Rio さんの記事一覧

  • 年齢や立場は理由にならない。部下に尊敬される上司に必要なのは「成長し続ける努力」

    年齢や立場は理由にならない。部下に尊敬される上司に必要なのは「成長し続ける努力」

    職場では年齢も立場も様々な人たちが一緒に働いている。年齢や立場の違いがある中で上司と部下が上手く関係を築いていくのは難しいもの。しかし、上司の立場にある人であれば、出来れば部下には尊敬されたいと願うものだろう。では、尊敬される上司になるには、どうすればいいのだろうか?部下がついていきたくない、と思う上司の特徴の一つに「上昇志向がない」というものが挙げられる。もし、自分の会社の社長が「私はもう会社

  • 将来像を描けていない28歳は80%以上。28歳までにやっておきたい「選択と集中のキャリア構築」

    将来像を描けていない28歳は80%以上。28歳までにやっておきたい「選択と集中のキャリア構築」

    社会人になって2~3年。一通りの経験を積んで、人並みに仕事はこなせるようになった。今だけでなく、将来のことも考えてはいる。けれど、「3年後、5年後の将来像が描けない」という人は少なくありません。また、自分の将来像が描けないまま、今の仕事をこなす毎日に不安を感じている人も多いのではないでしょうか?では、3年後、5年後に自分の進むべき道を築けるようになるために、今の私たちには何が出来るのでしょうか?

  • 大切なのは、とにかく一旦受け入れること。脱線した商談話を戻すコツ「イエス・バット法」

    大切なのは、とにかく一旦受け入れること。脱線した商談話を戻すコツ「イエス・バット法」

    営業職の人であれば、商談中に話が脱線してしまい、本題に戻すのに苦労したという経験もあるのではないだろうか?次の予定があるが、相手が楽しそうに話しているからなかなか話を本題に戻せない......なんてことも。そういった場合に便利なのが、「イエス・バット法」だ。では、そのイエス・バット法とはどのようなものなのだろうか?商談の際、相手が関係のない話を始めて話が脱線する、というのはよくあることだ。しかし

  • 全部を完璧にこなさなくていい。バリキャリ女性のための「すり減らない働き方」

    全部を完璧にこなさなくていい。バリキャリ女性のための「すり減らない働き方」

    仕事をやるからにはきちんと成果を出したい。けれど、正直なところ残業続きの毎日は体力的にも精神的にも辛い。といったように、仕事に対して真面目であればあるほど、頑張りすぎて疲弊してしまう女性は多いものです。では、仕事を頑張りながらも、心と体のバランスを上手に保つためにはどのような働き方をすれば良いのでしょうか?女性の社会進出に伴い、近年増加しているのが、残業や休日出勤もいとわず男性並みにバリバリ働き

  • 手段が目的になっていませんか? 自己啓発本を読むだけで満足してしまう「キャリアポルノ」の危険性

    手段が目的になっていませんか? 自己啓発本を読むだけで満足してしまう「キャリアポルノ」の危険性

    皆さんは仕事で上手くいかない時、ちょっとしたヒントが欲しい時、やる気を出したい時、どうしているでしょうか?信頼のおける人に相談するという方も多いとは思いますが、自己啓発本に手を伸ばす方も多いのではないでしょうか?この自己啓発本、上手に使えば仕事のモチベーションに繋がりますが、読んだだけで満足してしまう人が多いのも事実。自己啓発本に頼りすぎることは、想像以上の危険性をはらんでいるかもしれません。皆

  • 「やり切った」と言えなければどこでも同じです。キャリアの可能性を広げる「やってみる」ことの大切さ

    「やり切った」と言えなければどこでも同じです。キャリアの可能性を広げる「やってみる」ことの大切さ

    入社1年目の頃は日々、仕事を覚えるだけで精一杯だった。だが、入社から2~3年経った今では、一通りの仕事を覚え、自分の将来について考える余裕も少しずつ出てきた。そんな時、ふと「これからも今の仕事を続けるべきなのだろうか?」「本当に自分に向いている仕事って何なのだろうか?」と考え、漠然と転職を考える人も多いはずです。こんな時、本当に転職することが最善の選択だと言えるのでしょうか?新卒入社3年以内の離

  • キャリアの棚卸し、してみませんか? 自分のスキルを客観的に判断するポイントは「数値化」

    キャリアの棚卸し、してみませんか? 自分のスキルを客観的に判断するポイントは「数値化」

    あなたは今の自分に何が出来て何が出来ないか、すなわち自分のスキルを把握できていますか?「言われてみれば、自分に出来ることって何だか分からない」「私にはアピールできるほどのスキルなんてない」という方も多いことと思います。そんな方は、キャリアの棚卸しをして自分のスキルを把握することで、転職や日々の仕事のスキルアップに活かしたりと、よりキャリアを充実させられるかもしれません。自分の強みや弱み、身に付け

  • 結婚しても、子供を産んでも続けられる? 営業職を諦めない女性のキャリア転換二大パターン

    結婚しても、子供を産んでも続けられる? 営業職を諦めない女性のキャリア転換二大パターン

    「こんなにハードな働き方は続けられない」「仕事が忙しくて、仕事と家庭を将来両立させている姿が描けない」ーーこのように、結婚・出産後も独身時代と同じペースで走り続けられるイメージが湧かず、将来のキャリアに不安を抱く営業職の女性は少なくありません。また、女性営業職が増えたとはいえ、業界によってはまだまだ男性中心の会社も多いです。同じ会社に女性営業職のロールモデルがおらず、自分の将来像が描けないがゆえ

  • なぜ、優秀なプレイヤーがリーダーになると評価を落とす? 脳機能を低下させる「働きすぎ」の弊害

    なぜ、優秀なプレイヤーがリーダーになると評価を落とす? 脳機能を低下させる「働きすぎ」の弊害

    一般的に、リーダーというと仕事が出来る人というイメージがあるだろう。実際、日本企業では仕事で実績を上げた人が、リーダーになる場合が多い。しかし、どんなに仕事が出来る人でもリーダーになった途端に評価を落とす人もいる。こういった人はひょっとしたら、働き過ぎてリーダーに向かなくなってしまったのかもしれない。これは一体どういうことなのだろうか?分析心理学を生み出したスイスの心理学者ユングは、人間の脳には

  • 頻繁な転職が高所得に繋がる? 転職を繰り返すことのメリットとは

    頻繁な転職が高所得に繋がる? 転職を繰り返すことのメリットとは

    転職回数が多いとすぐに辞めてしまう人だと思われて、「転職するのに不利なのでは?」と、不安に感じる人も多いはずです。しかし近年、転職を繰り返している人の方が、転職に有利だとする見方も出てきました。では、転職を繰り返す方がいいとされている根拠とは何なのでしょうか?そして、転職を繰り返すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の教授によると、20代に転職を繰

  • 「どこに入りたいか」という考え方には限界がくる。転職前に知っておきたい「就社」思考のワナとは

    「どこに入りたいか」という考え方には限界がくる。転職前に知っておきたい「就社」思考のワナとは

    会社は仕事人生のほとんどの時間を費やす場所。その環境を大きく変えるのが、転職です。転職がキャリアに与える影響は想像以上に大きいですし、現実を変える手段としては非常に有効です。しかし、転職したからといって、必ずしも幸せなキャリアが築ける訳ではありません。今の仕事を続けていた方が、幸せなキャリアを築けることも少なくないのです。では、転職に踏み出す前にどんなことを考えておけば良いのでしょうか?「就職」

  • 散らかすことで、考えは深まる。思考力を鍛える「手書き術」のメリット

    散らかすことで、考えは深まる。思考力を鍛える「手書き術」のメリット

    日常生活でも仕事でも、人間である限りは考えることから逃れられない。特に、ビジネスパーソンであれば、思考力を求められる機会は多い。しかし、「考えがなかなかまとまらない」など、自身の思考力の足りなさについて悩んでいる方も多いはず。では、思考力を鍛えるためにはどうしたら良いのだろうか?思考力を鍛えるために有効な方法の一つに、「手書きで紙に書く」というものがある。頭の中だけで考えているだけでは、筋道が立

  • 自信の無さが、チャンスを逃す。自己評価が異常に低い心理状態「詐欺師症候群」に陥らないために

    自信の無さが、チャンスを逃す。自己評価が異常に低い心理状態「詐欺師症候群」に陥らないために

    皆さんは、「詐欺師症候群」という言葉をご存知だろうか。聞き慣れない言葉だが、以前はハリウッド女優のエマ・ワトソンが「詐欺師症候群」であることを告白したことで話題となった。詐欺師症候群とは一体どのような状態なのだろうか?詐欺師症候群とは、自己評価が低く、自分の成功・業績・他人からの評価などを受け入れないという状態のことだ。とくに女性に多いのも特徴の1つとされている。たとえば、詐欺師症候群の人は昇格

  • 転職だけが選択肢じゃない。キャリアへの過剰な不安を解消するキャリア構築法

    転職だけが選択肢じゃない。キャリアへの過剰な不安を解消するキャリア構築法

    キャリアの多様化が進む現在、将来のキャリアについて過剰に悩みすぎて、仕事にやりがいをなくす若者が増えています。このような状態は「キャリアノイローゼ」とも言われ、将来に対して真面目であればあるほどその傾向は強く、深刻なものになります。では、キャリアノイローゼに陥らないようにするためには、どのようにキャリアを構築していけば良いのでしょうか?新しい働き方が次々に誕生し、キャリアが多様化した今、将来に悩

  • 働く目的なんて、今はまだなくてもいい。働く目的を探すために自分の武器を持っておくべきことの重要性

    働く目的なんて、今はまだなくてもいい。働く目的を探すために自分の武器を持っておくべきことの重要性

    あなたは何のために働いていますか?お金や生活のためでしょうか。それとも自己実現のためでしょうか。改めて考えてみると、「何のために働いているのかもわからない」という人も少なくないのではないでしょうか?しかし、働く目的がわからないからと言って、焦ったり落ち込んだり自分を責めたりする必要はありません。では、どんなことを考えて働けば、働く目的を見つけ、よりキャリアを充実させることができるのでしょうか?せ

  • ロールモデル探しがあなたの歩みを止めている?! キャリア形成のヒントは目の前にあるかもしれない。

    ロールモデル探しがあなたの歩みを止めている?! キャリア形成のヒントは目の前にあるかもしれない。

    「ロールモデルがおらず、自分の将来のキャリアが見えない」ーこのように語る20~30代の女性は少なくありません。確かに、仕事だけでなく結婚や出産など、ライフイベントによって大きく左右される人生に対して、多くの女性が漠然とした不安を抱えてしまうのも無理はないでしょう。しかし、仕事だけでなく生き方や言動に至るまで、全てにおいて自分のお手本になる人物など見つける方が難しいものです。また、ロールモデルを見

  • もう一度話したくなる「7:3の法則」。聞き上手な人のコミュニケーションのコツとは

    もう一度話したくなる「7:3の法則」。聞き上手な人のコミュニケーションのコツとは

    ビジネススキルの中でも、特に重視されている「コミュニケーション能力」。コミュニケーション能力の高い人は一緒に働く同僚とも、取引先とも上手く意思疎通を図れるため、仕事をスムーズに進めやすい。また、コミュニケーション能力を高めることで、自分だけでなく相手の能力を引き出すことも出来るため、チームワークを高めることも可能となる。コミュニケーション能力の高い人の特徴として挙げられるのが、「聞き上手」という

  • ロールモデルやメンターはいらない。昇進を後押しする「スポンサーシップ」のある働き方

    ロールモデルやメンターはいらない。昇進を後押しする「スポンサーシップ」のある働き方

    あなたが仕事を通して成長するためには何が必要だと思いますか?ロールモデルや、精神的な部分でアドバイスをくれるメンターなどを思い浮かべる方も多いことと思います。しかし、キャリア形成のためには、ロールモデルやメンターよりも「スポンサーシップ」が大切かもしれません。では、スポンサーシップのある働き方とは、一体どのようなものなのでしょうか?スポンサーシップとは、社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導

  • リスクを取れば、会話は進む!? 会話上手の鍵「イニシアチブ」を握るコツ

    リスクを取れば、会話は進む!? 会話上手の鍵「イニシアチブ」を握るコツ

    商談や打ち合わせなど、ビジネスの場面では「なかなか会話がまとまらない」「進まない」ということは多々あるだろう。このようなことはビジネスだけでなく、普段の生活でも同様のことが言える。たとえどんなにお互いを信頼していたとしても、相手と自分の条件が合わなければ、会話はなかなか先に進まないものだ。では、そんな会話の悩みを解決するためにはどうしたら良いのだろうか?商談などで会話をしている際には、必ずどちら

  • あなたのスキルが、誰かの力になる。職能を活かしたボランティア「プロボノ」のメリット

    あなたのスキルが、誰かの力になる。職能を活かしたボランティア「プロボノ」のメリット

    最近よく耳にするようになった、「プロボノ」という言葉。皆さんはご存知だろうか?仕事で培った専門スキルを活かしたボランティアを意味するこのプロボノは、デザイナーやクリエイターをはじめとして、ビジネスパーソンの間で広がりを見せている。テレビや新聞などでも広く取り上げられ、新たな社会との関わり方、キャリアのあり方として注目を集めている。プロボノとは、ビジネスパーソンが職業を通じて培った専門的なスキルと