HOMEライフスタイル 世界の出版社売上ベスト30発表!日本も5社ランクイン

世界の出版社売上ベスト30発表!日本も5社ランクイン

Group O’z

2013/07/29(最終更新日:2013/07/29)


このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの出版業界情報誌Publishers Weeklyが世界の出版社ランキングを発表した。これは2012年の売上に基づくランキングでトップ30は以下の通り。

①    ピアソン(イギリス)

②    リード・エルゼビア(イギリス・オランダ・アメリカ)

③    トムソン・ロイター(アメリカ)

④    ヴォルタース・クルーワー(オランダ)

⑤    ランダムハウス(ドイツ)

⑥    アシェット・リーブル(フランス)

⑦    グルーポ・プラネタ(スペイン)

⑧    マグロウヒル・エデュケーション(アメリカ)

⑨    ホルツブリンク(ドイツ)

⑩    スカラスティック(アメリカ)

⑪    センゲージ(アメリカ)

⑫    ワイリー(アメリカ)

⑬    ディアゴスティーニ(イタリア)

⑭    集英社(日本)

⑮    講談社(日本)

⑯    シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア(ドイツ)

⑰    ホートン・ミフリン・ハーコート(アメリカ)

⑱    小学館(日本)

⑲    ハーバーコリンズ(アメリカ)

⑳    インフォーマ(イギリス)

㉑ オックスフォード大学出版局(イギリス)

㉒ 中国出版集団公司(中国)

㉓ 鳳凰出版伝媒集団(中国)

㉔ 角川書店(日本)

㉕ グルーポ・サンティリャーナ(スペイン)

㉖ ボニエー(スウェーデン)

㉗ 学研(日本)

㉘ エグモント・グループ(デンマーク・ノルウェー)

㉙ サイモン&シュスター(アメリカ)

㉚ 中国教育出版伝媒集団(中国)

1位となったピアソンは教育関連の出版社で91億5800万ドル(約9235億円)。2位のリード・エルゼビアは学術やビジネス系を中心に扱っており、59億3400万ドル(約5984億円)。近年の傾向同様、科学や技術、医学の専門書や雑誌がもっとも高い収益を生み出しており、これに教育と商業関係が続いている。日本の出版社もトップ30に5社がランクイン。国内最高位は14位集英社で1476億円。30~60位には50位文藝春秋、54位に新潮社がランク入りする結果となっている。


hatenaはてブ