HOME特集 金持ちと我々凡人の決定的な違い8つ(銀行の残高を除く)

金持ちと我々凡人の決定的な違い8つ(銀行の残高を除く)

吉住沙羅

2013/08/15(最終更新日:2013/08/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Shutterstock

お金持ちと我々凡人の明確な違いといえばズバリ、お金をもっているかもっていないか。しかし、これ以外にも人間的な違いがたくさんあるのをご存知だろうか。

1. 金持ちは車の運転が荒い

カリフォルニア大学バークレー校の調査によると、高級車を運転している人は、歩行者よりも車を優先させたり、十字路の一旦停止で我先に発進する傾向があるそう。

2. 金持ちは他人の感情を読むのが苦手

 心理学者兼、社会科学者のDatcher Keltner氏が過去に実施された12の調査を分析したところ、金持ちは一般的に他人に感情移入することが苦手で、自己中心的であることがわかったという。  

3. 金持ちは子どもからお菓子を奪う

学術誌Proceedings of the National Academy of Sciencesに掲載された調査によれば、実験で子ども用にお菓子を入れたジャーを用意したところ、金持ちは凡人の2倍の頻度でそのジャーからお菓子を奪っていったとか。

4. 金持ちの体は違う化学物質でできている

金持ちの体内には、ヘルシーなライフスタイルから来ると思われる化学物質が蓄積しており、逆に貧しい人の体内には、タバコの成分などが多いらしい。

関連記事:体内にも貧富の差 体の中に蓄積する化学物質で裕福か貧乏かがわかる:英大学分析

5. 金持ちはブランド名に弱い

シカゴ大学の調査によると、例えジェネリック医薬品も同じ品質だったとしても、金持ちは有名ブランドの薬を好んで使う傾向があるそう。

6. 金持ちの目に写るインターネットはちょっと違う

インターネット上の広告主は、FacebookやGoogleなどでのユーザーの動きから得たデータを分析し、その人に合った広告を表示する。そのため、金持ちのネット上には金持ち用の広告が表示されている。

7. 金持ちは仕事に対する満足度が高い

米Pew Reasarchの調査によれば、上流階級のアメリカ人の43%は、自らの仕事に完璧に満足しているそう。一方で、中流階級の満足度は31%、下層階級の満足度は20%に留まっている。

8. 金持ちは全体的に幸福度が高い

こちらもまたPew Researchの調査で、上流階級のアメリカ人の3分の1は滅多にストレスを感じていないことが判明している。中流階級でストレスを感じないとした人は23%、下層階級は13%だった。また、凡人で自らの人生に満足している人はたった20%だったのに対し、金持ちではその倍の40%という結果になっている。


hatenaはてブ