Shingo Hironoさんの記事一覧

  • 【いち早く逃げ癖からの脱却を!】苦手な仕事と向き合い安定して成果を残し続ける方法

    【いち早く逃げ癖からの脱却を!】苦手な仕事と向き合い安定して成果を残し続ける方法

    嫌な仕事、苦手な仕事を前にすると、人はどうしても「何とかこの仕事をパスできないか」と考えてしまうもの。ずっとパスし続けることができればいいですが、仕事はそうもいきません。苦手な食べ物を一生食べ続けないのとは、ワケが違います。どうしても、その仕事をせざるをえないことも出てくるでしょうし、逃げることでますます嫌悪感が募り、逃げ癖がさらに悪化することになりかねません。ですから、何とか早い時期に、その逃

  • 【仕事に構成力って重要なの?】テキパキと効率よく仕事進めていく人が実践している仕事術

    【仕事に構成力って重要なの?】テキパキと効率よく仕事進めていく人が実践している仕事術

    質の高い仕事をするために必要な能力が「構成力」です。仕事に構成力を用いることで、全体像を捉えながら最適な手順で仕事を進めることができるようになり、作業の効率改善が実現するでしょう。企画書の作成などでも重要な構成力ですが、構成力を鍛えるためにはどのような取り組みが有用なのでしょうか。今回は、仕事で求められる構成力とその鍛え方について解説します。仕事における構成力とは、仕事のすべてを総合的にデザイン

  • 【向上心が強いことのメリットは?】周りより2倍のスピードで成長していくビジネスマンの共通項

    【向上心が強いことのメリットは?】周りより2倍のスピードで成長していくビジネスマンの共通項

    仕事で「向上心を持ってやれ!」と上司から言われた経験がある人は多いのではないでしょうか。向上心とは、今よりも高い目標に向かって努力していく意思や姿勢のことを指し、ビジネスにおいてはとても重要な要素の1つです。一般的に社会で成功を収める人は、人一倍向上心が強く、逆に向上心が見られない人が大成するという例はほとんどないと言っても過言ではありません。今回は、向上心が強いことによるメリットについて紹介し

  • 【なぜ出来ない理由ばかりを探すのか?】自分の中に染み付いている悪しき習慣から脱却する方法

    【なぜ出来ない理由ばかりを探すのか?】自分の中に染み付いている悪しき習慣から脱却する方法

    仕事をするのに、ふさわしくない意識は色々なものが考えられますが、出来ない理由を探しがちな人は一緒に仕事をするのにふさわしくない存在です。常にポジティブ思考でいるのが難しいとしても、出来ない理由ばかり探しているようでは、いつまでたっても仕事の効率は改善しませんし、新しい仕事のチャレンジすることもできないでしょう。出来ない理由を探しがちな人だって、新人の頃からそのようなマイナス思考だったわけではあり

  • 【出来ない理由をできる方法に変えるには?】身近な2つの事例をもとに意識改革の方法を考えてみた

    【出来ない理由をできる方法に変えるには?】身近な2つの事例をもとに意識改革の方法を考えてみた

    意識というものは不思議なもので、何か新しい知識を仕入れたり、新しい体験をしたりすることで、それまで目につかなかったようなものごとが突然目についてきたりするのです。仕事で、自分の能力を超えているようなものに直面したとき、ついつい出来ない理由が脳裏に挙がってくるものですが、そのまま出来ない理由に頭が支配されたままだと、出来ない現実に向かって事態が進んでいってしまうでしょう。今回は、仕事で出来ない理由

  • 【今日から始める意識改革】遠慮がちな性格を直すためにどんなことを心がけるべきか?

    【今日から始める意識改革】遠慮がちな性格を直すためにどんなことを心がけるべきか?

    「遠慮」というのは日本人の美徳であり、遠慮がちな性格と言うのは決してマイナスの属性ではありません。ですから、プライベートなシーンでは「好人物」という評価を得ることも珍しくないでしょう。しかし、仕事においては、遠慮がちな性格は多くの場合、マイナスに作用してしまいます。ここでは、遠慮がちな人が意識を変え、行動を改革する方法を説明しましょう。遠慮がちな性格の人は仕事に関して意見や質問、提案があったとし

  • 【タイプ別のコミュニケーション攻略法】性格ごとに話し方の特徴をまとめてみた

    【タイプ別のコミュニケーション攻略法】性格ごとに話し方の特徴をまとめてみた

    社会は様々な特徴や性格の人がいるからこそ成立しているものですが、実際に仕事を行っている立場としては、性格的に合わない同僚や上司が周りにいるのが、悩みという人は多いのではないでしょうか。仕事仲間とは、あくまで企業という箱の中で同じ目標に向かい共に走っていく仲間であり、仲良し同士での結びつきではありません。そのため、人間関係に悩んでしまう人も多くいると思いますが、この人はこういう性格だから仕方ない、

  • 【教えたつもりになっているだけ…】残念な上司に起こりがちなダメダメすぎる指導方法

    【教えたつもりになっているだけ…】残念な上司に起こりがちなダメダメすぎる指導方法

    部下が使える人材に育たないというのは、いつの時代でも会社が抱えている悩みの一つではないでしょうか。部下の育て方は時代によって様々な方法がありますが、テキスト通りの指導方法で、うまく部下が育てられるというものでもありません。では逆に、どのような指導方法をとると部下は育たないものなのでしょうか。部下を育てるつもりで行っているのに効果が表れない、残念な指導方法について紹介します。部下に一通り仕事を教え

  • 【適切な人事考課をするコツ】社員の評価って何ですべき?成績?過程?それともチームワーク?

    【適切な人事考課をするコツ】社員の評価って何ですべき?成績?過程?それともチームワーク?

    管理職にとって最も重要な仕事の一つが、部下の仕事ぶりや勤務状況を評価する人事考課です。人事考課が適正に行われない会社は、社員のモチベーションを上げることが難しくなり、社員の間に不満が生まれてしまうでしょう。人事考課を行う時は、どのようなポイント注意して実行すればよいのでしょうか。今回は、適切に社員を評価するための人事考課のテクニックを紹介します。人事考課の基本となるのが、社員が結果として出した成

  • 【成功する自己PRのコツ】意外とアピールしづらい「向上心」を上手く面接官に伝える3つのポイント

    【成功する自己PRのコツ】意外とアピールしづらい「向上心」を上手く面接官に伝える3つのポイント

    向上心を持って仕事を行う事は非常に大切です。向上心があると、プラスの方向に物事が進みやすく、企業側としてもそういった人材を欲しがっています。面接でも向上心を上手くアピールできれば、良い結果に繋がる可能性が高まるでしょう。ですが「向上心がある」と言うだけなら誰でも言えますし、それが明後日の方向を向いた向上心では意味がありません。そこで今回は、面接の際の向上心をPRするコツについて説明します。向上心

  • 【真の意味のユーザー目線とは?】大ヒット商品の裏側にあるサービス開発の工夫

    【真の意味のユーザー目線とは?】大ヒット商品の裏側にあるサービス開発の工夫

    サービス開発において重要なことは、ユーザー目線に立って仕事を捉えることです。どのようなサービスを開発する場合でも、ユーザー目線を書いて開発されたサービスでは、顧客満足度を高めることはできないでしょう。ユーザー目線に立つためには、どのような工夫が求められるのでしょうか。今回は、サービス開発の上でユーザー目線に立つための工夫について解説します。自分の仕事に対して思い込みを排除するのは簡単なことではあ

  • 【仕事でイレギュラー対応を求められたら?】上手く対処できるかどうかが仕事人生の命運を握る

    【仕事でイレギュラー対応を求められたら?】上手く対処できるかどうかが仕事人生の命運を握る

    どんな仕事でも必ず通常業務と異なるイレギュラー対応が発生します。例えば、先方の都合による急な内容変更であったり、顧客からのクレーム対応であったり、イレギュラー対応の内容は様々です。イレギュラー対応が発生すると通常業務の流れでは通用しない事もあるため、焦ってパニックになってしまう人もいるかもしれません。しかし、イレギュラーな事態が起こった場合にこそ、いかに上手に対応できるかが仕事の評価を左右するポ

  • 【完璧すぎてぐうの音も出ない】思わず上司も納得の反論する技術を身につける方法

    【完璧すぎてぐうの音も出ない】思わず上司も納得の反論する技術を身につける方法

    会社にいると、上司から納得のいかない指示があったり、考え方や方法を指図されることもあるでしょう。右も左もわからないルーキーの間は、自分に判断できるスキルも経験もないので、上司の指示に従うだけかもしれませんが、やがて上司とは違う意見を持つこともあるはず。それが部下の成長の証かもしれませんし、多様な意見が会社を発展させることになるかもしれません。今回は、上司も納得する反論する技術について考えてみたい

  • 「言葉遣いの直し方」魔法の3ステップ!ビジネスシーンでの恥ずかしい思いとは今日でさようなら

    「言葉遣いの直し方」魔法の3ステップ!ビジネスシーンでの恥ずかしい思いとは今日でさようなら

    言葉遣い一つでも、仕事の行先に大きく左右する事があります。言葉遣いが悪かったり間違っていたりすると、相手に悪印象を与えてしまったり、時には誤解を生み仕事の問題を発生させる原因となりかねません。そこで今回は、言葉遣いが気になっている人の言葉遣いの直し方について説明していきます。言葉遣いの直し方として、まずは正しい言葉遣いを知識として知る必要があります。正しい言葉遣いが分かっていないと、そもそも言葉

  • 【自分を客観視できない人の特徴】仕事のスピードは早いのに「デキない人」という烙印を押される理由

    【自分を客観視できない人の特徴】仕事のスピードは早いのに「デキない人」という烙印を押される理由

    質の高い仕事をするためには客観視することが重要ですが、中には全く客観視できない人も存在します。客観視できない人は、自分のこだわりや思い込みを基準にして仕事をしてしまうため、必ずしも顧客の望むものを提供することができず、仕事の成果も上がってこないでしょう。客観視できない人とは、一体どのようなタイプの人なのでしょうか。今回は、仕事において客観視できない人に共通する特徴について解説します。仕事に責任や

  • 「でも」や「だって」を使っていませんか?ついつい言ってしまう口癖を簡単に直すための指南書

    「でも」や「だって」を使っていませんか?ついつい言ってしまう口癖を簡単に直すための指南書

    口癖というものは恐ろしいもので、本人が意識しないまま出て来てしまい、治そうにも治すことが難しかったりします。本人にとってもよくないし、周りからの印象もよくない口癖に「でも」や「だって」がありますが、仕事でこれらの口癖を出てしまうと、周りからの評価もよくないでしょうし、自分自身が前に進む原動力を自分でそいでしまうことになってしまうでしょう。今回は、嫌な仕事に「でも」「だって」という言い訳をしてしま

  • 【話が噛み合ない人とのコミュニケーション術】これをマスターしてミスを未然に防ぐ!

    【話が噛み合ない人とのコミュニケーション術】これをマスターしてミスを未然に防ぐ!

    どうしても、話が噛み合わないという人と稀に出会うでしょう。プライベートなら、話が噛み合わない人とは適当に距離を取って接すればいいかもしれませんが、仕事でどうしても話が噛み合わない人と、やりとりをしなければならない場面が出てくるかもしれません。今回は、仕事で上手に話が噛み合わない人とのコミュニケーションの取り方のコツについて考えてみましょう。話が噛み合わないときは、お互いの論点がズレているときです

  • 【社会人になっても宿題は必要だった!?】仕事に対するイメージ力を短い時間で強化していく方法

    【社会人になっても宿題は必要だった!?】仕事に対するイメージ力を短い時間で強化していく方法

    プロジェクトなどで、皆が同じ目標を抱えているはずなのに、何となく足並みが揃わないということがあったりします。チーム内で言葉上は同じ目標を持っていたとしても、それにまつわるイメージがばらばらだと、それぞれの行動がちぐはぐになり、やがては大きく進行を遅らせてしまうかもしれません。今回は、部下に仕事のイメージを持ってもらうためのイメージ力の強化法について考えてみたいと思います。イメージというものは、曖

  • どうして失敗事例が多発してしまうのか?企業がナレッジマネジメントを導入して失敗する理由

    どうして失敗事例が多発してしまうのか?企業がナレッジマネジメントを導入して失敗する理由

    現場の社員が持つ暗黙知を形式知として活用することで、業務効率の改善を目指すナレッジマネジメントは、企業の人的資本を最大限に有効活用するマネジメントスタイルとして大きな注目を集めています。しかし、現実的には様々な理由でナレッジマネジメントが失敗してしまっているのが現状です。なぜナレッジマネジメントを導入した企業の多くが失敗してしまうのでしょうか。今回は、ナレッジマネジメントでおこる失敗事例を紹介し

  • 【成功事例に共通する2つのポイント】ナレッジマネジメントを成功させる秘訣はどこにあるのか?

    【成功事例に共通する2つのポイント】ナレッジマネジメントを成功させる秘訣はどこにあるのか?

    企業経営に導入される、マネジメントスタイルには色々なものがありますが、最近注目を集めているマネジメントスタイルが、ナレッジマネジメントです。ナレッジマネジメントとは、社員一人一人が持つ暗黙の知識を形式知として組織にフィードバックすることを重視したマネジメントスタイルです。今回はナレッジマネジメントにおける成功事例を紹介します。ナレッジマネジメントの目指すところは、社員一人一人が持っている暗黙知を