清藤秀人さんの記事一覧

  • マクドナルドの創業者はホンモノか?ニセモノか?巨大バーガーチェーンの裏側に迫る企業ドラマ

    マクドナルドの創業者はホンモノか?ニセモノか?巨大バーガーチェーンの裏側に迫る企業ドラマ

    昨年度の総売り上げが24億ドル超、店舗数が3億店舗超、従業員数が375,000人と言われている、ファーストフード・チェーンのパイオニア「マクドナルド」。世界最大と呼ばれる理由が端的に分かる数字だ。 しかし、同社の創業者として記されている企業家のレイ・クロックが、実はマクドナルドを最初に開業した人物ではないのは周知の事実である。そのあたりの経緯を詳らかにするのが話題の企業ドラマ「ファウンダー ハン

  • 第2次大戦の沖縄戦線でモルヒネと点滴のみを武器に戦場を駆け抜けた米軍兵士がいた?

    第2次大戦の沖縄戦線でモルヒネと点滴のみを武器に戦場を駆け抜けた米軍兵士がいた?

    第2次世界大戦をテーマにしたいわゆる戦争映画には、傑作と呼ばれる作品が数多い。ノルマンディー上陸作戦に於いてたった1人の同胞を救出しようとする米軍中隊のミッションを描いた「プライベート・ライアン」(98、アカデミー賞5部門受賞)、ナチスドイツの迫害を逃れ生き延びたユダヤ人ピアニストの実体験に基づく「戦場のピアニスト」(02、アカデミー賞3部門受賞)、硫黄島の戦いを日米両サイドから検証する「父親た

  • 魔女はいかにして作られるのか? 衝撃のホラームービー「ウィッチ」のジャンル映画を超越した斬新さ!

    魔女はいかにして作られるのか? 衝撃のホラームービー「ウィッチ」のジャンル映画を超越した斬新さ!

    魔女=Witchは映画を面白くするキーアイテム。現在ヒット中の「美女と野獣」で美男子王子に呪いをかけて醜い姿に変えるのは魔女だし、「奥様は魔女」では魔法が夫婦生活の潤滑油になっていた。 しかしそもそも、魔女ってナニ? という根本的な疑問に答えるのがこの夏に公開される「ウィッチ」だ。 17世紀後半のアメリカ、ニューイングランドにはイギリスから入植した厳格な清教徒たちがコロニーを形成していた。彼らに

  • 6年ぶり「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作でシリーズ“最恐“の敵がジャック・スパロウと対決?

    6年ぶり「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作でシリーズ“最恐“の敵がジャック・スパロウと対決?

    前作「生命の泉」から6年、その間に新たな監督の人事や配役の擦り合わせなどが行われ、リフレッシュに向けて刷新が行われてきた「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第5作「最後の海賊」が、いよいよ今夏、待ちに待ったファンの前に提示される。物語は冒頭から急ピッチで進んで行く。かつてジャック・スパロウと共に冒険の旅を続けていたウィル・ターナーだったが、今は惨めにも呪いをかけられた身。そんな父親を解放す

  • Netflixから世界同時配信間近!! 来日したブラッド・ピット最新作は映画の未来を変えるか?

    Netflixから世界同時配信間近!! 来日したブラッド・ピット最新作は映画の未来を変えるか?

    プラッド・ピットが最新主演作をオンラインストリーミングサービスの最大手「Netflix」で製作、そして、全世界同時配信するというニュースが流れた時、映画ファンはかつてない程時代の変化をリアルに痛感したはず。 今もハリウッドを代表するアイドルスターが劇場からデジタル配信へ舵を切ろうとは? しかし、発表通り作品は完成し、世界同時配信開始日、5月26日までいよいよカウントダウンが始まった!さて、注目の

  • ルーズなスーツにフェルトハット。20年代ファッション炸裂のベン・アフレック主演作「夜に生きる」

    ルーズなスーツにフェルトハット。20年代ファッション炸裂のベン・アフレック主演作「夜に生きる」

    実弟のケイシー・アフレックが「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(先週から全国で公開中)でオスカーに輝いたことで、若干影が薄いベン・アフレックだが、彼が「アルゴ」(12)以来5年ぶりに製作・監督・主演を務める最新作「夜に生きる」は、俳優としてのアフレックの“類い希な”個性が生かされたノワール映画に仕上がっている。 舞台は禁酒法時代のアメリカ。アフレック扮する主人公、ジョーのモノローグで始まる物語は

  • 映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の舞台は、この夏イチオシの観光スポットだった!!

    映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の舞台は、この夏イチオシの観光スポットだった!!

    2月にアカデミー賞(R)が発表されてから、すでに3カ月。その間、日本では「ラ・ラ・ランド」、「ムーンライト」と主要関連作品が次々に公開されて、そろそろ授賞式の興奮も過去の出来事になりかけたこの時期に、オスカーの冠に関係なく、作品のクオリティのみで勝負できる映画が公開される。今年のアカデミー主演男優賞と脚本賞に輝いた「マンチェスター・バイ・ザ・シー」だ。映画のテーマはずばり“挫折からの復活”。それ

  • 宇宙のワケあり軍団はハートウォーミング?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

    宇宙のワケあり軍団はハートウォーミング?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

    シリーズ累計興収が1兆円を突破し、さらなる上乗せは確実な「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオだが、同社の作品中、アメコミ&映画ファンの間で一際賛同者が多いのは、全然ヒーローらしくない宇宙のはぐれ者集団が悪を挫く「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だろう。その続編「リミックス」は、型破りな上に意外にもハートウォーミングなSFヒューマンアクションとしてセットアップされた。今回もガーディア

  • 質量ともに前作を凌駕!! キアヌ・リーヴスの殺し屋、ジョン・ウィックが返って来る!

    質量ともに前作を凌駕!! キアヌ・リーヴスの殺し屋、ジョン・ウィックが返って来る!

    絶対にくたばらない不死身の殺し屋、ジョン・ウィックが2年ぶりに降臨!! それも、前作より数段アップデートされて! キアヌ・リーヴスが久々にアクションのフィールドに戻って来たヒット作の続編は、観客を一瞬たりとも退屈させないというキアヌも含めた作り手側の弛まぬ献身が、全編に漲っている!そう、待望の「ジョン・ウィック:チャプター2」は、冒頭から車に体当たりを食らって地面に叩きつけられたジョン=キアヌが

  • トム・ハーディが全裸で演じた危険な歴史ドラマ「TABOO」が日本放送開始間近!

    トム・ハーディが全裸で演じた危険な歴史ドラマ「TABOO」が日本放送開始間近!

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)の寡黙で献身的なロードウォリアーぶりが記憶に新しいイギリスのセックスシンボル、トム・ハーディが、巨匠リドリー・スコット率いるプロダクションカンパニー、Scott Free London と共に製作し、主演も兼ねるドラマシリーズ「TABOO」。今年1月にイギリスBBCでシーズン1が放送された際、初回視聴者数が700万人を突破し、すでにシーズン2の製作も

  • ポール・ウォーカーの遺志を継ぎ、原点回帰の「ワイルド・スピード」最新作は前作を超えられるか?

    ポール・ウォーカーの遺志を継ぎ、原点回帰の「ワイルド・スピード」最新作は前作を超えられるか?

    カーアクション・マニア垂涎の人気シリーズが返ってきた!! 数えてシリーズ8作目になる「ワイルド・スピード ICEBREAK」は、荒唐無稽を突き抜ける空前の地対空アクションに、シリーズの原点であるストリート・カー・アクションのリアリティも同時に搭載して、またも前作を超えるヒットを目論んでいる!?ヴィン・ディーゼル扮するストリートレーサー・チーム、人呼んで“ファミリー”のボス、ドミニクが、キューバの

  • アメリカとメキシコの国境周辺で今何が起きているか?異色サスペンス「ノー・エスケープ」の恐怖度

    アメリカとメキシコの国境周辺で今何が起きているか?異色サスペンス「ノー・エスケープ」の恐怖度

    トランプ大統領が就任前から公約に掲げていたメキシコ国境の壁建設計画。あれ以来、世界情勢は目まぐるしく変化し、壁建設自体も資金難から前進を見ていないが、今も国境付近ではメキシコからの不法移民と、彼らを取り締まるアメリカ国境警備隊、及び、一般市民で構成された自警団がジリジリするような持久戦を展開している。そんな絶望的な現実をベースにした映画が近く公開される。「ノー・エスケープ自由への国境」は、富める

  • 【映画】Google Earthで我が家を特定し25年ぶりに帰宅した青年の実話が持つ説得力とは?

    【映画】Google Earthで我が家を特定し25年ぶりに帰宅した青年の実話が持つ説得力とは?

    アフリカの北部、ポートサイドから南アフリカのダーバンまで、家を焼かれ、両親を亡くした10歳の少年、サミーが、磁石を頼りにアフリカ大陸を南下していく「サミー南へ行く」(64)以来、少年が途中様々な苦難を乗り越え“ホームカミング”を目指す物語は、小説や映画のひとつのジャンルとして位置付けられてきた。しかし、今週公開される「LION/ライオン 25年目のただいま」は副題にある通り、主人公が帰還するのは

  • 96分間の全編すべてが一人称視点で展開するロシア発新POV映画「ハードコア」の凄さ!!

    96分間の全編すべてが一人称視点で展開するロシア発新POV映画「ハードコア」の凄さ!!

    2014年にYouTubeで500万回以上再生された7分間の映像が、やがて、クラウドファンディングによって製作費の目標額である25万ドル以上を達成し、劇場用長編映画「ハードコア」として完成。翌年のトロント映画祭で見事観客賞を獲得してしまう。 そんなSNS時代の映画製作を絵に描いたような作品は、なぜ、それ程までに人々を熱狂させたのか? 原因は、96分間を通して一人称視点=FPS(ファースト・パー

  • ヒュー・ジャックマンの「ウルヴァリン」はこれで見納め。感動と共に終わる“人間ドラマ”の味わい方

    ヒュー・ジャックマンの「ウルヴァリン」はこれで見納め。感動と共に終わる“人間ドラマ”の味わい方

    ミュータント=突然変異体という新鮮なワードを広めるきっかけにもなった「X-MEN」(00)から、すでに17年の月日が経ってしまった。そして、同シリーズが生んだ魅惑のキャラ、ウルヴァリンことローガンも、人並みに時間の洗礼を受け、今や生きる目的を喪失している。そんな終末ムード満載の中で語られるスピンオフの最終章が、タイトルもずばり「LOGAN/ローガン」だ。 数あるマーベルヒーローの中でも、怒りを感

  • 異星人が人類に伝えようとする「メッセージ」とは? SF映画史に新たな足跡を刻む傑作、登場!!

    異星人が人類に伝えようとする「メッセージ」とは? SF映画史に新たな足跡を刻む傑作、登場!!

    人類とエイリアンのコンタクトを様々な設定と方法で描いてきたSF映画史に、新たな足跡を刻む傑作が登場した。今年のアカデミー賞(R)で堂々8部門にノミネートされた「メッセージ」だ。ある日突然、地球のあちこちに楕円形を縦に置き換えたような形状の真っ黒な宇宙船が現れ、人々がパニックに陥っている様子は、エイリアン=人類の敵と見なした「インデペンデンス・デイ」(96)を彷彿とさせる。 反面、宇宙船が地上すれ

  • キノフィルムズが配給する、今年上半期の話題作「パトリオット・デイ」が描くテロ現場のリアル!!

    キノフィルムズが配給する、今年上半期の話題作「パトリオット・デイ」が描くテロ現場のリアル!!

    木下工務店等を傘下に置く木下グループの映画製作・配給会社、キノフィルムズは2011年の会社設立以来、数多くの名作、問題作を市場に送り出してきた。ジュリアン・ムーアが若年性アルツハイマー患者を演じて悲願のアカデミー賞(R)に輝いた「アリスのままで」等の配給作品から、製作・配給を担当して国内外の映画賞を総ナメにした日本映画「団地」まで、カバーして来たジャンルは多岐に渡る。そのキノフィルムズが2017

  • エマ・ワトソンが自然体で演じ、歌う「美女と野獣」実写版は単なるデートムービー以上?

    エマ・ワトソンが自然体で演じ、歌う「美女と野獣」実写版は単なるデートムービー以上?

    アニメ映画史上初のアカデミー作品賞候補作として映画史に名を刻む「美女と野獣」(91)。同作の史上初は他にもある。興収が1億ドルを突破した初のアニメ映画であり、また、ウォルト・ディズニー製作のアニメ映画として初めて舞台ミュージカル化され、ブロードウェーで13年のロングラン記録を樹立している。これに追随する形で「ライオン・キング」「リトル・マーメイド」「アラジン」とディズニー・アニメの舞台化が相次

  • 中国企業とハリウッドの蜜月を象徴する超大作「グレートウォール」が示すハリウッド映画の未来とは?

    中国企業とハリウッドの蜜月を象徴する超大作「グレートウォール」が示すハリウッド映画の未来とは?

    中国企業のハリウッドへの参画、進出はエスカレートするばかりだ。もはや“爆買い”は世界最高峰のエンターテインメント界をも席巻しつつある。そんな中国企業の中で近年最も果敢にM&Aを行っているのが不動産大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)だ。2012年にアメリカの大手映画館チェーン、AMCの買収に成功した同社が、昨年、「GODZILLA ゴジラ」(14)をヒットさせた製作会社、レジェンダリー・エンタ

  • 映画「キングコング」の最新作で盛り上がる広背筋と地響き伴う唸り声を視覚と聴覚でとらえよう!!

    映画「キングコング」の最新作で盛り上がる広背筋と地響き伴う唸り声を視覚と聴覚でとらえよう!!

    数多ある怪獣映画の中で燦然と輝く先駆的作品と言えば、1933年に製作された「キング・コング」であることに疑う余地はない。 その後に続くリメイク作品は、ほぼすべて、文明に翻弄される“キング・オブ・モンスター”の怒りと哀しみを描いてきた。では、今、この時代にコングを蘇らせるとしたら、どんな設定が相応しいのか? 思いを巡らせたハリウッドが、またも怪物の降誕を告げる。それが「キングコング 髑髏島の巨神」