HOMEライフスタイル 趣味を愉しむオトコのエプロン。兵庫伝統の播州織を使った「相棒エプロン」が発売

趣味を愉しむオトコのエプロン。兵庫伝統の播州織を使った「相棒エプロン」が発売

Yuka Haga

2019/02/14(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

「相棒エプロン」 出典:株式会社シデカスプレスリリース

株式会社シデカスが、兵庫県伝統の先染め織物「播州織」を使用した男性用エプロン「相棒エプロン」の販売をスタート。2018年秋から行ったクラウドファンディングで、資金調達を達成して正式発売となりました。【関連記事】「かっこいいエプロン」で男性の介護問題をポジティブに解決へ!兵庫で写真展も開催

兵庫県伝統の先染め織物「播州織」

“人とは一味違った、自分だけの個性的なスタイルで趣味を愉しみたい。そんな男性に唯一無二の相棒を”、という想いから誕生したというこのエプロン。

「相棒エプロン」出典元:Sydecas プレスリリース

生地は、兵庫県多可町で生産されている伝統の先染め織物「播州織(ばんしゅうおり)」を使用しており、コットン100%です。

「相棒エプロン」出典元:Sydecas プレスリリース

先に糸を染めてから、生地を織る手法によって作られるため、色落ちしにくく、深みのある色が出るそうです。

デザインは、アメリカンクラシック

今回発売となったのは、アメリカンクラシックをコンセプトに、ランバーヤード(材木置き場)と海軍のメカニックが使用していた作業着をイメージし、現代風にアレンジしたワークスタイルの2つのデザイン。

「相棒エプロン」出典元:Sydecas プレスリリース

「相棒エプロン」出典元:Sydecas プレスリリース

カラーは、白と青の2色展開です。「相棒エプロン」に装着することでロングエプロンとして使用することができるようになるボトムスカバーも別売りで販売しています。

「相棒エプロン」出典元:Sydecas プレスリリース

ボトムスカバーは「ランバーヤード」と「ミリタリーメカニクス」両方のタイプのエプロンに装着することも可能です。

スタイリッシュな相棒エプロンを手に入れて

自分の趣味や用途に合わせて、さまざまな使い方ができる「相棒エプロン」。販売サイト「TWOCROWS」ではランバーヤードが7900円、ミリタリーメカニクスが8900円で購入できます。「シデカス」がプロデュースする、カッコよくてスタイリッシュなエプロンに、自分のこだわりをたくさんつめてみてください。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード