィスの初期費用対策に!月額制で家具・家電利用ができるサービスが登場

オフィスの初期費用対策に!月額制で家具・家電利用ができるサービスが登場

Yuka Haga

2019/07/19(最終更新日:2019/07/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ写真/AdobeSock

家具の定額サービスを展開するsubsclife(東京都渋谷区)は7月16日から、オフィスナビ(東京都千代田区)が提供する賃貸オフィス検索サイト「サブスクオフィス」と提携し、サービスの利用者向けに、月額制の家具・家電の提供を始めました。

移転時の初期費用の軽減に

subsclife」は4万種類の家具・家電を、月額制でレンタルできるサービスで、コーディネート提案も無料で実施しています。同社と今回提携する「サブスクオフィス」は、敷金・礼金0円の賃貸オフィスの検索サイトです。掲載物件は100件以上で、2019年中に約300物件を目指しており、会議室などの短期貸し物件を増やす予定です。
出典:株式会社subsclifeプレスリリース

出典:株式会社subsclifeプレスリリース

このサービスではオフィス移転時の初期費用や、オフィス家具・家電にかかる、検討・購入・廃棄の時間やコストを軽減します。例えば月額賃料50万円のオフィスを借りる場合、通常「初月賃料」「仲介手数料」「保証会社加入料」「敷金10~12ヶ月」「礼金1ヶ月」がかかり、合計700~800万円の初期費用が発生します。同社によると、このサービスでは敷金・礼金が無料のため、賃料が20%程度上がっても初期費用は5分の1程度に抑えられるそうです。家具・家電も月額制なので利用料は一定で、気に入った商品は買い取ることもできます。フレキシブルに、オフィス環境を整えることができそうです。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード