Shingo Hironoさんの記事一覧

  • 【例文】バレンタインのチョコに添えたい一言メッセージ&上司にチョコを渡す際に意識すべきポイント

    【例文】バレンタインのチョコに添えたい一言メッセージ&上司にチョコを渡す際に意識すべきポイント

    「バレンタインデー」の季節も近づいてきて、上司にはどんなチョコを上げるべきか、どうやって渡すのが良いかなどを悩み始める人もいるのではないだろうか。そこで今回は、上司にチョコレートを渡す際に意識しておくべきことを紹介していきたい。お世話になっている上司にチョコレートを渡す際は手で渡すのが基本。手で渡せば、日頃の感謝などを口頭で伝えることもできるため、上司からの印象も良くなるだろう。お昼の時間帯や休

  • 天才・初代Facebook社長 ショーン・パーカーの目を覆いたくなるような3つの大失敗

    天才・初代Facebook社長 ショーン・パーカーの目を覆いたくなるような3つの大失敗

    ショーン・パーカー(Sean Parker)という天才、大富豪、いや破天荒な起業家を知っているだろうか?ショーン・パーカーが世界に衝撃を与えたのは、わずか19歳の時。音楽ファイルの共有サイト「Napster(ナップスター)」で一躍脚光を浴びた。そんなショーン・パーカーだが、これまで「可哀想」と思わず言ってしまうような失敗を多く繰り返してきた。今回はショーン・パーカーの目を覆いたくなるような3つの

  • 司会とパネリストの役割とは?ダラダラした“パネルディスカッション”にしない「進め方」のテクニック

    司会とパネリストの役割とは?ダラダラした“パネルディスカッション”にしない「進め方」のテクニック

    パネルディスカッションをする際、ダラダラと話し合いが進んでしまった経験はないだろうか?ダラダラとしたパネルディスカッションは開催する意味もなく、聴衆に対して何も訴えることができない。そこで今回は、きちんとパネルディスカッションでの議論を成立させるために、司会とパネリストの役割とパネルディスカッションの進める上で必要なことについて紹介したい。パネルディスカッションで、最も重要なのが司会進行役だ。司

  • 年賀状を出すのは“お世話になった人”だけ!意外と知らない「仕事関係で年賀状を出す人・出さない人」

    年賀状を出すのは“お世話になった人”だけ!意外と知らない「仕事関係で年賀状を出す人・出さない人」

    今年も終わりに近づき、年末年始イベントで多忙なビジネスパーソンも多いことだろう。そんな慌ただしい年の瀬に、ビジネスパーソンの頭を悩ませるものの一つが「年賀状」だ。プライベートであれば友人に出すのが一般的であるのに対し、仕事関係では年賀状を出すべき人がいまいちわかりにくい。今回は仕事関係の年賀状はどういった人に出せばいいのか紹介したい。まず、「年賀状を出しておいたほうがいい相手」から紹介していきた

  • 達成できない目標は無意味! 仕事で成果を出すために知っておきたい「正しい目標設定の仕方」

    達成できない目標は無意味! 仕事で成果を出すために知っておきたい「正しい目標設定の仕方」

    仕事のできる人がやっている「目標設定」。きちんと正しい方法で目標設定をすれば結果的にモチベーションや評価などに結びつき、どんどん仕事が楽しくなる。目標設定で得られるメリットや適切な目標設定を行うポイントを理解して、仕事の成果へと結びつけよう。例えば「今月の営業部での売上を1,000万円UPさせる」という目標。1案件ごとの売上平均額は? どれくらいのペースでアポがとれているのか? 今の営業方法以外

  • “世界で最も影響がある”5人のオピニオンリーダー:人と世界を動かした「魔法の言葉」とは

    “世界で最も影響がある”5人のオピニオンリーダー:人と世界を動かした「魔法の言葉」とは

    オピニオンリーダーとは、大衆の行動や思想、意見に大きく影響を与えてしまう人物のことである。例えば、カリスマモデルが「今年の流行は白いダッフルコート」と言えば、その発言を聞いて白いダッフルコートを買う人が多く現れるはずだ。このカリスマモデルは、多くの人の購買行動に影響を与えているので、オピニオンリーダーにあたる。さて、人々に大きな影響を与えてるオピニオンリーダーだが、世界で最も影響を与えているオピ

  • 20代のための人事考課対策!ポイントは自己評価の書き方

    20代のための人事考課対策!ポイントは自己評価の書き方

    仕事に対して情熱とやる気を持ち、どんどん昇進を目指したいバイタリティ溢れる若いビジネスマンにとって、定期的に訪れる人事考課の査定は、期待と不安が交錯する一大イベントといえるだろう。最近では、結果通知を見て上司の査定基準に不満を漏らす、20代の若者が増えているという声も聞くが、赤の他人が判断する仕組みである以上、評価の相違が起こることはある程度受け入れなければ仕方がないことだ。大事なのは、上司の査

