HOMEトレンドニュース 障がい者の婚活ハードルを極限まで下げる新プラットフォームを!クラウドファンディングが始まる

障がい者の婚活ハードルを極限まで下げる新プラットフォームを!クラウドファンディングが始まる

Ericolatte

2019/08/27(最終更新日:2019/08/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:特定非営利活動法人 結婚相談NPOプレスリリース

障がい者や非正規雇用者の婚活を支援するNPO法人・結婚相談NPO(東京都新宿区)は8月26日、障がい者が婚活サポートを受けやすくするための、オンライン会議システム「ZOOM」を活用した新しい婚活支援プロジェクトを立ち上げた。同プロジェクトは9月25日まで、クラウドファンディングサイト「Readyfor」にて支援を募っている。
出典:特定非営利活動法人 結婚相談NPOプレスリリース

出典:特定非営利活動法人 結婚相談NPOプレスリリース

障がい者の婚活課題

同団体は、これまでの婚活サポートを通し、障がい者の限定された行動範囲や、健常者と比較されてしまうプレッシャーなどによる精神的負担などといった、障がい者特有の課題があることを痛感してきたという。未婚化・晩婚化が進む昨今、健常者にとっても結婚が難しいというのが実情で、その中でも障がい者の婚活には、さらに高いハードルが課せられているといっても過言ではない。これまでの婚活パーティーや出会い系掲示板、および結婚相談所などといった、婚活のための代表的手段は、障がい者にとっては、アクセスの問題などといった様々なリスクにより、最適な方法とは言えなかったという。そこで同プロジェクトでは、障がい者も健常者と同等の婚活サポートが受けられるように、「ZOOM」を活用した新しい形のプラットフォーム「ZOOM婚活」を目指している。

お見合いまでをオンラインで完結

出典:特定非営利活動法人 結婚相談NPOプレスリリース

出典:特定非営利活動法人 結婚相談NPOプレスリリース

「ZOOM婚活」では、事前登録している障がいを抱える結婚希望者を、本人の代理でスタッフが紹介する。参加者は気になった人が見つかった時点でお見合いを申し込み、同団体がZOOMでのお見合いをセッティングするという流れになっている。お見合いまでをZOOMで完結させることにより、移動の負担を軽減することができるほか、初動をスタッフが代行することで、「申し込みを断られる」といった精神的負担も減らすことができるという。同プロジェクトは「Readyfor」にてクラウドファンディング支援を募っており、障がい者にとっての婚活のハードルを下げ、健常者と同等レベルのサービスを受けられる環境整備を目指す。クラウドファンディングサイト:https://readyfor.jp/projects/konkatsu

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード