Shingo Hironoさんの記事一覧

  • 【今日からできる集中力UP術】「集中力が続かない…」という悩みとは今日で別れを告げよう!

    【今日からできる集中力UP術】「集中力が続かない…」という悩みとは今日で別れを告げよう!

    集中力が続かない人の特徴として、妄想癖があったり、楽観的すぎる、物事をやる際に計画性が無かったりなど、何かしらの原因がある人が多いと思います。また、精神科に相談されるくらい自身で自覚があっても治せないという人もいるでしょう。集中力に欠けていると、仕事面や家庭生活において、支障をきたす事が多くなってしまいます。簡単な事からで構わないので、集中力UPさせる方法を取り入れてみて下さい。野球選手やサッカ

  • 【創造力を鍛えるバイブル】クリエイティビティを身に付けるために読むべき2冊の本

    【創造力を鍛えるバイブル】クリエイティビティを身に付けるために読むべき2冊の本

    ゆとり世代が社会に出始めて、いわば「ゆとりショック」のような事態が職場に起こっていると言われています。ゆとり世代は上の世代からすると「待ちの姿勢が基本」で扱いにくいとされていますが、「言われたことはきちんとやる」という特性も持ち合わせているのです。しかし、言われたことをきちんとやるだけでは、言う側に立った時、何も指導できない可能性もあります。自分でイメージを膨らませてアイデアを出す能力は、ゆとり

  • あなたにも秘められている?職場でポテンシャルが高いと評されるビジネスマンの特徴

    あなたにも秘められている?職場でポテンシャルが高いと評されるビジネスマンの特徴

    ビジネスシーンではよく「彼は仕事のポテンシャルが高い」「自分はポテンシャルが低いから、なかなかキャリアアップできない」という言い方をします。ポテンシャルというのは「潜在能力」のことですが、「可能性」という程度の意味で使われるケースも多いようです。いずれにしても「仕事で成長するための潜在能力、可能性」と考えていいでしょう。では、「ポテンシャルが高い」と評価される人には、どんな特徴、共通点があるので

  • 【なぜ責任転嫁してしまうのか?】心理的要因を基に考え方の改善方法を考えてみた

    【なぜ責任転嫁してしまうのか?】心理的要因を基に考え方の改善方法を考えてみた

    仕事でミスをしたり、自分が原因でトラブルが起こったとき、つい責任転嫁してしまうという人が少なくありません。人間心理としては分からなくもありません。しかし、同じような状況にあっても、決して責任転嫁しない人がいることも事実です。そして、後者の方が周囲や上司、関係先などからの評価が高くなることは、言うまでもないでしょう。責任転嫁してしまう心理はどういうものなのか。「責任転嫁しないビジネスマン」になるた

  • 【実はあなたも当てはまっている!?】落ち着きがない人の心理的要因をタイプ別に考えてみた

    【実はあなたも当てはまっている!?】落ち着きがない人の心理的要因をタイプ別に考えてみた

    落ち着きがない人は、どこに行っても落ち着きがありません。家でもそうでしょうし、電車に乗っていても、映画館にいてもそうでしょう。落ち着きがない人がそばにいると、そうでない人も、何となく落ち着きがなくなってしまいます。普段から落ち着いている人は、落ち着きがない人が自分と同じような状況に置かれても落ち着きがないことを不思議に思っているはずです。今回は、仕事で落ち着きがない人がどうして落ち着きがないのか

  • 【会社のデスク綺麗ですか?】整理整頓を常に行い「即レス」ができるビジネスマンに!

    【会社のデスク綺麗ですか?】整理整頓を常に行い「即レス」ができるビジネスマンに!

    会社でも、片付けが上手な人と苦手な人とは、デスクの上を見たら一目瞭然です。デスクの上がカオスとなり、隣の机に書類などがはみだしているような片付け下手な人を見かけますが、そんな人たちも、このままでいいと思っているわけではないでしょう。年末の職場の大掃除のときに一瞬だけデスクの上がきれいになるのではなく、整理整頓された状態をずっとキープしたいものです。今回は会社のデスクの整理整頓がもたらす効果を考え

  • 【コアタイムはいつにすべき?】企業がフレックスタイム制のメリットを最大限活かす方法

    【コアタイムはいつにすべき?】企業がフレックスタイム制のメリットを最大限活かす方法

    社員が自由に勤務時間を選択できるのが、フレックスタイム制のメリットですが、この時間だけは必ず勤務していなくてはいけない「コアタイム」というものが存在します。コアタイムの目的は共同作業時間の確保や、ミーティング時間など企業によって様々ですが、コアタイムの設定を誤るとフレックスタイム制のメリットを最大限活用することができなくなってしまうでしょう。コアタイムを設定する際は、どんな点に注意すればよいので

