HOMEトレンドニュース 新しい円形ブロックのおもちゃが誕生!玩具メーカーと東京電機大学の産学連携で開発

新しい円形ブロックのおもちゃが誕生!玩具メーカーと東京電機大学の産学連携で開発

Ericolatte

2019/07/06(最終更新日:2019/07/04)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:ピープル株式会社プレスリリース

乳幼児玩具メーカー・ピープル株式会社(東京都中央区)は7月1日、東京電機大学理工学部との産学連携により商品化された、子ども向けの新しい円形ブロック「JOIZ (ジョイズ)」を発売した。
出典元:ピープル株式会社プレスリリース

出典元:ピープル株式会社プレスリリース

特許発明品を使用した基本パーツ

「JOIZ 」は円形のパーツを自由につないだり重ねたりして、発想力や想像力、創作力を刺激しながら遊べるもの。基本パーツには、東京電機大学理工学部の松浦昭洋教授が考案・開発した特許発明品を使用している。
出典元:ピープル株式会社プレスリリース

出典元:ピープル株式会社プレスリリース

12色展開と7色展開

手になじむ形で、子どもの小さい手でも簡単につけ外しができ、積み上げる以外にも、交差させたりずらしてみるなど、様々な組み方が可能だ。同じ作品でも、動かすと違う形に変身したり、しくみやバランスを考えて立体的な作品も作ることができる。
出典元:ピープル株式会社プレスリリース

出典元:ピープル株式会社プレスリリース

出典元:ピープル株式会社プレスリリース

出典元:ピープル株式会社プレスリリース

対象年齢は3歳以上。12色268パーツのJOIZ Basicは5,000円(税抜)、7色148パーツのJOIZ Firsは3,000円(税抜)。
出典元:ピープル株式会社プレスリリース

出典元:ピープル株式会社プレスリリース


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード