HOMEトレンドニュース 使用済みコーヒーカプセルが自転車に変身!ネスプレッソと自転車ブランドが共同開発

使用済みコーヒーカプセルが自転車に変身!ネスプレッソと自転車ブランドが共同開発

Ericolatte

2019/08/28(最終更新日:2019/08/28)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Nespressoプレスリリース

ネスプレッソとスウェーデンの自転車ブランドVélosophyが共同開発した、使用済みコーヒーカプセルをリサイクルして製造した自転車「RE:CYCLE」が話題を呼んでいる。

コーヒーカプセルの再利用

ネスプレッソはカプセル式コーヒーを専用コーヒーメーカーにセットすることで、エスプレッソコーヒーを抽出できる機械だ。しかし、このコーヒーカプセルは使い捨てのため、大量廃棄による環境汚染が問題視されているという。
出典:Nespressoメディアライブラリー

出典:Nespressoメディアライブラリー

そこで、今回誕生したのが、カプセルをリサイクルして作られた自転車「RE:CYCLE」だ。プレスリリースによれば、ネスプレッソのコーヒーカプセルは、溶かして再利用できる素材・アルミニウムでできているという。この性質を利用して誕生した「RE:CYCLE」には、ネスプレッソの愛用者に、使用したコーヒーカプセルを廃棄せず、リサイクルしてもらうよう促す狙いがある。

8月12日に発売

自転車のデザインは、ネスプレッソの人気カプセル「アルペジオ」の色にちなみ、明るい紫色を配色。カプセルの形をしたベル、自転車に飲み物をセットできるカップホルダーも設置した。
出典:Nespressoプレスリリース

出典:Nespressoプレスリリース

出典:Nespressoメディアライブラリー

出典:Nespressoメディアライブラリー

Vélosophyが運営するサイトで、8月12日から1000台の「RE:CYCLE」が発売された。価格は1台1290ユーロ(約15万1400円・送料別)。さらに、販売された台数分の自転車が、通学が困難なアフリカの女子学生たちへ寄付されるという社会貢献活動も付随しているという。ネスプレッソはこれまでにもコーヒーカプセルのリサイクルへの協力を呼び掛けており、今回の「RE:CYCLE」もその一環として、海外メディアでも取り上げられるなどして世界中にインパクトを与えている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード