HOMEトレンドニュース 個性あふれる都市に川崎など6市─主要72都市の特性評価2019年度概要版が発表。森記念財団調べ

個性あふれる都市に川崎など6市─主要72都市の特性評価2019年度概要版が発表。森記念財団調べ

Ericolatte

2019/09/19(最終更新日:2019/09/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ写真/Adobe Stock

時代に即した都市づくり・まちづくりに関する調査や事業活動を展開する森記念財団・都市戦略研究所(東京都港区)は、日本の各都道府県における主要都市を対象に都市の強みや魅力などといった特性を調査し、その結果の概要版をウェブサイトにて公開した。調査結果の詳細をまとめた「日本の都市特性評価 DATABOOK 2019」は10月に発行予定。

都市政策の材料として

同調査は、2018年に始まり今回が2回目。各都市の都市政策立案に役立てることを目的に、主要都市の特性を客観的に評価し、強みや魅力をレーダーチャートなどで視覚化している。少子高齢化が進み急速な人口減少が予想される中、日本全体が活力を維持し発展していくために、主要都市がどの方向に向かっていけば良いのかを考える材料になるだろう。
出典:森記念財団 都市戦略研究所プレスリソース

出典:森記念財団 都市戦略研究所プレスリソース

対象都市を客観分析

調査対象は、国内の主要72都市および東京23区。評価指標としては「経済・ビジネス」「研究・開発」「文化・交流」「生活・居住」「環境」「交通・アクセス」の6分野が設定されている。ウェブサイトでは、多角的な視点から各都市を分析した結果、個性あふれる都市の例として、72都市から6都市、東京23区から3区を紹介している。72都市から選ばれたのは次の6都市。愛知県豊田市:人と産業が豊かに共生する持続可能都市茨城県つくば市:イノベーションの創発が期待されるスマート・ガーデンシティ北海道函館市:魅力向上と経済活性化の好循環を目指す〈北のクロスロード函館〉長野県長野市:多様な地域性と暮らしやすさを有する〈幸せ実感都市〉高知県高知市:豊かな自然に恵まれた環境共生都市神奈川県川崎市:高い交通利便性を有する京浜工業地域の中核都市東京23区からは、進化し続ける国際都市として渋谷区、多様な人材を惹きつける都市として新宿区、そして環境資源を守る水彩都市として江東区が挙げられた。10月に発行予定のデータブックには、これらの調査結果に関し、グループ別レーダーチャートなどで分かりやすく対象都市の特性が掲載される。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード