HOMEライフスタイル 社会人も「働きたい」人気の企業、国内/外資のトップ3は?

社会人も「働きたい」人気の企業、国内/外資のトップ3は?

九森信造

2014/03/29(最終更新日:2014/03/29)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

春が近づくと「人気の就職先企業ランキング」を見掛けることが多くなる。けれど、対象を就活生に限らず、社会人からも「働きたい企業」を聞き出したランキングは珍しいのではないだろうか。

今回紹介するのは、学生だけでなく社会人からもアンケートを集め、人気の企業を選び出した「ランスタッドアワード2014」だ。世界23カ国で「その企業を働く場として魅力的に感じるかどうか」を問うている。

食や家電などで身近なメーカーが上位を占める。

国内企業でトップだったのは明治ホールディングスだ。同社はチョコレートなどのお菓子で有名だ。2位はサントリーホールディングス。昨年の1位よりランクダウンしたが、ユニークな企業として継続的に高い評価を集めている。

3位は昨年の17位からジャンプアップしたソニーだ。パソコン事業の撤退や本社ビル売却など、事業成績に関しては明るい話題が少ないが、この受賞を励みにさらなる躍進を遂げてもらいたいものだ。

海外企業ランクトップ3の企業、受賞スピーチは女性から

一方、海外企業ランクのトップはプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)だ。2位は日本コカ・コーラ、3位は日本マイクロソフトだった。

各企業の活躍はもちろんだが、印象的だったのは先に挙げた3位までが受賞スピーチに女性が登場したこと。国内企業の上位の受賞スピーチは男性がほとんどだったことと比べると、海外企業が女性を全面に押し出す姿勢が目立った。

ちなみに、2014年のランキング発表は日本が一番初め。つまり、今年、22カ国でどのような企業が選ばれるのかが明らかになっていく。アワードの受賞企業から日本と外国を比較するのもおもしろいかもしれない。


hatenaはてブ