HOMEトレンドニュース 婚活は職場で?結婚相手と知り合うきっかけ、1位は「職場」

婚活は職場で?結婚相手と知り合うきっかけ、1位は「職場」

九森信造

2014/06/27(最終更新日:2014/06/26)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

6月はジューンブライドということもあり、友人や知人の結婚式に参加した人も多いのではないだろうか。先日、私が友人の結婚式に参加した際、新婦の友人たちは「私も早く結婚したくなってきた」などと話しているのが聞こえたものだ。

では、結婚につながる素敵な出会いは、どこに転がっているのだろうか?

2014年6月24日にカルチュア・コンビニエンス・クラブが発表した調査によると、結婚相手と知り合ったきっかけとして最も多かったのは「職場」だった。しかも、20代から60代まで年代を問わず、「職場」がきっかけの1位だったのだ。

年代を問わず、「職場」での出会いが最多

同調査によると、「結婚相手と知り合ったきっかけ」について、「職場」を挙げた人が最も多く33.6%を占めた。

年代別で見ると20代では29.5%と3割を切っているが、30代から60代では30%以上を占めている。やはり「職場」は、最も結婚に近い場所なのかもしれない。

20代は「学校」、30代以上は「友人・知人からの紹介」

また年代別で見ると、20代は「学校」という回答が26.7%と1位の「職場」に近い数字を残している。だが、30代・40代と進むにつれて、「学校」の割合は減っていき、「知人・友人からの紹介」が増えていく。

確かに、20代で結婚した友人は、大学や高校のころから付き合っているパートナーが多かった。30代になると、学校を卒業してからの人間関係でつながったパートナーとゴールインすることが増えるのだろう。

世間では、街コンなど新たな出会いの場も増えているが、改めて自分の周辺を見直すことが結婚への近道かもしれない。[netarika href="self"]【IRORIO】でこの記事の完全版を読む[/netarika]


hatenaはてブ