HOMEライフスタイル 大人たちが転がるチーズを追う英国の奇祭「チーズ転がし祭り」が今年も無事に開催

大人たちが転がるチーズを追う英国の奇祭「チーズ転がし祭り」が今年も無事に開催

遠藤まゆみ

2018/05/30(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/@richardpayneitv\

イギリス・コッツウォルズの近くにあるクーパーズヒルにて行われる年中行事「チーズ転がし祭り」が2018年も開催されました。祭りを撮影した写真がTwitter上に多数投稿されています。

2007年には日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の出演者が参加したこともあり、日本でも認知されてきました。

ほぼ垂直の急な下り坂をチーズを追いかけて転がるため、多少なりともケガは免れません。そのため会場にはこんな注意書きも。

チーズローリングは参加者・観客両方とも危険を伴うアクティビティです。あなた自身へのリスクがあることに注意してください!!
丘の上から丸い「ダブルグロスターチーズ」が転がされると、競技者が追いかけるようにして駆け下りていきます。駆け下りるというよりは、途中からほぼ全員が転がり落ちていく状態に。会場は笑いと拍手の渦に包まれます。

転がってきた競技者たちをふもとで受け止める人たちも待ち構えています。

実際はチーズのほうがずっと速く転がっていくので、途中で捕まえることはほぼ不可能。ふもとで運良くつかめるかどうかがコツであり、優勝の決め手です。

なかにはこんなワイルドな参加者も…

そして優勝したのはこの方、クリス・アンダーソンさん。

常連の競技者であり優勝経験者だそうです。

地元の勝者、クリス・アンダーソンさんは以前から何度も
「わたしはダブルグロースターは食べない。私はチェダーチーズが好きなんです」
と話しているそうです。200年続いているというこのイベント、今年も大きなケガ人は出ずに“無事に”終わりました。地元の人だけではなく世界中から参加者が集まる人気のイベントになっているのは、多くの人が笑いながら見ていられるというところにあるのかもしれません。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード