HOMEライフスタイル テストを通過しないと離婚できない?中国で離婚届を出す夫婦に「判定テスト」ネット上は反発

テストを通過しないと離婚できない?中国で離婚届を出す夫婦に「判定テスト」ネット上は反発

遠藤まゆみ

2018/05/31(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚のイメージ画像/123RF

中国のいくつかの地域の自治体では、2017年ごろから離婚届を提出するカップルに対してテストを出題するという施策を行っています。

離婚率が上昇しているため、少しでもこれを食い止めようというもの。2017年前半には200万人近くのカップルが離婚し、前年比で11%増となったそうです。

江蘇省連雲港市の東海県でも今年5月19日、離婚用テストの試行があり、ネット上で広い議論を巻き起こしました。

同市の関係者・Liu Chunlingさんは海外メディアの取材に、衝動的な離婚を防ぐために15問の質問が出題され、100点満点中60点以上をとった場合は「回復の余地あり」として、婚姻関係を継続するよう勧めるという手順だと説明しています。

思い出や記念日を覚えているか回答

出題されている内容は「配偶者の誕生日は」「好きな食べ物は」「家族にあなたの責任を果たしましたか」といった内容。この質問を通して、恋人同士だった頃の思い出や家族の役割について思い起こすことができるのだとLiuさんは話しています。

この試みに対して「誰にだって離婚する権利だってある。これは過剰な干渉ではないのか」と、中国のネットユーザーからは批判の声も集まったそうです。

連雲港市ではこうした批判について、テストを受けることは必須ではなく、任意のものとして反論しています。

中国では夫婦が所有できる不動産の数が制限されていることから、結婚していると都合が悪いという事態も引き起こしており、このことが離婚率の上昇の一因になっている可能性も見逃せません。

確かに衝動的な離婚であれば、思いとどまったほうがいいこともあるでしょう。

しかし、それを自治体が引き止めるべきなのか……とても大胆な施策ですが、議論は尽きることがなさそうです。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード