M.K.さんの記事一覧

  • 外食産業に特化した外国人採用支援サービス「外食人材CREW」が登場  特定技能人材らを紹介

    外食産業に特化した外国人採用支援サービス「外食人材CREW」が登場 特定技能人材らを紹介

    株式会社ベジコープは1月15日から、外食産業の人材不足を外国人人材で解決する「外食人材CREW」の提供を始めた。ベジコープの主軸である外食産業向け産直野菜の卸事業から得た、レストランとのネットワークを活用したサービスだ。背景には、技能試験に合格してもビザの取得が困難という特定技能者の在留資格制度の課題がある。2019年4月に特定技能者の在留資格が始まったが、特定技能測定試験合格の割合に対して、就

  • 現役世代の57%、生活を「高速化したい」。20年前から大幅増、のんびりより“効率化”求める─博報堂「時間に関する調査」

    現役世代の57%、生活を「高速化したい」。20年前から大幅増、のんびりより“効率化”求める─博報堂「時間に関する調査」

    超高齢社会・100年人生・働き方改革・副業・時短商品・ナイトエコノミー・タイムシフトなど。最近、話題となっているキーワードに共通するテーマは「時間」。生活者の時間に関する意識や欲求は、どこに向かおうとしているのだろうか。博報堂生活総合研究所は1月15日、20~69歳の男女500人に「時間に関する意識調査」の結果を発表した。調査結果を20年前の1999年度との比較も含めて分析したところ、見えてきた

  • 大阪「SEKAI HOTEL」が地域周遊券「SEKAI PASS」の一般発売 地域の日常に溶け込んで

    大阪「SEKAI HOTEL」が地域周遊券「SEKAI PASS」の一般発売 地域の日常に溶け込んで

    大阪市の「SEKAIHOTEL」は1月15日(水)から、これまで宿泊ゲストのみに販売していた地域周遊パスポート「SEKAI PASS(セカイパス)」の一般販売を開始した。同社は地域に点在する空き家をリノベーションして客室に転換し、地域の日常に溶け込む体験を提供している。まち全体を宿と見立て、従来のホテルが持つ機能をまちなかに分散させた「まちごとホテル」がコンセプトだ。大阪市此花区と東大阪市にある

  • 世界6都市のデザイナーが山手線沿線に滞在して良さを発掘!「TOKYO SEEDS PROJECT」開催中

    世界6都市のデザイナーが山手線沿線に滞在して良さを発掘!「TOKYO SEEDS PROJECT」開催中

    JR東日本が、世界目線でまちの魅力を発掘・発信するプロジェクト「TOKYOSEEDS PROJECT 2019」を開催している。世界6都市のデザイナーが山手線沿線に滞在し、沿線の個性豊かなまちを駅で働く社員とともに体験。帰国前にその経験や体験を元に「世界目線でみたまちの魅力」や「まちの魅力を高めるコミュニケーションデザイン」を提案する。「TOKYOSEEDS PROJECT 2019」は、独立行

  • 観光タクシーの相乗りサービス「新潟トラベルシャトル」が実証実験を開始 AI活用で地域活性化を目指す

    観光タクシーの相乗りサービス「新潟トラベルシャトル」が実証実験を開始 AI活用で地域活性化を目指す

    タクシー相乗りアプリなどを運営する株式会社NearMe、JR東日本スタートアップ株式会社、新潟市を地盤とする万代タクシーの3社は1月18日(土)から、業界初という観光タクシー相乗りサービス「新潟トラベルシャトル」と実証実験を始める。新潟市の地域活性化に向けた取り組みで、AIなどの先端技術を活用して観光客の新たな選択肢を目指す。新潟市では地域活性化を目指して、先端技術を活用した実証事業を行う民間企

  • 多様化の時代を生きる“新しい若者”を理解して変化を予測せよ 「次世代ロールモデル研究セミナー」が開催

    多様化の時代を生きる“新しい若者”を理解して変化を予測せよ 「次世代ロールモデル研究セミナー」が開催

    株式会社大広と日本インフォメーション株式会社が2月27日(木)、東京都港区で「次世代ロールモデル研究セミナー」を共同開催する。多様性と向きあい次世代の若者たちを理解することで、現在、さらにはこれからの時代の変化と不変性の理解に繋げるセミナーだ。セミナーでは、ポストゆとり世代である新しい若者たちについて、2019年8月に実施した定量調査の分析結果や、高校生を対象に行ったデプスインタビューと生活実態

  • 2019年の自動車人気カラーは「 ホワイト」が9年連続1位 グレーが大躍進│アクサルタ調べ

    2019年の自動車人気カラーは「 ホワイト」が9年連続1位 グレーが大躍進│アクサルタ調べ

    アクサルタは1月15日、「2019年版世界自動車人気色調査報告書」を発表した。車体塗装色に関する人気色の調査は、結果からトレンドを特定し、消費者が望む自動車を販売できるよう支援することが目的。2019年の車体人気色のトップ3は、1位ホワイト・2位ブラック・3位グレーとなった。ホワイトは2011年から世界市場でトップの座を維持している。アクサルタは65年以上に渡り、車体塗装色に関する消費者の人気を

  • 【台湾】KYMCO、二輪販売台数で20年連続1位に  排出ガス規制対応車が人気

    【台湾】KYMCO、二輪販売台数で20年連続1位に 排出ガス規制対応車が人気

    台湾・高雄市に本社を置くKYMCO(キムコ:光陽工業)は1月10日、2019年の台湾二輪車市場における新車販売台数第1位を獲得したと発表した。2019年の年間販売台数は30万390台で、2000年から20年連続の記録という。販売シェアは33.3%を占めた。「KYMCO」は、スクーター・オートバイ・モビリティスクーター・ATV・UTV・ユーティリティービークル・電動アシスト自転車などを展開。196

  • 明治43年創業の農機メーカー・小橋工業とヒューマノーム研究所がスマート農業について共同研究を開始

    明治43年創業の農機メーカー・小橋工業とヒューマノーム研究所がスマート農業について共同研究を開始

    株式会社ヒューマノーム研究所(東京都中央区)と小橋工業株式会社(岡山市南区)は1月14日、AI・IoT技術を用いた高度な農業機械の開発に向けて共同研究契約を締結したと発表した。両社は今後、AIやIoTの技術を用いたスマート農業システムの構築を行う。提携の背景には高齢化に伴う農業従事者数の減少があり、生産性向上・作業効率化を行い持続可能な農業を実現することが急務となっている。農業従事者の高齢化など

  • GEEKSがプロゲーマーキャリア制度を設立  e-sportsチーム「GEEKS PRO GAMING」も

    GEEKSがプロゲーマーキャリア制度を設立 e-sportsチーム「GEEKS PRO GAMING」も

    2019年10月に「ゲーマー集団IT企業」として設立された株式会社GEEKSが、正社員向け制度「プロゲーマーキャリア制度」を今年1月10日から導入した。同時にe-sportsチーム「GEEKSPRO GAMING」も設立。「世界最強の兼業プロ集団」を目指す同社として、プロゲーマーへの道筋を明示化する制度が必要とされていたといい、自社プロゲーマーの活動を支援する施策として期待がかかる。「プロゲーマ

  • ブランディングテクノロジー社、ローカルビジネスを支援するデジタルマーケティングをパッケージ化 第1弾は歯科医院向け

    ブランディングテクノロジー社、ローカルビジネスを支援するデジタルマーケティングをパッケージ化 第1弾は歯科医院向け

    ブランディングテクノロジー株式会社は1月10日、中小企業のローカルビジネスを支援すべく、デジタルマーケティング施策のパッケージプランを公開したと発表した。第1弾の取り組みとして、歯科医院を対象に、商圏内で認知度を上げて集患数を増加するために歯科医院がやるべき施策をパッケージプラン化した。コンビニエンスストアよりも数が多いと歯科医院において、根拠に基づいたマーケティングを実践できている歯科医院は少

  • べトジェットエアが日本に5路線を新設 名古屋・福岡・鹿児島とハノイ・ダナン・ホーチミンを結ぶ

    べトジェットエアが日本に5路線を新設 名古屋・福岡・鹿児島とハノイ・ダナン・ホーチミンを結ぶ

    ベトジェットエアは1月13日、日本国内に新たに発着する5つの路線開設を発表した。ベトナム中部のリゾート地・ダナン市のフラマ国際会議場で行われたセレモニーには、副首相ヴォン・ディン・フエ氏・日越友好議会議員連盟会長である二階俊博自民党幹事長ら、両国の政治家らリーダーといった顔ぶれがそろったという。ベトジェットエアは、ベトナム最大の民間航空会社である。毎日400便以上を運航しており、ベトナム国内線だ

  • 【軽井沢】シェアの楽しさとプライベート空間を両立  ソーシャライジングホテルTWIN-LINE HOTELが開業

    【軽井沢】シェアの楽しさとプライベート空間を両立 ソーシャライジングホテルTWIN-LINE HOTELが開業

    カトープレジャーグループは、ソーシャライジングホテル「TWIN-LINEHOTEL KARUIZAWA JAPAN」を、4月30日(木)に長野・軽井沢にオープンする。ソーシャライジングホテルは、自分らしく仕事の質が向上できる環境を求める人々の声から生まれたホテルだ。「シェアして繫がりを楽しむ過ごし方」と「パーソナルな過ごし方」という対比した2つの過ごし方を両立する。テクノロジーの発展やグローバル

  • 企業向け海外地震レポートが創刊 各国の地震危険度ランキングや2カ月以内のM6.5以上地震危険度を掲載

    企業向け海外地震レポートが創刊 各国の地震危険度ランキングや2カ月以内のM6.5以上地震危険度を掲載

    過去の発生地震データを基に、将来の地震発生の傾向を解析している合同会社イイチロは1月14日、「企業向け海外地震レポート」を創刊した。「企業向け海外地震レポート」には、海外における地震発生動向の分析と、今後の地震危険度の各国別ランキング表示も含んでいる。国際的な企業活動が円滑に進むようバックアップすることが目的だ。国際的にビジネスを展開する各企業において、海外における地震の発生動向・M6.5以上地

  • 就職活動の地方格差をなくす 動画で気軽に就活ができるサービス「Flatto」がリリース

    就職活動の地方格差をなくす 動画で気軽に就活ができるサービス「Flatto」がリリース

    月間40万人の大学生が視聴する就活チャンネル「しゅんダイアリー」を運営する株式会社Diaryは1月8日、地方と都会の行動格差を埋める就活情報メディア「Flatto」をリリースした。「しゅんダイアリー」で紹介しきれない企業の様子や、全ての動画が視聴できない大学生向けの記事を閲覧できる。就職活動の情報格差をフラットにし、誰もが気軽にふらっと立ち寄れるサービスをとの想いから「Flatto」と命名されて

  • 青森県庁、リアルタイム言語処理による議事録自動作成システムを導入へ。職員負担を軽減目指す

    青森県庁、リアルタイム言語処理による議事録自動作成システムを導入へ。職員負担を軽減目指す

    株式会社イグアス(神奈川県川崎市)は1月9日、同社が運営する議事録作成支援システム「AIMinutes for Enterprise」を、青森県庁が全国の自治体で初めて採用したと発表した。青森県庁は、議事録作成業務の時間短縮・削減など庁内の業務改革として、2020年度中の本格導入を目指す。「AIMinutes for Enterprise」は、IBMのAI「IBM Watson」のSpeech

  • 障害者転職エージェント「ハッピー」本格稼働  創業者も身体障害

    障害者転職エージェント「ハッピー」本格稼働 創業者も身体障害

    障害者転職エージェント「ハッピー」は1月9日、東京都内を中心に本格的にサービスを始めた。創業者の山口徳二氏は、自身が身体障害者手帳を保持しており、いつでも安心して利用できる障害者転職エージェントを目指す。日本国内において、障害者の平均在籍期間は1社につき約3年と言われ、障害者雇用は「短期転職市場」と言っても過言ではない状況にある。先天的に障害を持っている人や障害受傷後の人と、健常者とでは働き方が

  • スマホ画面のスクショでギフト券がもらえる「スクショマネー」配信開始  企業のマーケティングを支援

    スマホ画面のスクショでギフト券がもらえる「スクショマネー」配信開始 企業のマーケティングを支援

    WEBマーケティング・プロモーション事業やインターネットサービスの開発・運営等を手掛ける株式会社Apassionateは1月8日、スマートフォンのホーム画面を撮影してお金がもらえるアプリ「スクショマネー」を公開した。「スクショマネー」は、手持ちのスマートフォンのホーム画面を撮影してアップロードするだけで、300円分のAmazonギフト券コードがもらえるというアプリ。収集されたスマートフォンのホー

  • 地域に点在する空き家を客室にするホテル「SEKAI HOTEL」が日経MJ賞 最優秀賞

    地域に点在する空き家を客室にするホテル「SEKAI HOTEL」が日経MJ賞 最優秀賞

    地域の空き家をリノベーションして宿泊施設に転換する「SEKAIHOTEL(セカイホテル)」は1月9日、2019年の日経優秀製品・サービス賞「日経MJ賞 最優秀賞」を受賞したと発表した。地域事業者と連携して運営する「SEKAIHOTEL」には、過疎化やオーバーツーリズムなどの問題解決への期待がかかっている。「SEKAIHOTEL」は、従来のホテルが持つ機能をまちなかに分散させた、街全体のホテル化(

  • 「配るマネジメント」とは?慶應大ビジネス・スクールでマネジメント特別講義の内容をまとめた1冊が発売

    「配るマネジメント」とは?慶應大ビジネス・スクールでマネジメント特別講義の内容をまとめた1冊が発売

    株式会社かんき出版は1月8日、髙木晴夫著「プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ」を発売した。髙木晴夫氏は、ハーバード大学ビジネススクールで学び、慶應義塾大学や法政大学のMBA(経営学修士)課程で「組織マネジメント」科目を長年にわたって教えてきた。本書は、髙木氏が慶應ビジネス・スクール生に向けて行った「マネジメント特別講義」の講義内容と質疑応答をまとめた著書だ。近年、働き方改革やダイバー