HOMEトレンドニュース 会社のビジョン、どう浸透させる?VRベンチャーが企業理念を表すフレグランスを開発

会社のビジョン、どう浸透させる?VRベンチャーが企業理念を表すフレグランスを開発

Ericolatte

2019/09/05(最終更新日:2019/09/04)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:株式会社コードミープレスリリース

ビジネスVRを手掛けるナーブ株式会社(東京都千代田区)は9月3日、個人や企業に最適な香りを提供する株式会社コードミー(横浜市西区)と共同で、オリジナルの企業フレグランスを開発した。

VR技術で豊かな社会を

ナーブ社は「完全情報を提供し、未来のあたりまえを創り世界を変革し続ける」をビジョンに掲げ、不動産、航空、自動車などといったビジネスの分野において、VR技術を活用した様々な新しいシステムを提供している。社名には「バーチャルな空間を通して人々の生活をもっと豊かにする、唯一無二のブランド」という意味が込められており、VRという未来ある技術を通じて、人々に豊かな暮らしを提供できる社会を目指しているという。

社風を香りで表現

この企業フレグランスは、「五感を通じて、人々が豊かな選択ができる社会を目指す」という同社の在り方を体現する試みとして開発されたという。「誰もやったことのない良い失敗をしよう」という行動指針、遊び心を忘れずに既成概念を超えていこうという社風、そしてベンチャー企業らしい刺激を、スパークリングライムやジンジャーなどといった、フレッシュで刺激的な香りのブレンドで表現した。
出典:株式会社コードミープレスリリース

出典:株式会社コードミープレスリリース

コードミー社によるベンチャー企業への香りのブランディングは、今回が初めてだという。このフレグランスは9月3日から、ナーブ社のオフィスや社員の名刺、イベント会場などで使用されている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード