HOMEトレンドニュース 24時間「愚痴」を聞いてくれるSNS「Nao.」が誕生!「弱さを吐き出し心を軽く」

24時間「愚痴」を聞いてくれるSNS「Nao.」が誕生!「弱さを吐き出し心を軽く」

Yuka Haga

2019/07/08(最終更新日:2019/07/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:HoloAsh, Inc.プレスリリース

スタートアップのHoloAsh(本社・デラウェア州ニューアーク、日本支店・東京都渋谷区)は7月8日、メンタルヘルス問題の解決を目指して、AIがユーザーの愚痴を聞くプラットフォーム「Nao.」の提供を北米で始めました。

疲れた時の休憩室として

誰にも言えない愚痴や悩みを、もっと気軽に話すことができたら、きっと心が軽くなるでしょう。「Nao.」は自分の弱さを吐き出すことで心が軽くなる、そんなSNSを目指しています。同社によると、北米では近年「人とは違う」という生きづらさを抱える人々が増加し、メンタルヘルスケアとして、薬の副作用や高額なセラピー料などが問題となっているそうです。AIとの会話を通じて、ポジティブなマインドへ導くことを目的に事業を展開している同社は、メンタルヘルス問題の解決へ向けて、プラットフォームを開発しました。
出典:HoloAsh, Inc.プレスリリース

出典:HoloAsh, Inc.プレスリリース

Nao.」は“気軽に愚痴を言うことができる”SNSで、自分の気持ちを発信すると、AIがセラピー手法をベースに返事をしてくれるというもの。孤独を感じ辛い時やストレスを抱えている時など、24時間いつでも自分のタイミングで利用できます。ユーザー同士が交流する際にも、エコーチェンバー現象やいじめを防ぐ仕組みも実装しています。
出典:HoloAsh, Inc.プレスリリース

出典:HoloAsh, Inc.プレスリリース

現在「Nao.」では、メンタルヘルス問題や社会的マイノリティへの偏見をなくすため、彼らの日常やストーリーを写真で表現した「We Are All Differentキャンペーン」を実施しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード