HOMEライフスタイル 「性格がいい」は立派な才能!性格が学歴や収入に関係と伝える調査

「性格がいい」は立派な才能!性格が学歴や収入に関係と伝える調査

九森信造

2014/06/03(最終更新日:2014/06/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock

「心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる」という格言がある。

「何をきれいごとを......」と反発してしまう人もいるかもしれないが、なんとこのほど、この格言が科学的に真実かもしれないと感じさせる調査結果が発表された。

IQのような認知されているスキルだけでなく、性格のような非認知的なスキルも、仕事での昇進や収入、さらには学歴までに関係していることが明らかになったのだ。

心理学で用いられる5つの性格で分析

経済産業研究所が2014年5月に発表した調査では、ビッグ5と呼ばれる心理的特性と学歴や所得などとの相関を明らかにしている。

5つの性格特性とは、経験への開放性(Openness to Experience)、勤勉性 (Conscientiousness)、外向性(Extroversion)、協調性(Agreeableness)、情緒不安定性(Neuroticism)だ。

それぞれ日常の言葉で表現すると、経験への開放性は「好奇心が強い」、勤勉性は「まじめ」、外向性は「人と騒ぐのが好き」、協調性は「空気を読むのがうまい」、情緒不安定性は「イライラしやすい・落ち込みやすい」となる。

学歴と収入に関わる性格は?

同調査によると、日本において学歴に影響が出る性格は、経験への開放性と協調性ということが分かった。

つまり、日本で高学歴になる人の性格は「好奇心が旺盛で空気を読むのがうまい」傾向が強いということだ。

同様に収入や昇進に影響が出る性格は、外向性と勤勉性と協調性ということが分かった。

つまり、日本で収入が多い、あるいは昇進しやすい人の性格は「人と騒ぐのが好きで、まじめで空気を読むのがうまい」という傾向にある。

いずれにしても、日本で学歴や収入において高いレベルに上がれる性格は「空気を読めること」らしい。「好奇心を持つ」くらいは心掛け次第でどうにかなるかもしれないが、「空気を読む」のはハードルが高いことかもしれない。それでも、その先に収入アップが待っているのかもしれないのだから、なんとか「空気を読もう」と努めてみてはどうだろうか。[netarika href="self"]【IRORIO】でこの記事の完全版を読む[/netarika]


hatenaはてブ