HOMEライフスタイル 死者700人近くに―アフリカ南東部を襲ったサイクロン「アイダイ」被災3カ国に国際NGOが人道支援を開始

死者700人近くに―アフリカ南東部を襲ったサイクロン「アイダイ」被災3カ国に国際NGOが人道支援を開始

Ericolatte

2019/03/24(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

モザンビークでのニーズ調査(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

3月14日にサイクロン「アイダイ」がアフリカ南東部を襲い、モザンビーク、ジンバブエ、マラウイなどに甚大な被害をもたらした。「アイダイ」は14日以降も、約1週間にわたり継続して嵐が吹き荒れ、各地で暴風雨による地滑りや洪水などが発生。AFP通信の報道によると、23日までに確認された死者は700人近くになっている。国際NGOプラン・インターナショナルの緊急支援チームは、サイクロン発生直後にモザンビークの被災地にて状況調査を行い、3月20日から5月31日の期間で、アフリカ南東部サイクロン緊急支援活動のための寄付金の募集を開始することを決定した。主な支援内容は、被災者へのテントや防水シートなどといったシェルターキットや衛生用品の配布、生活用水やトイレなどの衛生環境の整備、そして学用品の支給などを予定しているという。
サイクロンにより崩壊した家屋(出典元:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

サイクロンにより崩壊した家屋(出典元:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

モザンビークでのニーズ調査(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

モザンビークでのニーズ調査(出典元:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

深刻な被災状況

モザンビークでは今回の災害で、従来より不安定な状況であった水と衛生設備が被害を受け、さらに安全な水などの確保が困難になり、水系感染症が広まる恐れもあるという。また、子どもの保護や教育にも影響が及ぶ可能性があり、なかでも女の子や若い女性たちは最も弱い立場に置かれているという状況だ。マラウィでは、これまでに約18万5000世帯以上が被災し、8万2000人以上が学校や避難キャンプなどへの避難を余儀なくされているが、避難所はすでに過密状態となっている。食料不足、安全な水の不足、そして衛生設備の不足などを中心に、一刻も早い支援が必要だ。
マラウィで避難生活を送るエビーさん(出展元:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

マラウィで避難生活を送るエビーさん(出典元:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプレスリリース)

主に南東部の被害が大きかったジンバブエでは、これまでに80人以上が死亡、200人以上が行方不明となっている。各地で橋や道路などが崩壊しており、ライフラインや移動手段が断絶され、被災状況の把握すら困難な状況だという。

女の子への支援に重点を

プラン・インターナショナルの東南アフリカ地域事務所災害対策ディレクターであるスチュアート・カトイキリゼ氏によれば、災害下で最も弱い立場に置かれるのが女の子であるという。生理用品などといった、女の子特有の支援ニーズを最優先にくみ取り、支援を充てていくことが重要としている。アフリカ南東部サイクロン緊急支援に対する寄付の方法は、ウェブサイト決済専用振込用紙銀行振り込みの3通り。集まった資金は、今回被災した3カ国の支援に充てられる。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード