Kazukiさんの記事一覧

  • ドル高は日本に何をもたらす?ドル上昇で6年ぶりの高水準、アメリカ経済の堅調が要因か

    ドル高は日本に何をもたらす?ドル上昇で6年ぶりの高水準、アメリカ経済の堅調が要因か

    しばらく円安ドル高が続いていましたが、9月になってさらに進行。一時は109円54銭を記録し、なんと6年1ヶ月ぶりのドル高水準となりました。ドル高となった要因は、アメリカ経済とされています。どうしてリーマンショック後不調だったアメリカの景気がここにきて上向いているのでしょうか。アメリカの景気回復の大きな要因は、シェール革命です。頁岩層という層に含まれている天然ガス「シェールガス」は以前からその存在

  • 経済白書「これからは就労意欲の高い企業が必要」離職率が低い企業の驚くべき結果とは?

    経済白書「これからは就労意欲の高い企業が必要」離職率が低い企業の驚くべき結果とは?

    厚生省による2014年度の労働経済白書にて、これからの企業は就労意欲を引き出すことが重要であると発表されました。就労意欲が高い人材をマネジメントで引き出すことは、企業に素晴らしい影響をもたらすと分析されたのです。就労意欲が高いということは、離職率が低いことですが、企業にどのような結果をもたらすのでしょうか。就労意欲が高い企業は、生産性が高いと分析されています。人材が定着することによって、個人が多

  • 厚生年金基金が次々と解散、限界か 減額され続ける年金の今

    厚生年金基金が次々と解散、限界か 減額され続ける年金の今

    今年に入ってから、厚生年金基金が続々と解散しています。そもそも厚生年金基金とは、会社が入る企業年金で、国民の約8人に1人が加入中。一部の年金の支払いを国から代行し、上乗せして給付しています。つまり、厚生年金基金に加入している人は通常よりも多くの年金を貰えるわけです。基金が解散すれば、当然年金への上乗せは無くなってしまいます。解散が相次ぎ、多くの人が減額された年金を受け取っている現状。どれくらい減

  • 27年度の国家予算が史上最高の100兆円超、増え続ける予算の内訳とは?

    27年度の国家予算が史上最高の100兆円超、増え続ける予算の内訳とは?

    2015年度の国家予算の要求が101兆円6806億円で過去最大となったと財務省が発表しました。過去最大の予算となった要因として、高齢化が進んだことによる社会保障費の増大とアベノミクスの1つである地方創生のための特別枠の予算を設けたことが挙げられます。100兆円をも超える国家予算の内訳は、どうなっているのでしょうか。予算の割合としては、社会保障費が約31兆円、政策経費が約7兆円、その他の政策経費が

  • 海外投資家、日本株売り越し8月5401億円 3ヶ月ぶりのそのワケは…

    海外投資家、日本株売り越し8月5401億円 3ヶ月ぶりのそのワケは…

    海外投資家による日本株への投資が8月は5401億円の売り越しであったと発表されました。日本株の売り越しは、実に3ヶ月ぶりとのことです。今回、日本株がたくさん売られた要因としては、4~6月期の決算発表が終わり、業績が良くない銘柄が売り出されたということがあります。また、ウクライナなどでの地政学リスクの高まりも、要因の1つです。株について理解するにあたって地政学リスクについては欠かせませんが、そもそ

  • 【アベノミクス】国交省が道の駅に経費助成 道の駅人気は地方創生へ繋がるか

    【アベノミクス】国交省が道の駅に経費助成 道の駅人気は地方創生へ繋がるか

    人気に火が点く道の駅が最近、出てきています。栃木県にある「道の駅もてぎ」は昨年度の売り上げが7億円を超えて、過去最大を更新しました。そんな中、政府の取り組みによって、これからさらに人気の道の駅が増えそうです。国交省は、道の駅について経費を助成して発展を促す方針を決めました。対象となるのは積極的な取り組みが行われている数十ヶ所の駅です。トイレやお土産等を置く販売店があるのが一般的ですが、これがさら

  • アウディが16年にディーゼル車投入、日本もディーゼル採用の流れ 見直されるディーゼル車のメリット

    アウディが16年にディーゼル車投入、日本もディーゼル採用の流れ 見直されるディーゼル車のメリット

    ドイツの車メーカーであるアウディが、2016年より日本国内にてディーゼル車を販売すると発表しました。以前の日本において、黒い煙や臭い、うるさいなどディーゼルエンジンへの悪いイメージが付着しており普及はしませんでした。しかし近年、欧州ではすでにディーゼル車は普及しており、日本でもその流れが見られます。アウディは2016年よりディーゼル車を投入予定ですが、日本国内の幾つかのメーカーは既にディーゼル車

  • 女性社長は全体の7.4%、女性の社会進出勧める「アベノミクス」は2020年までに30%を目指す

    女性社長は全体の7.4%、女性の社会進出勧める「アベノミクス」は2020年までに30%を目指す

    女性社長が占める割合についての調査が初めて行われ、全体の7.4%であることがわかりました。女社長のうち過半数は同族継承で、業界別に見ると美容業が大多数でした。男性の社長の数に比べてまだまだ少ない女社長。昨今、女社長の数が増えることが期待されています。安倍総理は、2020年までに指導的地位に立つ女性が全体の30%を占めることを目標とし、女性の社会進出を進めています。近年、日本は少子高齢化によって労

  • 環境省が狩猟ビジネスを推進で補助金20億円 どうして今、狩猟が注目されているのか

    環境省が狩猟ビジネスを推進で補助金20億円 どうして今、狩猟が注目されているのか

    環境省は、シカやイノシシなどの害獣を駆除する狩猟をビジネスとして確立しようと推進しています。2015年度の予算には、捕獲事業に対する補助金を20億円も組み込みました。現状、狩猟は主に猟友会という団体によってボランティアに近い形で行われていますが、どのようなビジネスを環境省は想定しているのでしょうか。これからは、警備会社が狩猟を担っていくのが主流となりそうです。シカやイノシシに困っている農村がお金

  • 残高863兆円で過去最大、増え続ける国債の仕組みとこれから

    残高863兆円で過去最大、増え続ける国債の仕組みとこれから

    国債残高が過去最大の863兆8880億円であったと、財務省が発表しました。これは6月末時点での数字で、前年末からだいぶ増えたことになります。国の借金のほとんどは、国債となっています。国債とは、国がお金を借りるために発行する借用証書のことで、国の借金のうちの約8割を占めています。では、国はどこからお金を借りているのでしょうか。国が発行した国債のほとんどを日本の金融機関が買って、保持しています。つま

  • 進む日本企業の海外移転で輸出伸びず、円安・貿易赤字はどうなるの?

    進む日本企業の海外移転で輸出伸びず、円安・貿易赤字はどうなるの?

    現在、円安にも関わらず日本の輸出の収益が低迷しています。本来ならば、アベノミクスによる円安で日本の商品が安くなり、海外へと売れやすくなるため輸出の収益は増大するはずなのですが、日本は貿易赤字のままです。円安なのに輸出が伸びない理由。それは、日本企業の海外移転が進んでいるからです。今や製造業を中心に多くの企業が工場を海外に移転させているために、日本で生産して輸出するという流れが崩されてしまっている

  • アベノミクスはどうなるか?4~6月期のGDPはマイナス6.8%、震災以来の低水準

    アベノミクスはどうなるか?4~6月期のGDPはマイナス6.8%、震災以来の低水準

    安倍総理はアベノミクスを掲げて日本経済の潤いを狙っていますが、8月13日に発表された4~6月期のGDPは6.8%減でした。GDPとは、国内で生産されたサービスやモノの付加価値の合計です。上記でいうと、今年の4~6月に国内で生み出された付加価値が去年の4~6月に比べて6.8%減ってしまったのです。これ程のマイナス幅は震災以来で、決して日本の経済が良かったとはいえません。今回、GDPが下がったのは増

  • やっとガソリンが168円台に、2ヶ月ぶりの安値 どうしたらガソリンは安くなるのか?

    やっとガソリンが168円台に、2ヶ月ぶりの安値 どうしたらガソリンは安くなるのか?

    近年、高騰したことでニュースを騒がせていたガソリン。そのガソリンが6週間連続で下がり続け、8月27日の発表で全国平均価格が168円になったことが発表されました。変動し続けるガソリンですが、もちろん私たち消費者は安い方がいいですよね。どうしたらガソリンの価格はどうしたら安くなるのでしょうか。ガソリンが私たちへ販売される主な流れは、産油国(イランなど)→石油元売(出光興産など)→ガソリンスタンドとな

  • 7月の訪日外国人数が過去最多の127万人、過去最速増加ペースで記録更新なるか

    7月の訪日外国人数が過去最多の127万人、過去最速増加ペースで記録更新なるか

    日本を訪れる観光客が今までにないほどのスピードで増加しています。なんと、7月に日本を訪れた外国人数が127万人で、過去最多を記録しました。去年の同月よりも26%増加で現在18ヶ月連続で増えており、その勢いは止まらなさそうです。なぜこんなにもすごい勢いで日本を訪れる外国人が増えているのでしょうか。円安によって日本観光が割安になったことや、東南アジア諸国のビザ査証が緩和されたこと、羽田空港発の国際便

  • アップルが4億5千万ドル支払いの可能性、皆さんも損していたかもしれない電子書籍に関する訴訟とは?

    アップルが4億5千万ドル支払いの可能性、皆さんも損していたかもしれない電子書籍に関する訴訟とは?

    Appleが、電子書籍に関する訴訟において、消費者に4億5千万ドル(約460億円)の支払いをすることに合意しました。Appleは出版社と協力して電子書籍の価格を操作し、不当に値上げをしたのです。どうしてAppleはこのようなことをしたのでしょうか。今回の事件の陰には、Amazonの存在がありました。電子書籍において、Amazonから出版社を守るためにAppleは手を組み、価格を上げたのです。アメ

  • 日本の投資家が世界のFXの57%を独占!ナゼ日本人はFX好きなのか

    日本の投資家が世界のFXの57%を独占!ナゼ日本人はFX好きなのか

    現在、世界のFX市場における個人投資家の57%が日本人だそうです。当然多くの国でFXの取引は行われていますので、その過半数を占めるというのは尋常ではありません。なぜ、FX市場には日本人が殺到するのでしょうか。日本人の個人投資家にとって、日本株よりもFXの方が期待値が高いことが理由となっているようです。個人の株式投資に対する期待感の無さが、FX人気を後押ししています。また、日本の銀行の金利が低いこ

  • ハチ公が移転する!?再開発が進む渋谷経済圏はどうなるのか?

    ハチ公が移転する!?再開発が進む渋谷経済圏はどうなるのか?

    トレンドを生み出す街、渋谷。経済的にも常にトレンドの先端を行っている渋谷では、現在更なる再開発が行われています。現在行われている再開発はJR、東急、東京メトロの3社が2020年の開業に向けて開始しています。かなり大掛かりなもので、なんと渋谷のシンボルであるハチ公の場所が移転してしまうほど(移転先はまだ未定)。大まかな構造としては、駅ビルが東棟、中央棟、西棟の3棟が建てられ、東棟は2020年、西棟

  • 増税後の景気は停滞か?8月発表の景気ニュースをまとめてみた

    増税後の景気は停滞か?8月発表の景気ニュースをまとめてみた

    政府は景気が良かったかどうかを示す指標を約1ヵ月後に公表しています。8月6日、政府は6月における景気の指標が前月に比べて少し下がり、増税後の景気が「足踏みしている」と発表しました。景気の指標が下がったのは、増税した月である4月以来です。果たして、増税後の経済は停滞しているのか。6月の景気ニュースをまとめてみました。6月における商業販売額は、前年度に比べて0.6%減であり、3ヶ月連続で減少しました

  • 最低賃金の政府目標は「2020年までに時給1000円」:最低賃金が上がると景気は良くなる?

    最低賃金の政府目標は「2020年までに時給1000円」:最低賃金が上がると景気は良くなる?

    昨年度の最低賃金の平均は764円でしたが、政府は2020年までに最低賃金の平均が時給1000円になることを目標としています。確かに2000年以降最低賃金は毎年上がっており、2013年度は前年度から15円上がりました。しばらくは毎年10円以上は確実に上がる見通しです。しかし、今のペースだと最低賃金の平均が1000円という目標達成は不可能だという声もあります。それでも政府は目標達成を放棄していません

  • アベノミクスで物価が上昇中!なぜ物価が上がると景気が良くなる?

    アベノミクスで物価が上昇中!なぜ物価が上がると景気が良くなる?

    日本銀行は今後の日本における物価が順調に上がっていくという見通しをたてました。物価が上がる、というのは物の値段が上がるということですが、これは景気回復の兆しだと言われます。実は、物価の上昇はアベノミクスの目標。アベノミクスでは2%の物価上昇率を成すことを掲げていて、物価が上がるように日本銀行と協力して市場へとお金を流しています。物価が上がりお金の価値が下がることをインフレーションと言いますが、安