hotakaさんの記事一覧

  • ユニクロの「まとめ買い」から脱却。スーツスタイルを格上げしたいなら、このブランドの靴下が外せない

    ユニクロの「まとめ買い」から脱却。スーツスタイルを格上げしたいなら、このブランドの靴下が外せない

    消耗品である靴下は、「ユニクロ」でまとめ買いしてしまうという人、多いのではないだろうか。あまり周りの人から見える部分ではないが、「お洒落は足元から」という言葉があるように、スーツスタイルをお洒落に格上げしたいなら、靴下にも気を配るべきだろう。ここでは、スーツスタイルによく映える靴下を提供するブランドを紹介。どのブランドの靴下も多くのビジネスマンから人気を博している。アメリカン・トラディショナルの

  • スーツに合うベルトの選び方とは? 4つの条件を押さえておけば失敗しない一本が手に入る!

    スーツに合うベルトの選び方とは? 4つの条件を押さえておけば失敗しない一本が手に入る!

    スーツに合う適切なベルトの選び方を知っているだろうか?「ジャケットを着れば誰にも見られないし……」と、私服で使っているベルトをそのままスーツに使う人もいるが、ビジネスシーンでラフな印象のベルトを着用するのはご法度。スーツをカッコよく着こなせる男を目指すなら、細かい部分も気は抜けない。ここで、スーツに合うベルトの選び方を覚えてしまおう。スーツに合うベルトは下記の4つの条件を満たしていればOK。穴の

  • コートの適切な収納方法とは? 冬の間、活躍したコートを来年も良い状態で着るための基礎知識

    コートの適切な収納方法とは? 冬の間、活躍したコートを来年も良い状態で着るための基礎知識

    冬から春にかけて、意外と頭を悩ませるのがコートの収納方法について。きちんとケアをせずに収納してしまっては、大切なコートにカビが生えてしまうことも……。次の冬も気持ち良くコートを着るには、適切なステップを踏んで収納したいところ。ということで、コートの収納方法に関する基礎知識はここで学んでしまおう。冬の間、毎日のように着ていたコートには様々な菌が付着してしまっている。何もしないままタンスの中に収納し

  • ビジネスシューズは最低でも何足持っておけばいい? スーツスタイルを楽しむための基礎知識

    ビジネスシューズは最低でも何足持っておけばいい? スーツスタイルを楽しむための基礎知識

    定番化しがちなスーツスタイルをお洒落に演出する「ビジネスシューズ」だが、多くの人は一足の靴を毎日履き続けている。デキる男を目指すのであれば、靴は何足か持ち、服装に合わせて履き分けたいところ。「スーツは二着」「シャツは五枚」持っておくのが基本とされているが、ビジネスシューズは何足持っておくのが基本なのだろうか?単刀直入にいうと、ビジネスシューズは二足は確実に持っておきたい。一足だけでは雨が降った翌

  • 実は全然ダメじゃない。「スーツ×クラッチバッグ」は地味っぽい雰囲気を変えるのに最適な組み合わせ

    実は全然ダメじゃない。「スーツ×クラッチバッグ」は地味っぽい雰囲気を変えるのに最適な組み合わせ

    海外のファッショニスタの間では流行っている「スーツ×クラッチバッグ」のコーディネート。しかし、日本では「クラッチバッグ=セカンドバッグ」のイメージが強く、そもそもスーツにクラッチバッグを合わせていいのか、そんな声も聞こえてくるほど。雰囲気が同質化しがちなスーツスタイルだが、「ビジネスバッグ」から「クラッチバッグ」に変えるだけで雰囲気は想像以上に変わるもの。スマートで“デキる男”を演出するためにも

  • ネクタイの柄には意味があった。自分に合ったコーディネートの実践に欠かせない基礎知識

    ネクタイの柄には意味があった。自分に合ったコーディネートの実践に欠かせない基礎知識

    「ネクタイの柄」の意味をきちんと理解できているだろうか?Vゾーンの印象を左右するといっても過言ではないネクタイの柄。この意味を理解しておくことで、スーツスタイルのイメージを自分でコントロールできるようになる。ここでは、原点に立ち返ってネクタイの柄が持つ意味を解説。スーツスタイルの基礎を知って、自分に合ったコーディネートができる男を目指そう。まずは定番の柄である「ソリッド」から。ソリッドは、模様な

  • 働く男を力強くサポート。機能的に優れたビジネスバッグを手がけるブランド3選

    働く男を力強くサポート。機能的に優れたビジネスバッグを手がけるブランド3選

    働く男の必需品「ビジネスバッグ」。デザイン性も然ることながら、PCや書類など様々な荷物を持ち運ぶビジネスマンにとって、何より重要になるのは「機能性」。なるべく、丈夫な素材が使われ、収納力に優れた機能的なビジネスバッグを選びたいもの。ここでは、「機能性」に定評のあるビジネスバッグのブランドを紹介。どのブランドのバッグも、働く男を力強くサポートしてくれるはずだ。「BROMPTON」のビジネスバッグは

  • 意外と頭を悩ませる「ブラックスーツ」のVゾーンコーデ。王道の組み合わせを知れば、もう悩まない!

    意外と頭を悩ませる「ブラックスーツ」のVゾーンコーデ。王道の組み合わせを知れば、もう悩まない!

    ビジネスシーンや冠婚葬祭など幅広いシーンで使え、着回し力にも優れている「ブラックスーツ」。汎用性が高い、万能なアイテムというイメージが強いかもしれないが、意外とVゾーンのコーディネートは難しいものだ。意外と頭を悩ませる「ブラックスーツ」のVゾーンのコーディネートだが、基本を押さえてしまえば怖くない。NGなコーディネートと併せて見ていこう。「ブラックスーツ」のNGなVゾーンのコーディネートは、ブラ

  • デキる男はジャケットの持ち運びにもひと工夫。シワにならないたたみ方を知り、スーツ姿をスマートに!

    デキる男はジャケットの持ち運びにもひと工夫。シワにならないたたみ方を知り、スーツ姿をスマートに!

    春が近づくにつれて気温が上がり始めると、スーツのジャケットを脱ぎ、持ち運んで仕事をする機会が多くなるもの。その際、気をつけたいのがジャケットのたたみ方。持ち運んだジャケットにシワができてしまっては、せっかくのスーツスタイルも台無しだ。この機会に“シワにならない”ジャケットのたたみ方を知り、春のスーツスタイルを快適に過ごせるようになろう。脱いだジャケットのたたみ方だが、両ショルダーをつまみ、ジャケ

  • 適当に靴を合わせてはダサい印象に。グレースーツをお洒落に着こなしたいなら、似合う靴を知っておく!

    適当に靴を合わせてはダサい印象に。グレースーツをお洒落に着こなしたいなら、似合う靴を知っておく!

    明るく爽やかな印象を演出でき、お洒落な雰囲気も併せ持つ「グレースーツ」。毎日似たようなコーディネートになりがちなスーツスタイルに変化をつける上で、一着は持っておきたいところ。しかし、いざグレースーツを着ようとした際、Vゾーンの組み合わせに気は配れど、靴は適当に合わせてしまってないだろうか?お洒落な雰囲気は足元から演出するもの。グレースーツに合う靴を知って、“デキる男”に近づきたい。グレースーツを

  • スーツスタイルのシルエットを美しく。サイズ感の合った「パンツ」選びには3つのルールが欠かせない

    スーツスタイルのシルエットを美しく。サイズ感の合った「パンツ」選びには3つのルールが欠かせない

    スーツスタイルのシルエットを美しく見せたいのであれば、サイズ感の合ったパンツを履くことが絶対条件。ウエストや丈のサイズ感が合っていないと、どこか野暮ったく、デキない男に見られてしまうかもしれない。デキる男の雰囲気を演出するためにも、サイズ感の合ったパンツをピシっと履きたいところ。ここでは、パンツ選びの際に欠かせない3つのルールを見ていこう。シルエットの肝となる「ウエスト」は、指2本分の余裕を持つ

  • 王道アイテムは質にこだわって、長く着る。「白のボタンダウンシャツ」は定番ブランドの一枚で決まり!

    王道アイテムは質にこだわって、長く着る。「白のボタンダウンシャツ」は定番ブランドの一枚で決まり!

    誰もが一枚は持っておきたいファッションアイテム「白のボタンダウンシャツ」。“シャツの王様”といっても過言ではないほど汎用性が高く、着まわし力に優れているデザインは毎日着ていたくなる。そんなヘビロテ必至のアイテムだからこそ、品質にはこだわりたいところ。ここでは、品質の高さが世界中から愛される「白のボタンダウンシャツ」の定番ブランドを紹介していく。「白のボタンダウンシャツ」と言えば、真っ先にその名が

  • スーツにデジタル腕時計を着用するのはアリ? 評価の高いビジネスマンになるための基本マナー

    スーツにデジタル腕時計を着用するのはアリ? 評価の高いビジネスマンになるための基本マナー

    スマートフォンが普及したこともあり、スーツに腕時計をする人が少なくなってきているが、デキる男はスーツに合う腕時計を一本は確実に持っているもの。最近では、スタイリッシュなデザインや機能性の高さから「デジタル腕時計」の人気が高まりつつあるが、スーツに「デジタル腕時計」を合わせるのはOKなのだろうか、NGなのだろうか?「『Gショック』をスーツに合わせるのはNG」というのはよく聞く話だが、それは他のデジ

  • 春の流行色を取り入れたストライプ柄のネクタイに挑戦。今っぽさを意識したVゾーンで周りに差をつける

    春の流行色を取り入れたストライプ柄のネクタイに挑戦。今っぽさを意識したVゾーンで周りに差をつける

    スーツスタイルの印象を形作る「Vゾーン」のコーディネート。失敗しない組み合わせで無難に着こなすのもいいが、一歩上のオトナのお洒落を楽しむためにも“旬なセンス”をプラスしたネクタイをチョイスし、普段とは違った着こなしにも挑戦してもらいたい。ここでは、春の流行色を取り入れたストライプ柄のネクタイを紹介。“今っぽさ”を意識したVゾーンを作り、周りに差をつけてみてはどうだろう?春の軽やかな雰囲気には、グ

  • 上品でクラシックな雰囲気を身にまとう。定番スポーツブランド「ラコステ」の新作アイテムまとめ

    上品でクラシックな雰囲気を身にまとう。定番スポーツブランド「ラコステ」の新作アイテムまとめ

    1933年に元プロテニス選手がフランスに創業し、80年以上の歴史を紡いできた伝統あるスポーツブランド「LACOSTE(ラコステ)」。王道のアイテムは、ブランドのトレードマークでもある「緑色のワニ」が刺繍されたポロシャツだが、その他にも上品でクラシックな雰囲気が漂うアイテムが豊富に並ぶ。ここでは春夏の新作アイテムを紹介。どれもコーディネートの主役として活躍すること間違いなしのアイテムばかりだ。無骨

  • 今年も完売必至のアイテムに。ポロシャツは「マイケル・バスティアン氏×ユニクロ」の一枚で決まり!

    今年も完売必至のアイテムに。ポロシャツは「マイケル・バスティアン氏×ユニクロ」の一枚で決まり!

    ユニクロといえば「安かろう悪かろう」のイメージが強いかもしれない。しかし、最近は世界的に有名な高級ブランド「ジル・サンダー」とコラボするなど、値段以上のクオリティが度々話題にあがっている。そんな中、2013年からスタートし、毎年大人気のアメリカントラッドの代表的デザイナー、マイケル・バスティアン氏とコラボした「ポロシャツ」が今年も販売されるそうだ。少しずつ気温も高くなってきたこの季節、新しくポロ

  • オーダースーツに挑戦するときのために。スーツの襟の種類を知り、自分好みの一枚に思いを馳せる

    オーダースーツに挑戦するときのために。スーツの襟の種類を知り、自分好みの一枚に思いを馳せる

    これまでは“既製品のスーツ”を購入するのが当たり前だったが、今は手頃な値段でオンリーワンの一着を作れることから「オーダースーツ」が人気を博している。皆さんの中にも、いつか挑戦したいと思っている人はいるのではないだろうか?そんな人に向けて、ここではスーツの襟の種類を解説。来たるべき「オーダースーツ」のときに備え、基本的な知識を蓄えておこう。シングルスーツで用いられている一般的なラペルデザインが、こ

  • 定番の「ネイビースーツ」も旬を取り入れてカッコよく。Paul Smithの新作スーツが見逃せない

    定番の「ネイビースーツ」も旬を取り入れてカッコよく。Paul Smithの新作スーツが見逃せない

    日本人にとっての定番スーツとも言える「ネイビースーツ」。これまでは、大人しめな色の「ネイビースーツ」が一般的だったが、最近のトレンドは明るめの色。定番の「ネイビースーツ」にも“旬”を取り入れて、周りとは一歩違った印象を得たいところ。春にスーツを新調しようと考えている人にオススメなのは、モダンで洗練されたデザインが人気を博すブランド「Paul Smith」から登場した「ブルーグレースーツ」だ。20

  • 独自の審美眼で選び抜かれた逸品。「nano・universe」が提案する春の新作アイテムまとめ

    独自の審美眼で選び抜かれた逸品。「nano・universe」が提案する春の新作アイテムまとめ

    常に時代の一歩先を見つめ、進化し続けるセレクトショップ「nano・universe(ナノ・ユニバース)」。固定概念に捕らわれない独自の視点で選び抜かれた珠玉のアイテムたちは、本質を追い求める男たちの心をくすぐる。ここでは、この春注目の新作アイテムを紹介。どれも定番となること間違いなしのアイテムばかりなので要チェックだ。1970年代~80年代の古き良きアメリカのサブカルチャーをうまく取り込み、カラ

  • 革の持つ自然な風合いの変化を楽しむ。1万5000円以内で購入できる、革製のペンケースブランド3選

    革の持つ自然な風合いの変化を楽しむ。1万5000円以内で購入できる、革製のペンケースブランド3選

    働く男は確実に持っておくべき、定番のBIZ小物「ペンケース」。帆布やナイロンといった素材が使われたペンケースが一般的だが、デキる男を演出したいのであれば“革”のペンケースがオススメ。中でも、革の持つ自然な風合いを活かし、経年変化が楽しめるペンケースのクオリティは一線を画す。ここでは、革製のペンケースが1万5000円以内で購入できるブランドを紹介する。経年変化が楽しめるペンケースといったら、このブ