HOMEライフスタイル 軽い・小さい・巻き取りやすいを実現した散水ホースリールをタカギが発売

軽い・小さい・巻き取りやすいを実現した散水ホースリールをタカギが発売

Yuka Haga

2019/03/03(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:株式会社タカギプレスリリース

園芸用散水用品メーカーのタカギ(福岡県北九州市)はこのほど、軽量で収納しやすい散水ホースリール「オーロラNANO」シリーズから、同社で史上最小サイズの「nano next」を発売しました。本体カラーは、グレーとブラウン(ウェブ限定)です。

奥行きを最大21%スリムに

新発売の「nano next」は、従来品に比べて奥行きを最大21%の小型化に成功。全体的にスリムになり、10メートル仕様の場合の総重量は1961グラムと非常に軽量です。小さくて軽いという特徴の他に、新機能も多数備えています。Wリールというメインリール(ノズル側)とサイドリール(蛇口側)に、それぞれホースを巻き取って収容する方式を採用しています。
出展:株式会社タカギプレスリリース

出典:株式会社タカギプレスリリース

従来は外に出ていたサイドホースは、紫外線による劣化が課題でした。今回はホースガードを装着することで、収納できるように改良しています。蛇口への取り付けも手軽です。蛇口にホースを差し込み、ナットを閉めるだけなので、力や工具も必要ありません。水の出る部分(スティックノズル)は片手に収まるサイズで、ワンクリックで連続散水、止水、水形の変更も可能です。水型は「キリ」「ストレート」「ジョロ」「シャワー」の4タイプ。切替も簡単で、切替時の水漏れもないといいます。ガーデニングや洗車など、家族みんなで使えるアイテムになりそうですね。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード