HOMEトレンドニュース 仮眠も取れる「睡眠カフェ」が東京・大井町にオープン

仮眠も取れる「睡眠カフェ」が東京・大井町にオープン

aya_saya

2019/03/06(最終更新日:2019/09/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ネスレは、これまでビジネスパーソンや観光客に向けて期間限定で展開していた「ネスカフェ睡眠カフェ」の常設店舗を、3月6日(水)から東京・大井町に開きます。

30分のナップコースから

30分の「ナップコース」は仮眠の前にカフェインを含むコーヒーを飲む、コーヒーナップという新しいスタイルです。仮眠は、長いと眠気が残りやすく目覚めた後のパフォーマンス影響を及ぼすため、15分程度が有効とされています。コーヒーナップとは、その短い仮眠の前にコーヒーを飲み、ちょうど起きた頃にカフェインでシャキッとさせるという方法です。60分~180分の「睡眠コース」では、睡眠前にカフェインレスコーヒーを飲み、睡眠後は、カフェインを含むコーヒーで寝起きの体をリフレッシュさせます。

質のよい睡眠のための店内設備

sub2 sub3体を横たえるのは、フランスベッドの高級ベッドや、最高級のリクライニング機能付きのレザーチェア、マットレスや枕は好みの固さを選べます。店内は、ハイレゾ自然音で森や川の自然音で眠りを誘う音楽が流れるほか、暖色系の照明でリラックスできる空間を演出します。また、睡眠の質を計測できるアイマスクも用意しているそうです。日中に理想的な仮眠がとれる場として、また良質な夜の疑似睡眠を体験できる場として利用できます。2019年3月1日(金)10:00から事前予約を受け付けています。【ネスカフェ睡眠カフェ】東京都品川区大井1-7-7 K-2ビル5階時間:9:00~18:00 (最終受付17:30)席数:ベッド 6台 + レザーリクライニングチェア4つ

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード