Rikaco Miyazakiさんの記事一覧

  • この無骨さを待ってた。HIGHTIDEのインダストリアルな収納グッズに男心がくすぐられる!

    この無骨さを待ってた。HIGHTIDEのインダストリアルな収納グッズに男心がくすぐられる!

    ドラマでもよく出てくる工場や倉庫のようなインダストリアルな部屋。自分だけの秘密基地っぽい半屋外のような雰囲気には、やはり男心をくすぐられるものがあるはず。画像アイテムの詳細を見るガレージ風の部屋に欠かせない、倉庫にありそうなデザインの収納グッズ。そんなアイテムを取り揃えているのが、九州発のステーショナリーメーカー「HIGHTIDE(ハイタイド)」だ。オリジナルの文具や雑貨だけでなく、インポートア

  • 秋の大本命は、UNITED TOKYOの名品トレンチで確定!

    秋の大本命は、UNITED TOKYOの名品トレンチで確定!

    秋から春まで使える定番アウター「トレンチコート」。 着こなしのバリエーションからそのシルエットまで、大人のスタイリングにぴったりの定番服は男女問わず多くの人から愛されている。UNITED TOKYOから国産にこだわったトレンチコートを一足先にチェックしよう。画像アイテムの詳細を見る思ったよりも薄くて、冬は着ることができなかった……というアイテムの多いトレンチコート。UNITED TOKYOの新作

  • あの上司も部下も「文章」で自由自在に操れる?メンタリストDaiGoが指南『人を操る禁断の文章術』

    あの上司も部下も「文章」で自由自在に操れる?メンタリストDaiGoが指南『人を操る禁断の文章術』

    「俺、文章書くの得意なんだ!」 そんなことを堂々と胸を張って言えるビジネスパーソンはどれほどいるだろうか。文章を生業にしているライターや小説家ならまだしも、営業や接客など、文章メインではない職種の人にとっては苦手意識があるかもしれない。しかし、どんなビジネスパーソンであれ“文章”との縁は切り離せない。 ビジネスシーンならばメールや社内チャット、企画書。プライベートでもLINEのやりとりやSNS投

  • 大切なスマホをおしゃれに守る! 海やプールで使えるROOT COの防水スマホケース

    大切なスマホをおしゃれに守る! 海やプールで使えるROOT COの防水スマホケース

    海に、プールに、アウトドアに……夏のレジャーシーンはスマホの故障の原因になる“水”との接近が不可避!大切なスマホが浸水して、思い出の写真や動画がバックアップしていないがために全部消える——そんな悲劇に遭遇しないために、おしゃれに防水できるスマホケースを紹介したい。画像アイテムの詳細をチェック!「もっと水を楽しむために」作られたケースは、コーデュラ素材で作られた頼り甲斐のあるタフなアイテム。引き裂

  • 一瞬で“首元”に艷やかさを身につける、大人のネックレス選び方

    一瞬で“首元”に艷やかさを身につける、大人のネックレス選び方

    ジャラジャラと大振りなネックレスは、ちょっとチャラついたイメージがあって苦手。そんなイメージはきっと男女共通認識。けど、せっかくの夏ファッションなのに首元がガラ空きなのはなんだか勿体無い。大人の男性たちが知っておきたい、つけるだけで艶っぽさを身に纏えるネックレスたちをウォッチしよう。画像アイテムの詳細を見る“年相応”のスタイリングをしている人は、魅力的に見えるもの。大人の男性には、チェーンが短め

  • いつまでも働く人に愛される吉田カバンの優秀ビジネスバッグ

    いつまでも働く人に愛される吉田カバンの優秀ビジネスバッグ

    ビジネスマンの相棒“ビジネスバッグ”。使えば使うほど愛着が湧いてくるアイテムだが、角から磨耗してしまったり、擦り傷ができてしまったりと、徐々に見た目が悪くなっていってしまう。できることなら愛着のあるバッグを手放さず、長く使いたい。そんな願いに応えるのが、丈夫で長持ちする吉田カバンのビジネスバッグだ。画像アイテムの詳細を見る「壊れない」「長く使える」というユーザーの声も多い吉田カバンのアイテム。今

  • 旬は“アンクル”見せ! ローファーにも最適な脱げにくいフットカバー特集

    旬は“アンクル”見せ! ローファーにも最適な脱げにくいフットカバー特集

    ローカットスニーカーやローファーなどの浅履きシューズが今のトレンド。シューズを買って満足していたら、その浅さにマッチした靴下がないことに気づいて慌てた経験がある方もいるのでは?旬の着こなし「アンクル見せ」は、短めソックスを揃えるところから始めよう。今回ピックアップしたのは浅めのシューズでも、足首のところから靴下から見えないようなアイテムたち。素足で履いているような見た目を叶えてくれるソックスを見

  • 絶妙なサイジングでヘビロテ確定! MYSTERY RANCHのブーティバッグ

    絶妙なサイジングでヘビロテ確定! MYSTERY RANCHのブーティバッグ

    普段小さいバッグで過ごしていると困るのが「レジャーシーン」。レジャーにしては綺麗めすぎたり、荷物が入らなかったり……と、普段リュック派じゃない男性にとって悩みどころだ。今回は普段リュック派ではない男性もスタイルに入れやすい、MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)のブーティバッグを見てみよう。画像アイテムの詳細を見る世界的にも有名なパック・デザイナー、デイナ・グリーソン。彼は自身のブランド

  • 今すぐ真似したい!“オシャレ部屋”の決め手はインテリア感覚で楽しめるスピーカーだった

    今すぐ真似したい!“オシャレ部屋”の決め手はインテリア感覚で楽しめるスピーカーだった

    部屋という自分だけの空間。音楽という相棒がいるだけで、その空間の色合いはガラリと変化する。そんな音楽を流すスピーカーにはやはりこだわりたいもの。部屋の主役となるようなデザイン、かつ高音質の豪華なスピーカーを紹介したい。画像アイテムの詳細を見るおしゃれな部屋には主役となるアイテムが1つある。ソファであったり、テレビ台であったり、それは人それぞれ。まだ主役が決まっていないシンプルな部屋にはぜひ「これ

  • 都会的なビジネスマンを演出する「worm design lab」3WAYバッグ

    都会的なビジネスマンを演出する「worm design lab」3WAYバッグ

    最近ではアウトドアブランドが3WAYのビジネスシーンでも使えるバッグをリリースするなど、ビジネスとデイリーの境界がぼやけてきている。そんな時代でのバッグ選びは、その人のセンスが垣間見えてしまうもの。都会で働くビジネスパーソンたちに、時代に流されないユーティリティなアイテムをリリースしているブランド「worm design lab(ワームデザインラボ)」の3WAYバッグをおすすめしたい。画像アイテ

  • 夏の大定番ボーダーを今っぽく! 大人のためのコーディネート集

    夏の大定番ボーダーを今っぽく! 大人のためのコーディネート集

    定番「ボーダー」のアイテムは、1枚あるだけで夏らしさを纏える優秀アイテム。 しかし、使いやすいが故に学生っぽくなってしまう……という問題点があるのがボーダーの難しいところ。今回は定番のボーダーアイテムを今っぽく、それでいて大人らしく使いこなしたコーディネートを見てみたい。画像アイテムの詳細を見る細ピッチのボーダーに流行りの小物を合わせたスタリング。全体をネイビーでまとめつつ、足元はスポサンで抜け

  • 3ステップで「ノー」を「イエス」に変える方法:『まんがでわかる 伝え方が9割』

    3ステップで「ノー」を「イエス」に変える方法:『まんがでわかる 伝え方が9割』

    「なかなかクライアントとの交渉がうまく進まない」「企画書が通らない」「プレゼンがうまくいかない」——物事の“伝え方”に悩んでいる人は少なくないだろう。今回は、そんな悩める社会人にヒントを与えてくれると評判の『まんがでわかる 伝え方が9割』を紹介したい。多忙を極めるビジネスパーソンは、読みたい本が何冊もあるが全て読みきれない……というのが現実だろう。最近では「あのビジネス書、すごく流行ったなぁ」と

  • Hanesだけじゃない。知らなきゃ損するパックTブランド「FRUIT OF THE LOOM」

    Hanesだけじゃない。知らなきゃ損するパックTブランド「FRUIT OF THE LOOM」

    空前の無地Tブームが巻き起こっているレディースファッション。そんなブームが飛び火して、メンズファッションでもパックTが注目されている。中でも1901年創業のブランド・Hanes(ヘインズ)のパックTは、男女共に大ブレイク。シンプルさとネームバリューで人気のヘインズに対抗して、個性のあるパックTをリリースしているブランド「FRUIT OF THE LOOM」をチェックしたい。画像アイテムの詳細を見

  • オトコの部屋に穏やかな時間を創造する、センスのいい間接照明

    オトコの部屋に穏やかな時間を創造する、センスのいい間接照明

    ふんわりとした光は暖かく、それでいて懐かしさを感じさせる。部屋という“自分だけの空間”にあるだけで、なんとなく穏やかな気持ちにしてくれるアイテムが間接照明だ。穏やかでいて、おしゃれ。そしてどこか色気を感じさせる部屋を間接照明で演出しよう。アイテム詳細を見るスタンドタイプの間接照明とは異なる、おしゃれなデザインのアイテムたちを見てみよう。プロダクトデザイナー・小池和也氏とHIGHTIDEの共作で完

  • え、差し色使ってないの? 知らなきゃ損する真夏の脱・無難コーデ術

    え、差し色使ってないの? 知らなきゃ損する真夏の脱・無難コーデ術

    シンプルな無難コーデは、きれいなスタイリングで誰からも印象がいいかもしれない。しかしそれはあくまで「無難さ」を感じるだけで、「おしゃれ」ではない。2017年の秋に注目されている“差し色”を真夏のコーデに取り入れて、オフ日のスタイリングを思いっきりおしゃれにしてみよう。画像アイテムの詳細を見る脱・無難を叶えてくれる差し色アイテムには、いくつか共通点がある。そこで今回は、5つの定番ファッションアイテ

  • 突然の来客でも慌てない!大人のためのメンズルームウェア

    突然の来客でも慌てない!大人のためのメンズルームウェア

    学生時代のジャージや運動着をルームウェアとして使っている男性読者に伝えたい。「もしかしてそれ、部屋に女性が来たときも着てる……?」正直なところ、学生時代のジャージを大人になっても部屋着にしている男性には嘆息を漏らしてしまう。大人の男性として恥ずかしくない、夏のルームウェアをチェックしよう。アイテムの詳細を見る家に部屋着用のTシャツはいっぱいあるから、ボトムスがあればいい!という男性には汎用性の高

  • 今のトレンドは“堅牢な黒”! オトコたちが夢中になるG-SHOCKの世界

    今のトレンドは“堅牢な黒”! オトコたちが夢中になるG-SHOCKの世界

    堅牢なアイテムに男は何故か惹かれてしまう。やはり“強いもの”というのは、どんな時代でも男心をくすぐるもの。ゴツゴツとした見た目と、その堅牢さでメンズの定番腕時計となったG-SHOCKの“イマ”を追ってみよう。画像アイテムの詳細を見る構造、素材、機能。その全てがタフな腕時計を目指し、1981年に「プロジェクトチーム・タフ」が結成。2年間、200個を超える試作が繰り返された。1983年、ブランドのコ

  • 往年の名作モデルが続々復刻! 40周年を迎えたGREGORYのバックパックを着る

    往年の名作モデルが続々復刻! 40周年を迎えたGREGORYのバックパックを着る

    1977年、アメリカ・サンディエゴでバックパック専門店としてスタートした「GREGORY(グレゴリー)」。バックパックは背負うものではなく着るものだ(Don't carry,wear it.)——そんな魅力的なコンセプトを基に作り出されるバックパックは、ものづくりへの情熱がこもったものばかり。機能性やフィット感、耐久性など、

  • 真夏のアウトドアで主役になれるユニークなスピーカー「PLAYFUL BASE」

    真夏のアウトドアで主役になれるユニークなスピーカー「PLAYFUL BASE」

    キャンプ、BBQ、海、山登りなどのアウトドアレジャーが催される季節が到来!刺激的で楽しいレジャーシーンには、やはり盛り上げ役が必要不可欠。いつもとは違う空間づくりをしてくれるユニークなスピーカーで、今年はみんなの視線を奪ってみよう。アイテムの詳細を見る仲間同士の時間に音楽があると、より一層雰囲気が明るくなって楽しくなる。そんなムードメーカー的存在に、様々な機能を加えたのが「PLAYFUL BAS

  • オシャレな人は知っているECCOのメンズサンダルで、違いを見せつけろ

    オシャレな人は知っているECCOのメンズサンダルで、違いを見せつけろ

    快適な履き心地とコーデのしやすさから、ファッションアイテムとして市民権を得たスポーツサンダル。みんなと同じで定番のものもいいけど、オシャレな人に「それどこの?」と聞かれるような個性的なものはやっぱり魅力的。そんな個性のあるアイテムが、マジョリティがまだ知らないシューズブランド「ECCO(エコー)」にある。画像アイテムの詳細を見るその履き心地もさることながら、素材には高品質レザーを採用。質のいいシ