HOMEライフスタイル 【知ってた】犬はオオカミと比べて”がんばるのが苦手”なことが判明!

【知ってた】犬はオオカミと比べて”がんばるのが苦手”なことが判明!

JPN Manatee

2015/09/23(最終更新日:2015/09/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Shutterstock

"人類の最良の友"とも呼ばれる犬。どうやら人間との暮らしが長すぎて、がんばることを忘れてしまったようだ。

20匹の犬と10匹のオオカミで実験

この実験はフタつきの箱の中に入ったオヤツを、2分間で取ることができるかを観察したもの。「犬やオオカミだけのとき」、「人間がいるとき」、「人間が応援してくれるとき」の3つのシチュエーションを用意した。

参加したのは、飼い犬とシェルターで保護されている犬、オオカミの各10匹だ。

犬の成功率はオオカミの10分の1以下

実験では犬の成功率が平均5%だったのに対して、オオカミは平均80%という結果となった。フタつきの箱に挑む時間も、犬のほうが短かった。また、人間が同じ部屋にいると、犬はちらちらと人間を見るのに対して、オオカミは全く気にしなかったという。

「人間が応援してくれるとき」には、犬は最も時間をかけてフタつきの箱に挑んでいたものの、成功率はさほど増えなかった。

ちなみに飼い犬とシェルターで保護されている犬で結果に差はなかったという。

この結果について、「犬の社会的感受性が、問題解決のためにがんばる意思に大きくかかわっている」と結論付けている。


hatenaはてブ