HOMEトレンドニュース 沖縄のアートとカルチャーを体感できるホテルが2020年2月に那覇にオープンへ

沖縄のアートとカルチャーを体感できるホテルが2020年2月に那覇にオープンへ

Ericolatte

2019/10/02(最終更新日:2019/10/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

沖縄UDS株式会社(沖縄県那覇市)は2020年2月に、沖縄県那覇市に「ホテル アンテルーム 那覇」をオープンすると10月1日に発表した。同日から公式ウェブサイトで宿泊予約をスタートした。

コンセプトはアート&カルチャー

同社の親会社であるUSD株式会社は、2011年に京都市南区に「アート&カルチャー」をコンセプトとした「ホテル アンテルーム 京都」を開業した。2020年5月には、韓国・ソウルにも「ホテル アンテルーム ソウル カロスキル」を開業予定だ。「ホテル アンテルーム 那覇」も同じコンセプトを持ち、地域の「今」を表現するアートとカルチャーを集約する場として、新たなにぎわいの創出を目指す。立地は那覇市の港湾エリア。隠れ家的に佇む同ホテルで、旅行者と地域の人々が出会い、つながりを楽しむことができるようにという想いが込められているという。
出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

数々のアート作品に囲まれ

同ホテルのエントランスは美術作品などに囲まれ、フロントエリアに併設されるギャラリーや客室などにも、アート作品が数多く展示される。ホテル全体で、沖縄のアートとカルチャーを体感できる空間となっているという。アートディレクションは、同社が「ホテル アンテルーム 京都」からパートナーとして迎えている彫刻家・名和晃平氏が率いるクリエイティブ・プラットホーム「SANDWICH」が担当。今後は、京都やソウルのホテルと連動した企画や展示も予定している。

8タイプ126室

客室からは海を眺められ、約20平米のダブルルームから、約70平米のツインルームまで、8タイプ126室がある。国内外で活躍するアーティストとコラボレーションした「コンセプトルーム」の用意も予定しているという。
出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

レストランとバーラウンジも

ホテルの2階には、レストラン「ANTEROOM MEALS」およびバーラウンジを設置。「ANTEROOM MEALS」では、近隣漁港から仕入れる新鮮な魚介類を、客の好みに応じた調理法で楽しむことができるイタリアンベースのシーフード料理を用意。宿泊客と、地域の人々が交流できる場を目指す。
出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

出典:沖縄UDS株式会社プレスリリース

【ホテル概要】名称:ホテル アンテルーム 那覇所在地::〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目27番地アクセス::沖縄都市モノレール「美栄橋駅」より徒歩14分那覇空港から車で約10分開業予定:2020年2月予定URL:https://okinawa-uds.co.jp/hotels/anteroom-naha/

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード