HOMEライフスタイル 85歳のランナー、フルマラソンで4時間を切り世界記録更新!

85歳のランナー、フルマラソンで4時間を切り世界記録更新!

Glycine

2016/10/27(最終更新日:2016/10/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter - CanadaRunningSeries

カナダ・トロントで行われたフルマラソンで、85歳のランナーが4時間を切り世界記録を更新した。https://twitter.com/RunCRS/status/787695567652720640?ref_src=twsrc%5Etfw

85歳以上のカテゴリーで世界記録更新

折り返し地点では「どうやって完走できるか不安だった」Ed Whitlockさんだが、3時間56分33.2秒の記録でゴールイン。85歳以上のカテゴリーで、世界記録を更新した。https://twitter.com/RunCRS/status/788066586095673344

70代でも2時間台の世界記録保持者

彼の子供世代、孫世代にとっても、フルマラソンを完走するのは大変なこと。この年齢で4時間を切る世界記録達成にも、「自分のパフォーマンスには完全に満足はしていない」と語るWhitlockさん。後半を思い通りに運ぶことができなかった今回のレースは、73歳で世界記録2時間54分を打ち立てた12年前のパフォーマンスには及ばない、と反省する。70代で2時間台の驚異的な記録は、今も破られていない。

長いブランクを経て40歳からマラソンを再開

10代の頃に走り始めたWhitlockさんだが、21歳から40歳まで長いブランクの期間があった。40歳から少しずつマラソンを再開し、現在の年齢にいたるまで、継続的に走り続けた。自分の年齢層の記録目標を設定することが、走るための刺激、モチベーションとなっている。

シューズは20年来愛用するモデル

「いまどきのシューズのデザインのファンではない」Whitlockさんは、20年来愛用するモデルを履いて、今回もレースを走り切った。https://twitter.com/RunCRS/status/787701786840793088ランナー同様に年を重ねた「ヴィンテージ・モデル」だ。

可能な限り走り続ける

完走後は脚が棒のようになりながらも、それ以外は体調も良好。次はいつフルマラソンに挑戦できるか、またいつが「最後のレース」となるかはわからない。それでも「可能な限り走り続ける」と前を向く85歳ランナーを、心から応援したい。

hatenaはてブ