HOMEトレンドニュース 「ヒゲを生やしたら?」とアドバイスされたメタボ男性、現在はイケメンモデルに大変身を遂げる

「ヒゲを生やしたら?」とアドバイスされたメタボ男性、現在はイケメンモデルに大変身を遂げる

遠藤まゆみ

2018/02/17(最終更新日:2018/02/17)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram/@gwilymcpugh

ロンドンのGwilym Pughさんは21歳、保険会社でデスクワーク中心の仕事をしていました。しかし生活はとてもヘビー。1日12時間働く激務をこなし、家庭のことやケガでPughさんの体重は増える一方。なんと280ポンド(約127Kg)まで増えてしまいました。

するとある日、行きつけの理容師さんがこんなアドバイスをしたのです。

「ヒゲを生やしてみたら?」

Pughさんが友人たちとフォークバンドをやっていたことから、ヒゲを生やしたほうがよいと思ったのだそう。しかしこの時Pughさんの中でも意識の変化が起きたのです。

「仕事は順調だったけれど、自分の健康を回復させないといけないと思っていました」(Pughさん)

デスクワークを辞めたら体重が減った

決心したPughさんはまず仕事を変え、一日9時間から10時間座っているようなデスクワークを辞めました。すると4〜5年かけて体重を90ポンド(約40Kg)減らすことができたのです。これが最も自身に効果的だったようです。

その後インスタグラムのアカウント(@gwilymcpugh)を作ると多くの人々の目に止まり、その後彼の立場は急速に変化しました。なんとモデルとして活動するようになったのです。左が以前のPughさん。右が現在のPughさんです。

左が12年前、右が2016年のPughさん。ほとんど別人のようです。

定期的なトレーニングを欠かさず、体重も維持しておりすっかり健康体に。そしてヒゲも立派に蓄えられています。

ベッカムのブランド「HOUSE99」モデルには最近就任しました。

「自分がかつて心に夢見ていた以上に、幸せで健康になりました。」(Pughさん)

また、以前に保険会社で働いていた経験も無駄ではないようで、そのおかげで世界で多くの人と会う機会が増えたのだそうです。

見事な変身ぶりはPughさんの決心と努力が実を結んだのでしょう。やはり長時間のデスクワークは、身体にあまり良くなさそうですね……。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード