田部貴紀さんの記事一覧

  • バスケ界に新生あらわる!史上最強の老人コンビが、ストバスの若者を滅多打ちにする。その正体は…。

    バスケ界に新生あらわる!史上最強の老人コンビが、ストバスの若者を滅多打ちにする。その正体は…。

    公園にあるストリートバスケコートに現れた二人のおじいちゃんたち。車の中で若かりし頃の思い出に浸りながらバスケ観戦に来ました。すると「若者たちに俺たちも混ぜてくれ」と頼み込み始めます。周りにいる観客たちは苦笑いを浮かべるしかありません。「こんな老人たちがバスケなんかできるのか」と。若者たちの予感通り、二人のプレイはまるで蚊が止まるかのようにノロノロです。まるで女子小学生が体育でやるようなパス出しや

  • 鳥の巣がある木から電子書籍が入手できる!コロンビアの通信会社が仕掛けた「読書率向上」大作戦

    鳥の巣がある木から電子書籍が入手できる!コロンビアの通信会社が仕掛けた「読書率向上」大作戦

    南米で最も本を読まない国、コロンビア。その低い読書率を向上させるために、コロンビアの大手通信会社が立ち上がりました。そこで行われた施策が斬新すぎるとコロンビア国内で話題になり、国民の読書率を格段に向上させました。今回は、その取り組みを画像と動画で紹介していきます。舞台はどこにでもある公園です。その公園の木の下に、鳥の巣が設置してあります。鳥の巣の下には看板が。そこには...。「まず、言葉の木にア

  • “寄付”のデザイン。クレジットカードのスキャンに連動して、寄付の使い道がわかるデジタルサイネージ

    “寄付”のデザイン。クレジットカードのスキャンに連動して、寄付の使い道がわかるデジタルサイネージ

    寄付をしようと思っても、行動に移せる人は少ないでしょう。寄付をしたとしても、そのお金が何に使われているかわかりませんし、本当にそのお金が貧困に苦しんでいる人々のためになっているのかもわかりませんよね。そこでドイツの人権団体であるMisereorが、「デジタルサイネージ」と「クレジットカード」を使用して、寄付したお金の使い道がわかる新しい寄付の形をデザインしました。早速、動画と画像でみていきましょ

  • 街の音を集めて奏でるリミックス!コカ・コーラを開けるのが毎回楽しみになるミュージック

    街の音を集めて奏でるリミックス!コカ・コーラを開けるのが毎回楽しみになるミュージック

    コカ・コーラを開けると毎回聴こえてくる「シュッ」という音。この音は125年間、変っていません。この事実にもったいなさを感じた日本のDJ/InventorのJun Fujiwara氏が、ボトルを集音マイクとリミックスボトルに改造して、コカ・コーラ社とキャンペーンを展開したので紹介していきます。このキャンペーンを実現するには、集音マイクとレコーダーをボトルの中に入れます。これだけで、「Coca-Co

  • 【動画】過激すぎるペプシのドッキリ!失神寸前のターゲットは、暴走タクシーから降りられるのか…

    【動画】過激すぎるペプシのドッキリ!失神寸前のターゲットは、暴走タクシーから降りられるのか…

    もし今日乗るタクシーのドライバーが、有名なレーサーだったら...。そんなドッキリを仕掛けたのが世界的飲料メーカー「ペプシ」。アメリカの有名なレーサーであるジェフ・ゴードン氏を、刑務所から出てきたばかりのタクシードライバー役として起用しています。その内容を画像と動画でみていきましょう。今回のターゲットは、アメリカの自動車情報サイトのジャーナリストであるトラヴィス・オクルスキー氏。彼は一年前に放送さ

  • ナットからロボットまで―ホンダの65年を2分間で振り返る話題のCM「Honda “Hands”」

    ナットからロボットまで―ホンダの65年を2分間で振り返る話題のCM「Honda “Hands”」

    日本のものづくりの歴史を支えてきた自動車メーカー「HONDA」。もちろん、自動車だけではなくバイク、ボート、飛行機、ロボットなども製造、販売してきました。その「HONDA」から生み出された65年に渡る製品の歴史を、2分間で振り返ることができるCM動画をHonda UKが制作しました。「HONDA」の歴史は、ひとつの「ナット」から始まりました。このナットがさまざまな製品になっていきます。「誰でも乗

  • 「手を握られ、面接官が倒れ、救助活動に立ち向かう」世界中が驚愕したハイネケンのドッキリ採用面接

    「手を握られ、面接官が倒れ、救助活動に立ち向かう」世界中が驚愕したハイネケンのドッキリ採用面接

    サッカーのチャンピオンズリーグなどでスポンサーを務めている、オランダの大手ビール会社「ハイネケン」。「ハイネケン」では、履歴書よりも人柄を重視する採用スタイルをとっています。しかし、その特殊すぎる採用方法が世界中に驚きを与える内容だったので、画像と動画でみていきましょう。「TEST1:KICK OFF」面接官に握手を求められたと思った、候補者。しかし、「面接室まで案内するよ」と言われ、そのまま面

  • 【動画】ARアプリでドラえもんが動き出す?グリコのおまけ「動くぬりえ」が凄すぎる

    【動画】ARアプリでドラえもんが動き出す?グリコのおまけ「動くぬりえ」が凄すぎる

    8月8日に公開される映画「STAND BY ME ドラえもん」。この公開を記念して、グリコとドラえもんがコラボしたお菓子が販売されました。このお菓子のオマケ、専用アプリ「3Dぬりえ」と連動させると、塗絵のドラえもんが浮き上がってくるという優れものです。早速、画像と動画でみていきましょう。お菓子の箱の裏にドラえもんの塗絵が。この塗絵に自分の好きな色を塗ります。塗り終わったら、専用のアプリを起動。ア

  • 【動画】「絶対に目を離してはいけない…」わき見運転の恐怖を体験させる「フォルクスワーゲン」の実験

    【動画】「絶対に目を離してはいけない…」わき見運転の恐怖を体験させる「フォルクスワーゲン」の実験

    通勤時間や普段でも歩きながらスマホをいじっている人は、多いですよね。さらに、車の運転中に携帯を見てしまう人もいます。ついつい携帯を見てしまう気持ちはわかりますが、もし事故を起こしてしまったら...。そんな「わき見運転」をしてしまう人が、もう二度と運転中に携帯電話を確認しなくなる「フォルクスワーゲン」の実験を紹介していきます。「フォルクスワーゲン」のCMの撮影があると知らされて、映画館に集められた

  • 「ガムを噛んでる噛んでないでは、どちらが好印象?」一卵性双生児を使ったガムメーカーの社会実験

    「ガムを噛んでる噛んでないでは、どちらが好印象?」一卵性双生児を使ったガムメーカーの社会実験

    みなさんはガムを噛んでいる人と噛んでいない人では、どちらのほうが態度が悪いと思いますか?多くの人が「ガムを噛んでいるほうが態度が悪い」と思いますよね。しかし、海外のガムメーカーが行った社会実験によると、「ガムを噛んでいる人のほうが好印象」という結果が出されました。その実験がどのようなものなのか画像と動画でみていきましょう。この実験は、数組の一卵性双生児を集めて行われました。服装や髪型は、全く同じ

  • エスカレーターにしか乗らなかった人が、階段を使いたくなる斬新なアイデア「PianoStairs」

    エスカレーターにしか乗らなかった人が、階段を使いたくなる斬新なアイデア「PianoStairs」

    電車で会社に通勤する方の多くは、駅のホームへ向かうときに階段よりもエスカレーターを使ってしまいますよね。エスカレーターよりも階段を使うことで運動にもなります。しかし、どうしてもエスカレーターを使ってしまいがちです。そこで、進んで階段を使いたくなる、海外で生み出されたアイデアが斬新すぎるので紹介していきます。海外でも多くの人々が、階段よりもエスカレーターを使うのが実情でした。そこで考えられたアイデ

  • 仮想のペンギンが街中でお出迎え!サンシャイン水族館までエスコートしてくれるアプリ「ペンギンナビ」

    仮想のペンギンが街中でお出迎え!サンシャイン水族館までエスコートしてくれるアプリ「ペンギンナビ」

    近年、AR技術はかなり進歩しています。紙に描いた絵を実体化できるようになったり、漫画でしか表現できなかったものを実体化したりできるようになりました。その多くのAR技術の中から、今回取り上げるのが2013年のカンヌライオンズでシルバーライオンズ賞に輝いたARアプリ「ペンギンナビ」です。このアプリは、街中にペンギンたちが現れて、池袋のサンシャイン水族館までエスコートしてくれるアプリ。この「ペンギンナ

  • 世界初の「お米が買えるポスター」風景を即座に売り場へと変える画期的なアプリ「Rice-Code」

    世界初の「お米が買えるポスター」風景を即座に売り場へと変える画期的なアプリ「Rice-Code」

    青森県ではお米がなかなか売れない状況が続いていました。田舎に直接買いにくる人は、ほとんどいません。一方で、消費者もまた産地直送のお米を簡単に手に入れたいというニーズを持っていました。そこで、産地直送のお米を簡単に取り寄せることができる取り組みが、青森県の田舎館村で行われました。その取り組みの名前は「Rice-Code」。早速どのようなものかみていきましょう。「Rice-Code」は、田んぼアート

  • ドヤ顔で「紙は不要、タブレットで十分」という方へ!ペーパーレス信仰をうまく皮肉ったCM動画

    ドヤ顔で「紙は不要、タブレットで十分」という方へ!ペーパーレス信仰をうまく皮肉ったCM動画

    ビジネスからプライベートまで様々なシーンで活躍するタブレット端末。現在では、新聞や本に取って代わる存在になっています。なかには「紙を使うなんて」としたり顔で口にする人も。しかし、今回はそんなペーパーレスを皮肉ったフランスのCM動画を紹介していきます。「エマ?」の一言から、ドヤ顔でタブレット端末を進めてくる夫。そんな夫に非常にウンザりしていた妻。ある日、夫がトイレに入っているとトイレットペーパーが

  • 「あれ、ボタンがとれてる?」大事な商談前でもボタンが10秒で付けられる魔法の道具「tic」

    「あれ、ボタンがとれてる?」大事な商談前でもボタンが10秒で付けられる魔法の道具「tic」

    通勤中や仕事中にワイシャツのボタンが外れちゃうことってたまにありますよね。裁縫道具なんて持ち歩いているわけもありませんし、大事な商談前にボタンが取れていたら大変です。そんな状況を10秒で解決できる魔法のアイテムがありました。それが、今回紹介する「tic」。では、さっそく画像と動画で「tic」を紹介していきましょう。まずは、外れたボタンの片側から「tic」を挿入。カチッと音がなるまでしっかりとはめ

  • 車が水の上を駆け抜ける!日産が作った「水上プロジェクションマッピング」が海外で話題に

    車が水の上を駆け抜ける!日産が作った「水上プロジェクションマッピング」が海外で話題に

    日産カナダが行った2013年モデルの日産アルティマの告知プロモーション動画。プロジェクションマッピングの中でも、珍しいウォータープロジェクションを使用しています。告知プロモーションは、カナダの4都市(トロント、バンクーバー、オタワ、ハリファックス)で行われ、かなり迫力があったので、紹介していきましょう。水の中から日産アルティマが登場!エンジン音と水しぶきをあげながら走る映像は、かなり迫力がありま

  • 【動画】ショーウインドーの中に現れた、幻の美男美女。ホログラムで変わるファッションショーの未来

    【動画】ショーウインドーの中に現れた、幻の美男美女。ホログラムで変わるファッションショーの未来

    服を買いにいくと、よくマネキンが並んでいますね。でも、実際に試着してみると自分のイメージと違うことってありますよね。その問題を解決するために従来のマネキンでは表現しきれなかった「動きの中での衣服」というコンセプトでイベントが開催されました。ZOZOTOWNが主催するリアルファッションイベント「ZOZOCOLLE」のナノ・ユニバースのブースに登場した斬新なショーウインドー。ホログラムで投影された高

  • 【CM動画】誰もが思わず二度見する。スキンヘッドのおじさんが教える「仕事で一番大切なこと」

    【CM動画】誰もが思わず二度見する。スキンヘッドのおじさんが教える「仕事で一番大切なこと」

    仕事をしているとなにかに集中しすぎて、別の仕事が疎かになってしまうことってありますよね。そんなことないよという方は、まずはこちらの動画を見てください。一回目で気づいた方はいらっしゃるでしょうか?スキンヘッドの外国人が保険の注意を話している間に、バーテンダーの制服が4回も変わっていたことに。「どのタイミングで変わったの?」という方のために画像でおさらいしていきましょう。最初はバーテンダーのベストが

  • 【シャンプーはコンタクトケースの中?】スーツケースに全て収まる、話題の「神業収納テク」動画

    【シャンプーはコンタクトケースの中?】スーツケースに全て収まる、話題の「神業収納テク」動画

    出張のお供といえば「スーツケース」。出張に行く際には、スーツケースを利用する方が多いのではないでしょうか。しかし、行きはうまく荷物を収納できたのに、帰りは何故か全部の荷物が入らないなんてこともありますよね。そこで、今回は動画から「スーツケース」にうまく収納するコツを紹介しましょう。まずは、Tシャツなどの素材を小さく丸めて入れます。先にTシャツを入れることで、他の荷物のクッション代わりになるので、

  • コーヒーやエナジードリンクだけじゃない!眠気覚ましに有効なドリンクがあった

    コーヒーやエナジードリンクだけじゃない!眠気覚ましに有効なドリンクがあった

    深夜残業が続く場面で、睡魔と闘わなければならないときに心強い味方になってくれるのが、コーヒーやエナジードリンクですよね。しかし、コーヒーやエナジードリンクばかり摂取していると非常に危険です。それらの代わりになる飲み物があれば、いいと思いませんか?ここでは、コーヒーやエナジードリンク以外の眠気覚ましの飲み物を紹介していきます。まずは、コーヒーやエナジードリンクの過剰摂取がどれくらい危険なのかをみて