HOMEストーリー スウェーデンには「ミツバチ」向けマクドナルドがある

スウェーデンには「ミツバチ」向けマクドナルドがある

Ericolatte

2019/06/02(最終更新日:2019/06/05)


このエントリーをはてなブックマークに追加

NORDDDBより提供

スウェーデンに現れたかわいくて小さいマクドナルドが今、注目を浴びている。人間が入れるサイズではない。おままごとのセットでもない。これは、何の目的で作られたものなのだろうか。

蜂の養成のため

実はこの小さいマクドナルドの利用者は、人間ではなくミツバチである。スウェーデンのマクドナルド店舗には、屋根に蜂の巣を設置しているところが多いのだが、これは持続可能な取り組みの一環として導入されていることだという。養蜂家の老齢化や農薬の影響などにより蜂が減少すると、受粉率が落ちて農作物の不作が生じるといった問題が起きる。日本国内でも最近よく耳にする話だが、実はスウェーデンもこの蜂減少問題を抱えている国のひとつなのだ。そこで、スウェーデン国内のとあるマクドナルド店舗が発案したのが、蜂の巣を内蔵したミニチュア店舗の設置だった。
NORDDDBより提供

NORDDDBより提供

マクドナルドを緻密に再現

このミニチュア店舗、よく見ると、ドライブスルーまでもが緻密に再現されている。
NORDDDBより提供

NORDDDBより提供

店内には蜂が十分に働ける環境が用意されており、蜂たちが思う存分飛び回り、はちみつや花粉を蓄えるための巣を作ることができるという。店舗をデザインしたNORDDDBによれば、この小さいマクドナルドは「McHive」と名付けられ、今ではスウェーデン国内にじわじわと広まってきているという。あたかも蜂たちがエッグマフィンを買いにやってきているかのような光景は、実に微笑ましい。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード