Junko Anmaさんの記事一覧

  • 自分には向いてない? 営業職に不向きな人と営業職向きな人の違いとは

    自分には向いてない? 営業職に不向きな人と営業職向きな人の違いとは

    営業職として、日々、外回りにいそしんでいるビジネスパーソンはたくさんいることだろう。思うように結果が出せなかったり、顧客とのやりとりが上手くいかなかったりして、悩んだ経験があるかもしれない。営業職では、商品の売り込みだけでなく、ヒアリングや接待での盛り上げなど、求められる仕事内容は多岐に渡る。「もしかして自分、営業職に向いていないのでは?」そんな思いが頭をよぎる人に向けて、営業職の向き不向きをま

  • 偉人は、実は盗作の天才だった!:ピカソの名言「凡人は模倣し、天才は盗む」を、今こそ思い出せ。

    偉人は、実は盗作の天才だった!:ピカソの名言「凡人は模倣し、天才は盗む」を、今こそ思い出せ。

    2020年開催の東京オリンピックの公式エンブレムを制作した佐野研二郎氏が、自身の手がけた東京オリンピックのエンブレム含む、今までの制作物が盗作なのではないかと世間で問題になっている。しかし、デザインの世界において、優れたデザインからインスピレーションをもらうことは多く、またシンプルなデザインにおいては、まったくのオリジナルなデザインを作ることは非常に難しいのも事実だ。(佐野研二郎氏が手がけた、2

  • 行く前に確認しておきたい!面接先の企業に訪問するときの仕方

    行く前に確認しておきたい!面接先の企業に訪問するときの仕方

    企業訪問する際には、気をつけるべき点がいくつもあります。どんな会社であったとしても、礼儀の正しい客は歓迎されるもの。正しいマナーを身につけ、会社を訪問するようにしましょう。まず始めに、遅刻は絶対にしない事が大切です。面接官は、少し敬語を間違えただけで評価を悪くつけようとは思いません。それよりも、本人の誠意や優秀さを大切にするものです。しかし、遅刻だけは取り返しがつきません。時間にルーズな人間は仕

  • 企業が新卒採用に「Facebook」を活用することで得られるメリット

    企業が新卒採用に「Facebook」を活用することで得られるメリット

    企業の多くが、現在就職活動をしている学生をターゲットに人材の確保を行おうとしていると思います。中には優秀な学生を得ようと、大学4年生にもなっていない学生を採用しているところもあるでしょう。ここ最近、企業の中にはFacebookを活用した採用活動が広がっています。今回は採用活動、特に学生採用でFacebookを活用したときのメリットをご説明します。入社して数年で退職されてしまう方の特徴として、思い

  • 面接で「人間性」を問われる質問とそれに対する答え方

    面接で「人間性」を問われる質問とそれに対する答え方

    面接では人間性が問われるような質問を多々される機会があります。 では、そのような質問が来た時にはどのように答えればよいのでしょうか。 質問とその答え方について紹介していきます。一つ目に挙げられるのは「仕事をする上で大切なことは何ですか?」というパターンです。このような質問をされた場合には、自分の長所を踏まえた上で回答できれば尚良い答えになります。この答えの例には、「仕事を正確に迅速に行うこと」「

  • 営業同行してくれた上司にお礼をメールする時のポイント

    営業同行してくれた上司にお礼をメールする時のポイント

     新人営業マンの多くは、先輩の営業マンに同行してもらって営業活動するということもあるでしょう。当たり前ですが、先輩も忙しい時間を使って同行してくれているのです。きちんとお礼を伝える必要があるでしょう。今回は、先輩に営業同行のお礼メールを送る時のポイントをご紹介します。 お礼メールはできるだけその日のうちに送りましょう。より誠意を伝えることができるでしょう。「本日は○○への営業に同行していただき大

  • 予算交渉のメールを送り合う時に営業マンが気をつけたいこと

    予算交渉のメールを送り合う時に営業マンが気をつけたいこと

     営業マンは、顧客からメールで予算の交渉をされることもあるのではないでしょうか。今回はそんな時に知っておきたいポイントをご紹介します。 交渉する時に一番避けたいのが感情的になることです。メールにそれが表れることはないと思いますが、返答する時には気持ちを落ち着かせてパソコンと向き合うようにしましょう。冷静にメールを送ることができないとちょっとしたミスが起こりがち。冷静に、なぜこちらがその金額を提示

  • 営業マンが顧客の持っている課題を整理するためにまずしなければいけないこと

    営業マンが顧客の持っている課題を整理するためにまずしなければいけないこと

     営業マンは顧客の課題を解決することがとても大切な仕事です。そのためには課題の整理が求められますが、その前にしなければいけないことがあります。今回はそのことについてご紹介します。 多くの営業マンは課題ではなく問題を見つけてそれに対する解決策を顧客に提示しようとします。しかしそれではうまくいきません。なぜなら問題は課題とは異なるからです。 多くの営業マンはこのようにして出てきたものを課題だと思って

  • 仕事上の交渉が苦手だという人に意識してもらいたい2つのこと

    仕事上の交渉が苦手だという人に意識してもらいたい2つのこと

     特に営業マンは取引先の人と交渉するという機会も多いと思います。それにも関わらずそのことに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。今回は交渉が苦手だという人に意識してもらいたいことをご紹介します。 人は少なからず感情に左右される生き物です。相手の感情に対して配慮の欠いた態度を取っていては交渉もうまくいきません。自分の意見ばかり押し付けるのではなく、相手の意見もきちんと聞く姿勢が大切です

  • 相手の出した見積もりに対して値下げの交渉をメールで行うときのポイント

    相手の出した見積もりに対して値下げの交渉をメールで行うときのポイント

     営業された時には、その営業相手にメールで値下げの交渉をすることもあると思います。その時に上手に相手に伝えるポイントをご紹介します。 なぜ値引きを相手に要求するのか、その理由を簡潔に相手に伝えるようにしましょう。理由が明確でないと相手もしつこく粘ってくるかもしれません。感情的なものや主観的な理由よりも、客観的なデータや事実をはっきりと述べることで相手も納得をせざるをえなくなります。 単に「その値

  • 営業マンに必ず求められるヒアリングの力を身につける2つの方法

    営業マンに必ず求められるヒアリングの力を身につける2つの方法

     どの職業にも向き不向きがあるように、営業マンにもそれは存在します。では、営業マンに必要な力とはどのようなものなのでしょうか。 営業マンが必要な力というと、トークスキルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、トークスキルは実は必ずしも必要なものではありません。トークスキルが高い人は必然的に話す時間が長くなります。確かに上手に相手に伝えることは大切ですが、その前に相手からニーズを聞き出

  • 営業マンが売上を伸ばすためのデータ分析をする時に読みたい本3選

    営業マンが売上を伸ばすためのデータ分析をする時に読みたい本3選

     営業マンに求められるスキルの一つとして、データ分析能力があげられます。一度いい結果を残しても、それをきちんと分析しなければ次に繋げることはできません。今回はデータ分析の際に参考にしてほしい本をご紹介します。 営業活動の中で生まれるビジネスデータをいかに活用するか、その手法が欠かれています。特殊な方法が書いてあるわけではなく、すぐに実践できるというのが特徴です。普段データ分析をきちんと行っている

  • 取引先へ営業メールを送った後に、進捗の伺いをする際のポイント

    取引先へ営業メールを送った後に、進捗の伺いをする際のポイント

     営業マンは取引先に対して営業メールを送ることもあると思いますが、その後に送るお伺いのメールも大切になります。今回はお伺いのメールを送る時のポイントをご紹介します。 営業メールに対しての反応を伺うメールのため、まずは相手の近況を聞きます。その時にはできるだけ簡潔にすることが大切です。また、相手が回答しやすいように配慮することも大切です。漠然と「いかがでしょうか」と聞くだけではなく、「上司の方とは

  • 営業マンがメールの最後に入れる署名を作成する時に知っておきたいポイント

    営業マンがメールの最後に入れる署名を作成する時に知っておきたいポイント

     多くの営業マンは取引先の人とメールのやり取りをしていると思います。本文に書く内容も大切ですが、意外と重要なのがメールの最後に入る署名です。今回は書名を作る時のポイントをご紹介します。 署名には名前、社名、電話番号が入るのが当たり前です。特に電話番号は、メールを見てすぐに電話で確認したいと思った時にないとわざわざ名刺を探さなければいけません。相手のそのような手間を少しでもなくすようにしてあげるこ

  • 営業先への訪問回数を増やすために管理すべきこととは

    営業先への訪問回数を増やすために管理すべきこととは

     営業マンが成果を出すためには行動量を増やすことが一番の近道です。行動量を増やす時に、訪問する件数を増やすことと1つの会社に対する訪問回数を増やす2つがあげられると思います。そのうち訪問回数を増やすための管理方法をご紹介します。 どの営業先に多く回数行くのかを決めるためには、優先順位をつけることが欠かせません。そのためには、どの営業先が今どのような状況なのかをきちんと管理することが必要です。次に

  • 営業マンが顧客に検討してもらうようにお願いするメールを送る時のポイント

    営業マンが顧客に検討してもらうようにお願いするメールを送る時のポイント

     営業メールの中で、相手にどうしても検討してもらう必要がある時もあると思います。特に条件などをお互いどの程度譲るのかということはとても重要です。今回は相手に検討してもらうようにお願いする時のメールの仕方をご紹介します。 相手から提示された条件を飲む努力をしたことはきちんと伝えましょう。「お客様からご呈示いただいた○○という条件に関して、社内で何度も会議をさせていただきました」というように、相手の

  • 営業マンが取引先からのクレームに対して謝罪メールを送る時のポイント

    営業マンが取引先からのクレームに対して謝罪メールを送る時のポイント

     どんなに万全を期していても、ミスは起こりうるもの。それに対して取引先からクレームの連絡が来ることもあるでしょう。今回はその時に送る謝罪のメールのポイントをご紹介します。 自分たちの商品によるミスで、相手には少なからず迷惑がかかっています。そのことに対する詫びの言葉をきちんと入れるようにします。その時に使える文章を下記に載せておきます。○貴社に多大なご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び

  • 複数案件がある時の営業メールの送り方

    複数案件がある時の営業メールの送り方

     営業マンが使う業務のツールとして欠かせないのがメールだと思います。市議とをしている上で、同時に複数案件を送付しなければならないということもあるでしょう。その時の送り方をご紹介します。 1つのメールに対して1つの案件が基本です。一度にいくつもの案件を送られても、受け取る側は対処が困難になってしまいます。内容が近いような場合でも、その旨をメールに記載し、分けてメールするようにしましょう。 メールを

  • 営業マンが取引先でするトークを組み立てる時にチェックしておきたい3つのコツ

    営業マンが取引先でするトークを組み立てる時にチェックしておきたい3つのコツ

     営業マンには相手に分かりやすく話を伝えるために、きちんとトークを組み立てる必要があります。今回はその時のコツをご紹介します。 何を話そうと思っているのか、相手に何を質問したいのかということは面会する前にリストアップするようにしましょう。相手と顔を合わせて初めて何を話すのかを考えるというのでは遅すぎます。きちんとしたトークの組み立てを目指すのであれば、話したいと思っていることを前もってリストアッ

  • 営業マンが訪問先で雑談をするために準備しておきたい話題

    営業マンが訪問先で雑談をするために準備しておきたい話題

     営業マンに求められる雑談力。雑談というと、「その場で会話を探せば…」と思っている人もいるかもしません。しかし、そこで相手と良好な関係を築くためにはきちんとした準備が必要です。今回はそのためのポイントをご紹介します。 雑談のためのネタは前もって準備しておくことをお勧めします。その時にまず把握しておきたいのが相手の会社の情報です。もちろん訪問する以上その会社のことは調べていくと思いますが、その時に