Daiki Kojimaさんの記事一覧

  • PowerPointで保存せずに閉じてしまったファイルを復元させる方法

    PowerPointで保存せずに閉じてしまったファイルを復元させる方法

    PowerPointを使ってプレゼン用スライドを作っていて、せっかく作り終えたのに保存せずに閉じてしまった……なんて経験はないだろうか?時間をかけて作ったスライドが無くなるのは相当悔しいはず。そこで本記事では、間違えてPowerPointを閉じてしまってもファイルを元通りに復元させる方法を紹介したい。 PowerPointを使ってスライドを作っているとき、新規文書を一度も保存せずに閉じてしまった

  • こんなオフィスで働きたい!シリコンバレーのオフィスデザイン集

    こんなオフィスで働きたい!シリコンバレーのオフィスデザイン集

     最近では、日本のオフィスもオリジナリティ溢れるオフィスが増えてきましたが、シリコンバレーのオフィスはもっと多くの目を丸くするようなオフィスがあります。GoogleやAppleのオフィスは、日本のメディアでもよく取り上げられていますが、他のオフィスはどのようなデザインなのでしょうか。 オンラインストレージサービスの「Dropbox」です。Dropboxのロゴが「開いた青い箱」ということもあり、オ

  • スライド作成で便利!PowerPointで背景を変更する方法

    スライド作成で便利!PowerPointで背景を変更する方法

     プレゼンのスライドを作る際に使うものとしてPowerPointがよく挙げられると思います。とはいえ初めて使う人にとっては、難しいツールかと思います。プレゼンのスライドは、視覚に訴えるので文字ももちろん重要ですが、背景も非常に重要です。背景と文字がイマイチ合っていないと見る側としては、見づらいものとなってしまいます。そうならないためにも背景の変更方法を覚えておきましょう。 1. 選択したスライド

  • 葬式で気をつけるべき服装マナー【靴編】

    葬式で気をつけるべき服装マナー【靴編】

     葬儀をはじめ、冠婚葬祭のさまざまなシーンにおける服装には決まりがあります。特に葬式の場では、きちんとした服装マナーが求められます。常識のない格好だと思われると故人には非常に失礼です。そして服装マナーとは、スーツやワイシャツだけでなく靴も含まれています。よく見えるところだけきちんとすれば良いわけではなく、靴にも配慮しなければ失礼にあたります。では、どのような靴を履けば良いのでしょうか。 靴の色、

  • 魅せるプレゼンスライドを作る上で必見の海外の素晴らしいスライド3選

    魅せるプレゼンスライドを作る上で必見の海外の素晴らしいスライド3選

     プレゼンのスライドを作成する上で参考にしておきたい海外のスライドを紹介します。世界中には、非常に魅力的なスライドが多くあります。デザインはもちろん、構成など参考に出来る点は多くあります。普段は日本のスライドを真似して作っているという人は、海外のスライドを参考にスライド作成してみてはどうでしょうか。 スカイブルーの背景にシンプルな書体のフォントがキレイなデザインとなっています。普通であれば非常に

  • プレゼンのスライド作成活きる!カッコいいデザインの無料テンプレート集

    プレゼンのスライド作成活きる!カッコいいデザインの無料テンプレート集

     今までパワーポイントやKeynoteのデザインテンプレートを使ってた人にオススメの無料テンプレート集を紹介していきます。実際、パワーポイントに元々入っているスライドだけでは、物足りないと感じている人は多くいます。そこで無料でテンプレートを使えるサイトを紹介します。 このサイトでは、無料のテンプレートを120種類ほど紹介しています。非常にシンプルなデザインのものから少し凝って作りたい時に便利なも

  • 【携帯からでも作成可能】スライドの作成に活用したい2つの便利なアプリ

    【携帯からでも作成可能】スライドの作成に活用したい2つの便利なアプリ

     最近は、スマホやタブレット利用者が増えてきています。今までは、パソコンのみでプレゼン用などのスライドを作成していましたが、携帯のアプリでも作成することが可能です。実際、携帯で撮った写真などを一旦パソコンに移してスライドを作るのは非常に面倒です。そこで、携帯でスライド作成が可能なアプリを紹介します。 このアプリでは、端末にQRコードを読み込ませるだけで、端末内の画像をパソコンの大画面でスライドシ

  • Keynoteで作ったプレゼン用のPDFファイルを圧縮する方法

    Keynoteで作ったプレゼン用のPDFファイルを圧縮する方法

     Keynoteで作ったプレゼン資料をPDFファイルにし、メールで大勢にファイルを送信したい場合、サイズを圧縮する必要があります。Keynoteのようにグラフィックの多いファイルは、メールで送るには大きすぎるという問題点があります。そこで、大きいファイルを圧縮する方法を紹介します。これを覚えておけば自分で作ったプレゼンのPDFファイルを簡単に共有することが出来ます。 1. 「アプリケーション」フ

  • Keynoteで作成したファイルをZip形式で圧縮する方法

    Keynoteで作成したファイルをZip形式で圧縮する方法

     Keynoteで作ったプレゼン用のファイルを小さく圧縮したり、複数のファイルを一つのアーカイブファイルにまとめることの出来る方法を紹介します。ファイル圧縮をすると簡単にメールでの送信やバックアップを行うことが出来ます。 1. 圧縮したいファイルを選択して、右クリック。 2. プルダウンメニューから(ファイル名)を圧縮するをクリック。 3. するとZipファイルが作成されます。 Zipファイルは

  • プレゼンにおいて伝わりやすい原稿を作るコツ

    プレゼンにおいて伝わりやすい原稿を作るコツ

     プレゼンの準備をする上でまず台本となる原稿を作るはずです。本番では、原稿を見ないからと言って安易に作ってしまうと良いプレゼンにはなりません。相手にしっかり伝えるプレゼンをするために原稿作りは非常に重要です。では、どのようなことに注意して原稿作りをすれば良いのでしょうか。 まずそのプレゼンのゴールを決めましょう。例えば「商品を買ってもらう」や「次にアクションを起こしてもらう」などゴール地点を定め

  • 講演で使える!相手を惹き付けるタイトルのつけ方

    講演で使える!相手を惹き付けるタイトルのつけ方

     講演など人前で何か話すとき注目させることは非常に重要です。注目させる上で重要なのが「タイトル」です。聞き手としては、タイトルから中身をイメージするので、タイトルがイマイチだと内容もイマイチだと思われてしまいます。人は、興味を持ってくれないときちんと聞いてくれません。自分の講演の注目度を上げるためにもタイトルのつけ方を意識しましょう。 惹き付けるタイトルのつけ方として、常識の逆をつくという方法が

  • プレゼンをする上で相手に伝わりやすい原稿の作り方

    プレゼンをする上で相手に伝わりやすい原稿の作り方

     プレゼンでは、どんなに素晴らしい提案内容であっても伝わらなければ意味がありません。発表する内容は、基本的に自分で作った原稿に沿っているはずです。つまり、原稿の出来がそのままプレゼンの出来に繋がります。相手に伝わりやすい原稿を作るためには、どんなことに意識すべきなのでしょうか。 原稿なので書き言葉で作る人がいますが、本番は読んでもらうのではなく、聞いてもらうので話し言葉を意識して作る必要がありま

  • 講演で上手く会場をまとめる挨拶の仕方

    講演で上手く会場をまとめる挨拶の仕方

    講演など人前でスピーチを行う場合、聴衆をまとめることが非常に重要になります。聞く姿勢が出来ていない中で話し始めても上手く伝わりません。そこで大事になってくるのが始めの挨拶です。始めの挨拶がしっかりしていれば聴衆をまとめることが出来、その後もスムーズに進むはずです。 これからスピーチを始めることだけでなく、その場に来てもらったことに対して感謝の意を伝える必要があります。 「本

  • Keynoteでのスライドのサイズの変更方法

    Keynoteでのスライドのサイズの変更方法

     Macを所有している人は、パワーポイントよりKeynoteを使っている人も多いのではないでしょうか。スライド作成をする機会が多くなれば、同じサイズのスライドだけでは足らなくなるはずです。そこで、スライドのサイズの変更方法を紹介していきます。 Keynoteを開くとテーマを選択する画面が開きます。その際にスライドのサイズを変更することが出来ます。右下にスライドのサイズという文字が表示されています

  • 講演で笑いを取って上手く注目させるコツ

    講演で笑いを取って上手く注目させるコツ

     講演やプレゼンでは、ただ自分の話したいことだけ話していると聞いている側としては飽きてしまいます。自分の講演に注目させるために笑いを取る事が挙げられますが、笑いを取るというのは、非常に難しいことです。では、笑いを取るコツというのは、何なのでしょうか。 笑いを取る上で使えるテクニックとして、自分の失敗談を入れることが挙げられます。失敗談で大笑いは、起きないかもしれませんが、表情がほころぶ程度で十分

  • 講演で聞きたいと思わせるタイトルの例

    講演で聞きたいと思わせるタイトルの例

     講演などを自分のスピーチ内容を全く知らない人たちに向けて行う場合、タイトルは非常に重要な役割を担っています。タイトルで惹き付けられないと内容を聞きたいと思わせるのは難しいでしょう。では、聞きたいと思ってもらうためにはどのようなタイトルをつけるのが良いのでしょうか。 ターゲットというのは、「誰に向けて」その講演を行うのかというものです。誰に向けて講演をするのか明らかにしておくことで、注意を惹くこ

  • 講演をする上で覚えておきたいスライドの適切な枚数

    講演をする上で覚えておきたいスライドの適切な枚数

    講演やプレゼンを行う際、多くの場合は制限時間が設定されていることだろう。しかし、いざ本番になると時間が足りない、あるいは時間が余るという経験をしている人がいるのではないか。時間通りにまとめるためには、スライドの枚数を意識しなければならない。今回は、スライド1枚あたりの適切な時間をみていきたい。導入や、自分の主張に入る前の説明などはスライド1枚あたり、90秒程度で話そう。1枚のスライドに90秒とい

  • スライドをKeynoteで作成する上で覚えておきたいアニメーションの種類

    スライドをKeynoteで作成する上で覚えておきたいアニメーションの種類

     最近は、Keynoteを使ってプレゼン用にスライドを作成する人が増えてきています。デザインなどを気にする人は、パワーポイントよりKeynoteを使っている人が多いでしょう。Keynoteを使う理由の一つとしてアニメーションの機能を挙げる人は多くいます。そこでKeynoteで使えるアニメーションについて説明します。 トランジションは、スライド間のアニメーションを指します。次のスライドへ移動するタ

  • プレゼンで失敗しないための原稿を覚える方法

    プレゼンで失敗しないための原稿を覚える方法

     プレゼンの本番といえば誰でも緊張するものです。しかし、緊張したからと言って話す内容を忘れても良いというわけではありません。原稿の内容はきちんと覚えておく必要があります。では、本番急に忘れないためにどう覚えれば良いのでしょうか。 まずは、資料を見ながら練習しましょう。この時に意識することは、一字一句覚えることではありません。書いてある内容を理解し、自分なりに言いやすい言い回しを考えることです。違

  • 講演で相手を惹き付ける話し方のコツ

    講演で相手を惹き付ける話し方のコツ

     講演など人前で話す時は普段一対一で話すのと違い、惹き付けるような話し方をしなければ飽きられてしまいます。聴衆は、一度飽きてしまうとその後はほとんど聞いていません。そうならないようにするために上手い話し方のコツを覚えましょう。 ただ情報だけを言われていても聴衆は飽きてしまいます。体験談を話す事で聞いている人の心に訴えることが出来、関心を持って聞いてくれます。体験談には、きちんとストーリーが確立し