  • 【いち早く逃げ癖からの脱却を!】苦手な仕事と向き合い安定して成果を残し続ける方法

    【いち早く逃げ癖からの脱却を!】苦手な仕事と向き合い安定して成果を残し続ける方法

    嫌な仕事、苦手な仕事を前にすると、人はどうしても「何とかこの仕事をパスできないか」と考えてしまうもの。ずっとパスし続けることができればいいですが、仕事はそうもいきません。苦手な食べ物を一生食べ続けないのとは、ワケが違います。どうしても、その仕事をせざるをえないことも出てくるでしょうし、逃げることでますます嫌悪感が募り、逃げ癖がさらに悪化することになりかねません。ですから、何とか早い時期に、その逃

  • 【仕事に構成力って重要なの?】テキパキと効率よく仕事進めていく人が実践している仕事術

    【仕事に構成力って重要なの?】テキパキと効率よく仕事進めていく人が実践している仕事術

    質の高い仕事をするために必要な能力が「構成力」です。仕事に構成力を用いることで、全体像を捉えながら最適な手順で仕事を進めることができるようになり、作業の効率改善が実現するでしょう。企画書の作成などでも重要な構成力ですが、構成力を鍛えるためにはどのような取り組みが有用なのでしょうか。今回は、仕事で求められる構成力とその鍛え方について解説します。仕事における構成力とは、仕事のすべてを総合的にデザイン

  • 【向上心が強いことのメリットは?】周りより2倍のスピードで成長していくビジネスマンの共通項

    【向上心が強いことのメリットは?】周りより2倍のスピードで成長していくビジネスマンの共通項

    仕事で「向上心を持ってやれ!」と上司から言われた経験がある人は多いのではないでしょうか。向上心とは、今よりも高い目標に向かって努力していく意思や姿勢のことを指し、ビジネスにおいてはとても重要な要素の1つです。一般的に社会で成功を収める人は、人一倍向上心が強く、逆に向上心が見られない人が大成するという例はほとんどないと言っても過言ではありません。今回は、向上心が強いことによるメリットについて紹介し

  • 【なぜ出来ない理由ばかりを探すのか?】自分の中に染み付いている悪しき習慣から脱却する方法

    【なぜ出来ない理由ばかりを探すのか?】自分の中に染み付いている悪しき習慣から脱却する方法

    仕事をするのに、ふさわしくない意識は色々なものが考えられますが、出来ない理由を探しがちな人は一緒に仕事をするのにふさわしくない存在です。常にポジティブ思考でいるのが難しいとしても、出来ない理由ばかり探しているようでは、いつまでたっても仕事の効率は改善しませんし、新しい仕事のチャレンジすることもできないでしょう。出来ない理由を探しがちな人だって、新人の頃からそのようなマイナス思考だったわけではあり

  • 【出来ない理由をできる方法に変えるには?】身近な2つの事例をもとに意識改革の方法を考えてみた

    【出来ない理由をできる方法に変えるには?】身近な2つの事例をもとに意識改革の方法を考えてみた

    意識というものは不思議なもので、何か新しい知識を仕入れたり、新しい体験をしたりすることで、それまで目につかなかったようなものごとが突然目についてきたりするのです。仕事で、自分の能力を超えているようなものに直面したとき、ついつい出来ない理由が脳裏に挙がってくるものですが、そのまま出来ない理由に頭が支配されたままだと、出来ない現実に向かって事態が進んでいってしまうでしょう。今回は、仕事で出来ない理由

  • 【今日から始める意識改革】遠慮がちな性格を直すためにどんなことを心がけるべきか?

    【今日から始める意識改革】遠慮がちな性格を直すためにどんなことを心がけるべきか?

    「遠慮」というのは日本人の美徳であり、遠慮がちな性格と言うのは決してマイナスの属性ではありません。ですから、プライベートなシーンでは「好人物」という評価を得ることも珍しくないでしょう。しかし、仕事においては、遠慮がちな性格は多くの場合、マイナスに作用してしまいます。ここでは、遠慮がちな人が意識を変え、行動を改革する方法を説明しましょう。遠慮がちな性格の人は仕事に関して意見や質問、提案があったとし

  • 【タイプ別のコミュニケーション攻略法】性格ごとに話し方の特徴をまとめてみた

    【タイプ別のコミュニケーション攻略法】性格ごとに話し方の特徴をまとめてみた

    社会は様々な特徴や性格の人がいるからこそ成立しているものですが、実際に仕事を行っている立場としては、性格的に合わない同僚や上司が周りにいるのが、悩みという人は多いのではないでしょうか。仕事仲間とは、あくまで企業という箱の中で同じ目標に向かい共に走っていく仲間であり、仲良し同士での結びつきではありません。そのため、人間関係に悩んでしまう人も多くいると思いますが、この人はこういう性格だから仕方ない、

  • 【教えたつもりになっているだけ…】残念な上司に起こりがちなダメダメすぎる指導方法

    【教えたつもりになっているだけ…】残念な上司に起こりがちなダメダメすぎる指導方法

    部下が使える人材に育たないというのは、いつの時代でも会社が抱えている悩みの一つではないでしょうか。部下の育て方は時代によって様々な方法がありますが、テキスト通りの指導方法で、うまく部下が育てられるというものでもありません。では逆に、どのような指導方法をとると部下は育たないものなのでしょうか。部下を育てるつもりで行っているのに効果が表れない、残念な指導方法について紹介します。部下に一通り仕事を教え

  • 【適切な人事考課をするコツ】社員の評価って何ですべき?成績?過程?それともチームワーク?

    【適切な人事考課をするコツ】社員の評価って何ですべき?成績?過程?それともチームワーク?

    管理職にとって最も重要な仕事の一つが、部下の仕事ぶりや勤務状況を評価する人事考課です。人事考課が適正に行われない会社は、社員のモチベーションを上げることが難しくなり、社員の間に不満が生まれてしまうでしょう。人事考課を行う時は、どのようなポイント注意して実行すればよいのでしょうか。今回は、適切に社員を評価するための人事考課のテクニックを紹介します。人事考課の基本となるのが、社員が結果として出した成

  • 【成功する自己PRのコツ】意外とアピールしづらい「向上心」を上手く面接官に伝える3つのポイント

    【成功する自己PRのコツ】意外とアピールしづらい「向上心」を上手く面接官に伝える3つのポイント

    向上心を持って仕事を行う事は非常に大切です。向上心があると、プラスの方向に物事が進みやすく、企業側としてもそういった人材を欲しがっています。面接でも向上心を上手くアピールできれば、良い結果に繋がる可能性が高まるでしょう。ですが「向上心がある」と言うだけなら誰でも言えますし、それが明後日の方向を向いた向上心では意味がありません。そこで今回は、面接の際の向上心をPRするコツについて説明します。向上心

  • 【真の意味のユーザー目線とは?】大ヒット商品の裏側にあるサービス開発の工夫

    【真の意味のユーザー目線とは?】大ヒット商品の裏側にあるサービス開発の工夫

    サービス開発において重要なことは、ユーザー目線に立って仕事を捉えることです。どのようなサービスを開発する場合でも、ユーザー目線を書いて開発されたサービスでは、顧客満足度を高めることはできないでしょう。ユーザー目線に立つためには、どのような工夫が求められるのでしょうか。今回は、サービス開発の上でユーザー目線に立つための工夫について解説します。自分の仕事に対して思い込みを排除するのは簡単なことではあ

  • 【仕事でイレギュラー対応を求められたら?】上手く対処できるかどうかが仕事人生の命運を握る

    【仕事でイレギュラー対応を求められたら?】上手く対処できるかどうかが仕事人生の命運を握る

    どんな仕事でも必ず通常業務と異なるイレギュラー対応が発生します。例えば、先方の都合による急な内容変更であったり、顧客からのクレーム対応であったり、イレギュラー対応の内容は様々です。イレギュラー対応が発生すると通常業務の流れでは通用しない事もあるため、焦ってパニックになってしまう人もいるかもしれません。しかし、イレギュラーな事態が起こった場合にこそ、いかに上手に対応できるかが仕事の評価を左右するポ

  • 【完璧すぎてぐうの音も出ない】思わず上司も納得の反論する技術を身につける方法

    【完璧すぎてぐうの音も出ない】思わず上司も納得の反論する技術を身につける方法

    会社にいると、上司から納得のいかない指示があったり、考え方や方法を指図されることもあるでしょう。右も左もわからないルーキーの間は、自分に判断できるスキルも経験もないので、上司の指示に従うだけかもしれませんが、やがて上司とは違う意見を持つこともあるはず。それが部下の成長の証かもしれませんし、多様な意見が会社を発展させることになるかもしれません。今回は、上司も納得する反論する技術について考えてみたい