HOMEトレンドニュース 奈良市で観光客のごみを公共施設などで無償で回収する実証実験が始まる

奈良市で観光客のごみを公共施設などで無償で回収する実証実験が始まる

Ericolatte

2019/10/15(最終更新日:2019/10/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:奈良市役所プレスリリース

奈良市が10月12日から、市内中心市街地にある11店舗と施設で、観光客のごみを引き取る「奈良市おもてなしエコ活動実証実験事業」を実施している。12月27日まで。

観光客のごみを無償で回収

奈良市役所によると、近年外国からの観光客が増加しており、奈良市を訪れる年間観光客数は1,700万人を超えているという。観光客の増加により市街地の商店街などでのにぎわいが生まれる一方、街中での買い物や飲食などにより発生するごみの処理が課題となっている。そこで市は、観光客がごみのストレスなく観光ができるよう、民間事業者や公共施設等が無償で、ペットボトルや空き缶などといった小さなごみを引き取る実証実験を決めた。市は回収する事業者等に対し、週4日以上の無償回収を要件とし、委託金月額5,000円を支払うという。
出典:奈良市役所プレスリリース

出典:奈良市役所プレスリリース

店舗側にもメリット

実験では店舗等が観光客のごみを引き取ることで、おもてなしの心が観光客に伝わり、商店街のイメージアップにも貢献できるという。店舗等はごみを引き取る際、買い物や食事をしてもらうチャンスが増え、売上アップが期待できる。市は実験後、利用者数やごみの量などを調査して検証を行い、次年度以降の取り組み内容について検討する予定としている。
出典:奈良市役所プレスリリース

出典:奈良市役所プレスリリース


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード