チェリオ おやつハッカーさんの記事一覧

  • 5か月のチャレンジを一気にまとめ! 僕らがチェリオを食べる5つの理由

    5か月のチャレンジを一気にまとめ! 僕らがチェリオを食べる5つの理由

    “職場や学校で使えるおやつ活用術”をテーマに、これまで25本の記事をアップしてきた「チェリオ おやつハッカー」。ボクらの脳をピキーンと刺激するCST理論をとことん追求して参りました。 ここでは、そんなおやつに「仕事に、勉強にチェリオが最高!」な5大ポイントをガッツリまとめ。ヒラメキがほしい方は速攻でチェックしてみてください パフォーマンスがグ~ンとアップ!仕事と勉強のインスピレーションを高める

  • CST効果倍増!! 仕事の手を止めずにアイスバーを食べる工夫とは?

    CST効果倍増!! 仕事の手を止めずにアイスバーを食べる工夫とは?

    「冷たさ(Cold)」、「甘さ(Sweet)」、「歯ごたえ(Texture)」の3要素が脳を活性化させ、ヒラメキを生み出す援けになるというアイスバー『チェリオ』。おやつ活用術の情報サイト「おやつハッカー」でも、仕事中のリフレッシュやヒラメキを援けるアイテムとして、C・S・Tの3要素が揃った複合食感アイス、チェリオを食べることをオススメしている。 しかし、食べるときに片手がふさがってしまうのがアイ

  • 秋の夜長の夜更かしで寝不足!ぐっすり眠るための眠活5パターン

    秋の夜長の夜更かしで寝不足!ぐっすり眠るための眠活5パターン

    涼しい秋の夜長は、仕事にプライベートにはかどりまくりですが、思わず夜更かししてしまいはからずも寝不足に陥ることがしばしば。そこで、秋こそしっかり睡眠を取るため安眠方法を調べてみました。 昨今話題の新書『9割の不眠は「夕方」の習慣で治る』(白濱隆太郎/SBクリエイティブ出版)。睡眠専門医である著者によると、睡眠には自律神経が関係し、ちょうど17時頃に交感神経が昂ぶるのだとか。この時間帯にうたた寝

  • 現代人の新たな敵「9月病」。アイスでクールに解決!

    現代人の新たな敵「9月病」。アイスでクールに解決!

    今年の猛暑もキツかった――。夏のあれやこれを振り返っていたら、何だか気力も体力も負のゾーンに突入。あれ?しっかり夏休みを取ったはずなのに…これって夏バテ、いや残暑バテ?休暇明けに身体のダルさから解放されないアナタは、9月病を疑った方がいいかもしれません。 9月病?あまり耳慣れない言葉ですが、澤口俊之先生に解説していただいた5月病(参考記事)と同じで、9月という特定の時期にメンタルが落ち込んでしま

  • 「ホンマでっか!?」脳科学者もびっくり!?“時短”会議法とは?

    「ホンマでっか!?」脳科学者もびっくり!?“時短”会議法とは?

    部内定例会、グループ進捗会議、チームミーティング、個別の打ち合わせ…ビジネスマンには会議がつきもの。時には、自分の席を温める暇がないほど、会議に追われる日もあるだろう。会議をスピードアップし、生産的にすることで、より充実した日々が訪れる?ここでは、様々な企業の取り組みを紹介しよう。会議資料を、前日の夕方5時までにすべて提出。実際の会議では説明時間を省き、スピードアップを図る試みを三木谷社長が提案

  • 勉強に最適なのは「朝」と「夜」のどっち??

    勉強に最適なのは「朝」と「夜」のどっち??

    「早起きは三文の徳」とのことわざもあるように、大昔から常識となっているのが早起きの効能。早起きをして勉強や仕事をする「朝活」も、ブームとなって久しい。特に受験生の場合は、試験本番の時間帯に合わせるため、朝型の生活リズムを取るように心がけている人も多いだろう。 とはいえ、生活リズムを変えるのは結構大変なもの。夜型のリズムに馴染んでいる人が、急に朝型人間になるのは難しい。リズムを変えようと無理や

  • だらだらモードをスイッチ!夏バテ対策とチェリオ活用術を大研究

    だらだらモードをスイッチ!夏バテ対策とチェリオ活用術を大研究

    昼はギラギラ猛暑日のオンパレード。夜は夜で寝苦しい熱帯夜…「全身の倦怠感が取れない」「ベッドから起き上がる気力が出ない」「食欲がない」などなど、気力体力ともに暑さに奪われてしまう夏バテに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 日本の夏は体力を奪う高温多湿。さらに、行き届いた空調は「外気との温度差による体温調節機能の不調」を招きます。そこで自律神経のバランスが崩れ、胃腸の働きが落ちる→エネルギー

  • イライラなサマーよさらば!ロシア軍特殊部隊に学ぶ、夏のお悩み解消法

    イライラなサマーよさらば!ロシア軍特殊部隊に学ぶ、夏のお悩み解消法

    また、夏がやってきてしまいました。もちろん、ビーチや避暑地などで過ごす夏はサイコー!ですが、夏の大半は学校やオフィスで、高温多湿のジメっとした空気に「夏なんか早く終わってしまえ!」とイライラしてしまう季節でもあるのです。 炎熱サマーのイライラ解消に、何かいい方法はないものか…と探していたところ、「ロシア軍特殊部隊の感情コントロール法」というフレーズが頼もしいメソッド「システマ」に出会いました。さ

  • 【梅雨時の体調不良を乗り切る!】チェリオのちょい足しレシピで体調不良を解消

    【梅雨時の体調不良を乗り切る!】チェリオのちょい足しレシピで体調不良を解消

    梅雨といえば、寒暖の差が激しいため体調不良による睡眠不足や風邪、うつ症状を引き起こしやすく、また湿気の高さから食中毒の危険性も高まる嫌なシーズン。今年はエルニーニョ現象の影響で長梅雨となり、梅雨明けも伸びるとも予報されているだけに、心身ともにやられてしまわぬよう対策が必要です。 そこで、ぜひ実践していただきたいのがチェリオのCST理論によるリフレッシュ。これは板チョコアイスならではの「Cool(

  • 【明日仕事だけどサッカーが見たい!】深夜早朝のワールドカップ観戦による睡眠不足対策を考える

    【明日仕事だけどサッカーが見たい!】深夜早朝のワールドカップ観戦による睡眠不足対策を考える

    いよいよ6月13日のブラジル対クロアチア戦から開幕する、2014FIFAワールドカップブラジル大会(以下W杯)。予選を勝ち抜いてきた世界の強豪国が、サッカー天下一の座をかけてめくるめくゲームを繰り広げる夢のような日々が続くわけですが、問題はその開催時刻です。日本からほぼ地球の裏側に位置するブラジルで行われる試合だけに、そのほとんどが深夜もしくは早朝にキックオフされるのです。以下、代表的なものをチ

  • アイスブレイクにアイスは有効か!? 脳科学的に検証してみた

    アイスブレイクにアイスは有効か!? 脳科学的に検証してみた

    アイスブレイク。ほう、アイスで、ブレイクですか――職場でおやつをとることにより、ヒラメキや集中が得られることはご存じの通り。我が「おやつハッカー」的にもピッタリのような気がします!さっそく、『アイスブレイク出会いの仕掛け人になる』(晶文社)の著書を刊行し、アイスブレイクの普及に努めている岐阜大学教育学部の今村光章教授を直撃してみました。「かみくだいて説明しますと、ワークショップや研修の冒頭に行わ

  • 新人注目! これであなたも差し入れマスター!デキる男に欠かせない「会議おやつ」のチョイステク

    新人注目! これであなたも差し入れマスター!デキる男に欠かせない「会議おやつ」のチョイステク

    職場でのおやつとして、特に重要な存在となるのが「会議でのおやつ」。若手のうちは、会議前におやつの買い出しを命じられることも多いと思うが、その際に何も考えずにチョイスをしていないだろうか?上司や先輩は、おやつのチョイスからも君の人柄やスキルをチェックしているもの。そこで今回は、「こいつなかなかやるな!」と思わせる、会議おやつの選び方を伝授しよう。公の場に用意されるおやつは、やはり誰もが納得するチョ

  • イチローも山中教授も実践!毎日同じことを繰り返す ルーティン構築をオフィスおやつで試してみた

    イチローも山中教授も実践!毎日同じことを繰り返す ルーティン構築をオフィスおやつで試してみた

    「作業効率をアップする」「タスクを整理する」「モチベーションを上げる」など、ライフハックのねらいは実に多彩。中でも、ビジネスパーソンが気になるのは「タイムマネジメント」ではないでしょうか。1日の勤務時間を有効活用し、アウトプットの密度を高めたいところです。そこにベストハックはないものか……そう思ってリサーチしていると、世界を舞台にする2人のハックが目にとまりました。そう、メジャーリーグのイチロー

  • 五月病は脳の淡蒼球のせい? 脳を騙してやる気を出す『のうだま』4つのスイッチを試してみた

    五月病は脳の淡蒼球のせい? 脳を騙してやる気を出す『のうだま』4つのスイッチを試してみた

    「この仕事やりたくないなー」と悶々としながらずるずる残業。あるいは「一限から出たくないなー」と甘えて朝寝坊。この時期、職場や学校に馴染めなかった人たちが発症しがちな“五月病”の典型例ですが、フレッシャーズならずとも「どうもやる気が出ない」という人は少なくないのでは?「でもそれ、あなたの精神がたるんでいるせいではありません」 そう慰めてくれるのは、東京大学大学院薬学系研究科教授の池谷裕二さん。池谷

  • 教えて! 澤口先生 5月病に負けない 乱れたメンタルを整える脳科学ハック

    教えて! 澤口先生 5月病に負けない 乱れたメンタルを整える脳科学ハック

    新入生や新社会人が、キャンパスや職場で懸命に4月を乗り切り、ゴールデンウィークに一息ついたら、メンタルがガス欠で何だかやる気が出ない――それが「5月病」。やっぱり、環境の急激な変化が良くないのでしょうか?「いや、そればかりとは言い切れません。春や初夏にはうつ病になりやすい――これは全世界的な傾向なんです!」おっと、鋭い指摘をくれたのは脳科学者の澤口俊之先生。ジャカジャカ~ン、ジャカジャカ~ン♪『

  • 【CST理論第3回】上司に愛される「職場おやつ」の食べ方とは?

    【CST理論第3回】上司に愛される「職場おやつ」の食べ方とは?

    適度な糖分摂取や噛む動作が脳の働きに良い影響を与えるのは、すでにひろく知られている事実。そのため効率アップに役立つ「職場でのおやつ」も、以前に比べればだいぶん容認の傾向にある。参考記事:20代~50代にアンケートを実施!「職場でおやつ」はどこまでOK??とはいえコンサバな人間って、どの職場にも何人かはいるもの。たとえば外回りの帰りに買ってきたアイスをデスクで食べている姿を見て「今時の若者は職場で

  • 【CST理論第2回】20代~50代にアンケート調査を実施!「職場でおやつ」はどこまでOK??

    【CST理論第2回】20代~50代にアンケート調査を実施!「職場でおやつ」はどこまでOK??

    やる気や集中力が途切れそうになったときのリフレッシュ方法として、すでに定番となっている「おやつ」の摂取。机の引き出しなどにおやつを常備しているビジネスマンも決して少なくはない…と思われるのだが。自分では仕事に役立つ当たり前の行為と思っていても、職場という公の場では、やはり周囲の目が気になるもの。特に先輩や上司、そして異性が「おやつを食べているオレ」をどのように見ているのか、知っておきたいと考える

  • 【CST理論第1回】脳科学者・澤口俊之先生が語る――ひらめきをもたらす驚異のCST理論とは!?

    【CST理論第1回】脳科学者・澤口俊之先生が語る――ひらめきをもたらす驚異のCST理論とは!?

    商品開発にマーケティング、プロモーションに営業企画。どんなビジネスでも企画が必須。そして、企画立案にはインスピレーション、ひらめきが欠かせません。だけど、企画の神様は、どうやったら降りて来てくれるのか?ウンウン悩んでいる僕としては、ひらめきが舞い降りる仕組みをまず知りたい!脳科学者・澤口俊之先生に聞いてみましょう。「ひらめきは、脳内の膨大な情報が結びつき、生み出されるもの。重要な役割を果たすのは

  • <
  • 1
  • >