HOMEライフスタイル 【閲覧注意】首を切断されたヘビ、自分の体を敵と間違えてパクり!(動画あり)

【閲覧注意】首を切断されたヘビ、自分の体を敵と間違えてパクり!(動画あり)

吉住沙羅

2013/08/16(最終更新日:2013/08/16)


このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube/Sam Billiter

アメリカ、アラバマ州のハンツビルで撮影されたヘビの動画が、今ネット上で話題を呼んでいる。

動画の撮影者はSam Billeterさん。家の敷地内に巨大なヘビが潜んでいたのを発見し、幼い息子や飼い犬を守るため首を落として殺したとか。

ところがこのヘビ、首を切断してもなお動き回っており、ウネウネといつまでものたうちまわる。ヘビやトカゲなんかは、体の一部を切られてもしばらくの間動き続ける生命力の強い生き物として知られている。そのためこの光景はなんら不思議でもないのだが…なんとこのヘビ、しばらく暴れまわっているうちに自分の胴体を敵と勘違いしたのか、突然自らの尻尾をガブリとひと噛み!頭は頭で「してやったり」なドヤ顔をしているが、体は体で「痛いよ~」とまさか自分に噛まれたとは思ってもみない様子。

心臓がないのに頭だけで多少なりとも生き延びるヘビの生命力はあっぱれ。脳がない状態でもヘビが痛みを感じることができるのかはわからないが、頭も体もあまり苦しまなかったことを願うばかりだ。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=7C8UqgVK4EI[/youtube]

hatenaはてブ