HOMEトレンドニュース 余剰野菜を原料にした「食べられるラップ」が開発される

余剰野菜を原料にした「食べられるラップ」が開発される

Ericolatte

2019/06/28(最終更新日:2019/06/28)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ写真/Adobe Stock

プラスチックによる環境汚染問題が叫ばれている中、私たちは製品を梱包したり食べ物を保存したりするために、やはり大量のプラスチックを使い続けているという状況からなかなか脱却できないでいる。この状況に終止符を打つため、ポーランドのエコの専門家たちがタッグを組み「MakeGrowLab」というチームを結成、余った野菜から作られたラップを開発した。その名もSCOBYという。
この投稿をInstagramで見る

MakeGrowLabさん(@makegrowlab)がシェアした投稿 -

100%有機肥料

海外メディアによればSCOBYは、農業で余った野菜から作られており、使用後は100%有機肥料となる。従来のラップと比べて、柔軟性や耐性、そして耐水性もある。これで包むと、食べ物は新鮮な状態で保たれ、ラップの役目を十分に果たしてくれるという。
この投稿をInstagramで見る
MakeGrowLabさん(@makegrowlab)がシェアした投稿 -

使用後は食べてもOK

使用後は、自宅で有機肥料として再利用することもできるほか、なんと食べても良いというのだから驚きだ。賞味期限はなんと2年間。バイオの改革とも呼べるこの製品、現在海外メディアでも紹介され、世界中から注目を浴びている。
この投稿をInstagramで見る

MakeGrowLabさん(@makegrowlab)がシェアした投稿 -


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード