HOMEライフスタイル 世界最速の7歳児!?男子100mでボルトを目指すスーパー小学生が話題

世界最速の7歳児!?男子100mでボルトを目指すスーパー小学生が話題

Ericolatte

2019/02/18(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Blaze_813/Instagram

Rudolph Ingramという7歳の男の子をご存知だろうか。オリンピックで男子100メートル三連覇を達成したウサイン・ボルト選手と、すでに比べられるほどの短距離走の記録の持ち主だ。

自己新記録を更新

彼は2月10 日、100メートルを13.48秒で完走し、自己新記録を更新した。世界中で話題となり、海外メディアにも注目されている。日本の文部科学省発表の「体力・運動能力調査」(平成27年度)に基づいて計算すると、7歳(小学年生)の100メートル走平均タイムは20.90秒であり、彼がずば抜けて速いことが分かる。そんな彼が目指しているのは、ウサイン・ボルト選手の9.58秒の記録というから驚きだ。
View this post on Instagram

Blaze The Greatさん(@blaze_813)がシェアした投稿 -

多彩な能力の持ち主

彼はアメリカ・フロリダ州出身の小学生。鍛え抜いた筋肉を活かしてフィットネスモデルも務めながら、現在はフットボール選手としても活躍するスーパー小学生だ。短距離走者としても素晴らしい力の持ち主なのだが、それだけではなく、学校の成績も優秀だという。彼の個人コーチ兼トレーナーでもある父親のRudolph Seniorさんは、Instagramで息子の栄光を投稿しており、44万5000人がフォローしているこのアカウントは是非チェックしておきたい。
View this post on Instagram

Blaze The Greatさん(@blaze_813)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

Blaze The Greatさん(@blaze_813)がシェアした投稿 -

彼は2018年8月頃から注目を集める存在になったが、その頃の14秒という記録をすでに更新している。今後の活躍がますます期待される。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード