菊池喬之介さんの記事一覧

  • 安倍首相「憲法改正、2020年に施行目指す」:9条改正、教育無償化、具体的な改正要項を初めて語る

    安倍首相「憲法改正、2020年に施行目指す」:9条改正、教育無償化、具体的な改正要項を初めて語る

    安倍晋三首相は5月3日、東京都内で開かれた憲法改正を目指す市民集会に寄せたビデオメッセージの中で、憲法を改正し2020年の施行を目指す意向を表明した。18年秋の自民党総裁選での3選を前に、悲願の憲法改正に意欲を見せた形だ。これまで憲法改正に前向きな姿勢を見せてきた首相だが、具体的な日程まで踏み込んだ発言は初めて。保守系市民団体「日本会議」が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会などの改憲集会に

  • 【速報】フランス大統領選第1回投票、中道マクロン氏と極右ルペン氏が決選投票へ

    【速報】フランス大統領選第1回投票、中道マクロン氏と極右ルペン氏が決選投票へ

    4月23日(現地時間)、フランス大統領選の第1回投票が行われた。各メディアは中道、無所属で政治運動「アン・マルシュ(前進)」を率いるエマニュエル・マクロン氏と、極右政党「国民戦線」を率いるマリーヌ・ルペン氏が決選投票に駒を進めると報じている。フランス内務省によると、96%の開票段階でマクロン氏が23.9%、ルペン氏が21.4%。いずれの候補者も過半数の票を獲得することができなかったため、上位2人

  • 日経が驚愕の全自動配信サービス「決算サマリー」を開始:AI記者の実力を検証

    日経が驚愕の全自動配信サービス「決算サマリー」を開始:AI記者の実力を検証

    日常生活でAIのウエイトが、どんどん大きくなっていっている。先日、ネットで話題となったGoogleの自動絵画サービス「AutoDraw」をはじめ、人々を驚かせるAIのサービスが次々と登場しているのだ。クリエイティブ分野におけるAIの躍進は画像処理だけにとどまらない。扱うことが比較的難しいとされていた「文章」にもAIが進出。今年の1月、日本経済新聞が始めた「決算サマリー」では、企業決算が発表される

  • ネットでスポーツを観る時代、制するのはどのサービス?「DAZN」vs「スポナビライブ」徹底比較

    ネットでスポーツを観る時代、制するのはどのサービス?「DAZN」vs「スポナビライブ」徹底比較

    待ちに待ったプロ野球が開幕した。長いペナントレースを勝ち抜くお気に入りのチームの躍進を想像するだけで、胸が高鳴ってくる。今回、プロ野球開幕ということでペナントレースのお供として紹介したいのが、スポーツ特化型の動画配信サービス。昨年から本格化したネットを介したスポーツ中継の筆頭サービスである「DAZN」と「スポナビライブ」を比較したい。しかし、その潮流もスマホやタブレットなどでの視聴へと変わりつつ

  • KDDI、ソフトバンク、NTT…日本のITを牽引する3社の入社式あいさつ

    KDDI、ソフトバンク、NTT…日本のITを牽引する3社の入社式あいさつ

    今年もまた、各地で新入社員入社式が行われた。ある企業は体育祭を行い、ある企業は英語のみで進行するなど個性的な入社式が注目を集めた。 ただ、時代によって形式は変わろうと、その企業の経営者のスピーチは欠かせないもの。これから同志となる新入社員に経営者が送る熱いメッセージは、すでに社会で働いている人の心をも打つものがある。今回は急激に変化し続けるIT業界を引っ張る有名企業の入社式から、経営者のスピーチ

  • 新入社員のメンタルを削るNGワードTOP5を紹介! 尊敬される上司像には意外な共通点があった

    新入社員のメンタルを削るNGワードTOP5を紹介! 尊敬される上司像には意外な共通点があった

    もうすぐ四月。新入社員がやってくる季節だ。多くの新入社員が不安と期待を胸に職場にやってくる。同時に迎える社員、すなわち新入社員の上司となる人も同じ心境であるはずだ。 どうやって仕事を教えればいいのか、新入社員が働く環境をどう作ればいいのか、悩みの種は尽きない。若い人材を逃してしまわないためにも、若手社員の心に刺さってしまうワードは知っておきたい。ここでは、R-25、アイリサーチ調べの、27以下の

  • 紙タバコがなくなり、すべてが「iQOS(アイコス)」に? 受動喫煙対策によって激変するタバコ業界

    紙タバコがなくなり、すべてが「iQOS(アイコス)」に? 受動喫煙対策によって激変するタバコ業界

    ここ数年で、禁煙の流れが着々と進んでいる。2016年時点で国内の喫煙者の割合は19.3%。男性の喫煙率も29.7%と、初めて3割を下回った。さらに、2020年の東京オリンピックに向けて、政府は受動禁煙対策を推し進めている。歓迎する声が多い一方、愛煙家からは「どこでタバコを吸えばいいものか」と悲鳴が聞こえる。反タバコの流れの中、タバコメーカーも方針を世論に寄せてきている。世界最大のタバコメーカー、

  • テロ対策を推進するロンドンでテロ事件:国会議事堂前の襲撃で3人死亡、約40人負傷

    テロ対策を推進するロンドンでテロ事件:国会議事堂前の襲撃で3人死亡、約40人負傷

    ロンドンでも、恐れていたことが起こってしまった。奇しくも昨年のブリュッセルでのテロと同じ日付、現地時間の3月22日、午後2時40分(日本時間同11時40分)、日本でいう国会議事堂に当たるウェストミンスター近くが襲撃された。犯人はウェストミンスター橋を自動車で暴走。歩道に乗り上げ、次々と歩行者を無差別にはね飛ばした。その後、自動車は観光名所として知られる「ビッグベン」のすぐ近く、講義堂の柵にぶつか

  • 【最新】フォーブス誌の世界長者番付2017:トランプ相場でビリオネア数は史上初の2,000人突破

    【最新】フォーブス誌の世界長者番付2017:トランプ相場でビリオネア数は史上初の2,000人突破

    アメリカの経済誌「フォーブス」が2017年版の世界長者番付を発表した。今年はトランプ相場などの影響で、ビリオネア数が昨年の1,810人から233人増えて2,043人に。 2017年、世界でもっとも裕福な人たちはどのくらいの資産を持っているのか。早速、見ていこう。それでは、1位から発表。世界でもっとも裕福な人は、マイクロソフトの共同開発者、ビル・ゲイツ氏。その総資産は昨年の750億ドルからさらに

  • 脱石油狙うサウジアラビア国王にソフトバンク孫正義が猛アタック:10兆円ファンドのその先にみる野望

    脱石油狙うサウジアラビア国王にソフトバンク孫正義が猛アタック:10兆円ファンドのその先にみる野望

    サウジアラビアのサルマン国王が来日した。サウジアラビア国王の来日は1971年以来、実に46年ぶりのこと。しかも今回は総勢1,500名の大所帯。大手百貨店では爆買いを期待する声も多く、まさに“サウジ御一行様”といった扱いだ。そんなサウジアラビアに急接近する人物がいる。ソフトバンクグループの孫正義社長だ。昨年から見せる動向にはどのような意図があるのか分析していこう。よく知られているようにサウジアラビ

  • 【入門編】華やかでスモーキーな奥深いスコッチウイスキーの世界へ

    【入門編】華やかでスモーキーな奥深いスコッチウイスキーの世界へ

    近年のハイボールやジャパニーズブームで、人気が高まりつつあるウイスキー。お花見にウイスキーを持っていきたいという方も多いことだろう。そんなウイスキーブームと共に人気急上昇なのが、スコットランドで製造されるウイスキー「スコッチウイスキー」だ。ジャパニーズウイスキーの誕生の際にも、多く参考にされたというスコッチは、日本人からの人気も高い。今回は安いものから高いものまで様々ある中で、価格、フレーバー別

  • ホンダ「N-BOX」売上3ヶ月連続首位、好調の理由は「利便性と走り」にあった

    ホンダ「N-BOX」売上3ヶ月連続首位、好調の理由は「利便性と走り」にあった

    3月6日に発表された2月の車名別の新車販売台数で、ホンダの軽自動車「N-BOX」が3ヶ月連続の首位となった。近年の軽自動車の売上でもトップの地位を不動にしつつある。老若男女、幅広く支持されているN-BOX。何がユーザーを惹きつけるのか? N-BOXの人気の秘訣を探ってみた。N-BOXは通常モデル以外にも、N-BOXプラス、N-BOXカスタム、N-BOXカスタムプラスなどから選べる。N-BOXプラ

  • ビルゲイツ「あなたの仕事を奪うロボットに課税をするべき」:“新システム”を海外メディアで提言

    ビルゲイツ「あなたの仕事を奪うロボットに課税をするべき」:“新システム”を海外メディアで提言

    「ロボットに課税すべき」。これはマイクロソフトの共同創設者、ビル・ゲイツ氏が提唱するアイデアだ。ロボットやAIの急激な進歩によって、テクノロジーが人間の雇用を奪うという未来が現実味を帯びてきた。そんな中、テクノロジーの進歩によって生じる不平等や格差への脅威を唱える声も少なくない。今回は海外のWebメディア「Quartz」のインタビュー内で語った、ビル・ゲイツ氏の「ロボットが雇用を奪う未来」への考

  • 優秀な学生は日本の大学から離れていく:2020年導入テストは「教科別」を廃止?

    優秀な学生は日本の大学から離れていく:2020年導入テストは「教科別」を廃止?

    日本の大学の没落が止まらない。タイムズイヤーエデュケーション(THE)が発表した2016-2017の世界大学ランキングでトップ200にランクインしているのは、東京大学と京都大学の2校だけ。少子化によって定員割れや募集停止、閉校になる大学も珍しくない。そんな中、文部科学省から早稲田大学への組織的な天下りの疑惑など、大学に関する明るい話題は少ない。日本国内の大学の評価は滑落の一途を辿っている。大学の

  • 作り上げられた「最高の国での普通の生活」:北朝鮮の裏を暴く記録映画『太陽の下で』をクローズアップ

    作り上げられた「最高の国での普通の生活」:北朝鮮の裏を暴く記録映画『太陽の下で』をクローズアップ

    日本人からしたら北朝鮮という国は「謎」そのものだ。私たちが知っている北朝鮮は拉致問題や核開発など、怖くて謎多き独裁国家でしかない。住んでいる人々がどのような服を着て、どのようなものを食べているのかでさえほとんど知らないのである。そんな北朝鮮の実情を映画に収めようと試みた作品が「太陽の下で—真実の北朝鮮—」だ。撮影交渉に2年、密着に1年もの歳月をかけたこの作品は、思いがけない“北朝鮮の嘘”という真

  • 花粉症に悩む読者に朗報:ダチョウの愛が生んだ「最強のマスク」の感染抑制率は99%

    花粉症に悩む読者に朗報:ダチョウの愛が生んだ「最強のマスク」の感染抑制率は99%

    今年も花粉の季節がやってくる。日本人の4人に1人が花粉症だといわれている現在、毎年のように悩まされる読者も多いことだろう。今年はピーク時に備え、しっかり対策をしたいところ。ということで紹介するのは、花粉をほぼ完全にシャットアウトできるという「ダチョウ抗体マスク」。開発者のダチョウへの愛が生んだこの商品は、ほぼ完全に花粉をシャットアウトするという。花粉症に悩んでいる人ならば、外出する際はマスクが必

  • 若手アニメーターの平均年収111.3万円…創造性を手に入れたAIによってさらなる過酷な状況に?

    若手アニメーターの平均年収111.3万円…創造性を手に入れたAIによってさらなる過酷な状況に?

    2016年は「君の名は。」の大ヒットや「聲の形」、「この世界の片隅に」などヒットしたアニメ映画作品が多い年になった。興行収入ランキングも見ても、上位10作品6作品をアニメ作品が占めている。アニメは庶民から切っても離せない文化になっている。アニメ業界が破竹の勢いを見せる一方、その労働環境の悪さはそれほどクローズアップされない。本記事では、若手アニメーターが過酷な環境で働いているアニメ制作現場の現状

  • サムスングループトップが贈賄の容疑で逮捕:韓国・朴大統領の収賄疑惑立証に影響

    サムスングループトップが贈賄の容疑で逮捕:韓国・朴大統領の収賄疑惑立証に影響

    ソウル中央地裁は17日未明、韓国サムスン電子の事実上のトップ・李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に対する逮捕状を発付した。昨年、朴槿恵(パク・クネ)氏の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告に、430億ウォン(約43億円)の賄賂を贈った容疑がかけられている。李容疑者は、サムスングループ内の企業同士の合併や、グループ内での株式持ち合いに関する有利な取り計らいを政権に求めていた。その見返りとして、朴槿恵氏や崔

  • ユニクロ、次なるターゲットはムスリム16億人:新市場への挑戦が異文化理解へと繋がる

    ユニクロ、次なるターゲットはムスリム16億人:新市場への挑戦が異文化理解へと繋がる

    約16億人と言われているムスリムの人口。その数は増加傾向にあり、2030年には22億人、割合にすれば世界全体の30%弱までになるという。そんなムスリムをターゲットにした市場が急速に拡大し始めている。ユニクロが展開しているムスリム向けラインもその一環。日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、ムスリムの多い東南アジア地域にも進出しており、売れ行きは順調だ。本記事では、保守的だがファッショナブルなユニク

  • 安倍×トランプ日米首脳会談開催:蜜月関係?日米同盟・経済協力強化と妥当な内容に

    安倍×トランプ日米首脳会談開催:蜜月関係?日米同盟・経済協力強化と妥当な内容に

    2月10日(日本時間11日)、ワシントンのホワイトハウスで日米首脳会談が行われた。昨年11月に安倍首相がトランプタワーを訪問してから3ヶ月、初めての公式な日米首脳会談となる。トランプ大統領は選挙期間中、在留米軍の費用負担への不満を繰り返し、日本の自主防衛と核武装を促すような発言をしてきた。しかし、蓋を開けてみれば日米関係に急速な変化を起こす気は無さそうだ。というのも、首脳会談直前にはマティス国防