  • 【誰もが一度は通る道!?】判断ミスの後悔を自分自身の成長へと繋げる方法

    【誰もが一度は通る道!?】判断ミスの後悔を自分自身の成長へと繋げる方法

    仕事をしていれば、どんな人でも判断ミスをしてしまうもの。判断ミスをしてしまうと、どうしても落ち込んでしまったり、後悔が大きなってしまいがちですが、そのままネガティブな思考に陥ったままでは、次の仕事も同じような失敗をしてしまうかもしれません。判断ミスを後悔したとしても、その後悔を成長へと変える方法を知っておくと、将来大きな成功を収める人物になる可能性が高くなります。以下では、その具体的な方法につい

  • 成果が出せる人はここが違う!仕事での改善点を習慣化しつつ継続するコツ

    成果が出せる人はここが違う!仕事での改善点を習慣化しつつ継続するコツ

    仕事に対して改善意識を持つのは良い心がけですが、その改善意識は正しく発揮されなければ意味がありません。何か仕事で改善を実行したとしても、その改善が維持されて持続しなければ、やがて改善の効果は失われてしまうでしょう。改善には継続性が重要なのであり、その場限りの場当たり的な応急処置を改善とは呼びません。一度実行した改善策がその後も継続されて初めて、改善が成功したといえるでしょう。改善点を持続させて仕

  • 【2つのケース別】取引先に不快感を与えない返事の催促の仕方

    【2つのケース別】取引先に不快感を与えない返事の催促の仕方

    ビジネスを進める中で、「返事の催促をしなければならない」シーンが出てきます。ある案件について判断や答えを求めた相手から、いつまでたっても返事がこない場合、返事を催促しなければならないでしょう。ビジネスなのですから、催促するのは当然のことです。しかし、そこは人間関係。催促の仕方を誤ると、相手は不快感を抱いてしまい、その後の仕事や人間関係に悪い影響を及ぼしかねません。では、どのような返事の催促の仕方

  • 【方向性の違いはどこから生まれるのか?】プロジェクトを失敗させないための予防線

    【方向性の違いはどこから生まれるのか?】プロジェクトを失敗させないための予防線

    方向性というものはものごとを達成するのに大切な概念です。自分が向いている方向に合わせて体が動くのが自然の動きです。目線は別のところに置き、体は目線とは別の方向に動くのは、意識していないとできないこと。プロジェクトに関わるメンバーに方向性の違いが生じている場合、プロジェクトの期間が長ければ長いほど、方向性の違いが大きくなっていくでしょう。今回は、プロジェクトに関わるメンバーの方向性の違いを生じさせ

  • 【成功への道しるべになる】経営方針に沿った目標を立てるために徹底すべきコト

    【成功への道しるべになる】経営方針に沿った目標を立てるために徹底すべきコト

    経営の方向性を、決めるために必要になのが「方針」です。方針とは、企業経営の基本となる考え方であり、企業の経営判断は常に方針を基本にして考えられます。方針を生かして経営するためには、方針に沿った目標を設定し、その方向を目指して経営を進めていかなければなりません。今回は、経営方針に沿った目標をたてるコツについて解説します。経営方針にそった目標をたてるためには、従業員全員が正しく方針を理解し、方針に沿

  • 【方針展開の3ステップ】一体感のある企業だけが必ずやっているコト

    【方針展開の3ステップ】一体感のある企業だけが必ずやっているコト

    企業が経営方針を決定した場合、適切に方針展開を行う必要があります。方針展開とは方針を上位階層から下位階層へと伝達することであり、経営方針を従業員全体で共有するために必要な作業です。方針展開を実行するためには、どのような手順で行えばよいのでしょうか。今回は、経営における方針展開の手順について解説します。方針展開は、トップが経営方針を確認することから始まります。まずはじめに経営方針が提示されたら、経

  • 結果と過程のどちらを重視すべき?社員からの不平不満を出さないための人事考課

    結果と過程のどちらを重視すべき?社員からの不平不満を出さないための人事考課

    仕事の評価をするときに、結果と過程のどちらを評価するのか。これはなかなか頭の痛い難問です。結果と過程の両方とも仕事には欠かせない要素ですが、どちらかを重視して評価をしないと、いつまでたっても仕事を評価することはできません。今回は、仕事においての結果と過程それぞれを重視するメリットとデメリットについて解説します。結果を重視することの一番のメリットは、客観的で公平な評価が可能になる点にあります。仕事

  • ビジネスにおける言葉遣いの大切さとは?一度巡ってきたチャンスを逃さぬためにすべき事前準備

    ビジネスにおける言葉遣いの大切さとは?一度巡ってきたチャンスを逃さぬためにすべき事前準備

    ビジネスにおける第一印象は、言葉遣いが圧倒的な重要度をしめると言っても過言ではありません。有能かどうかは仕事をしてみなければ分からないことですが、仕事を任せてもらうには「信頼できる」という印象を与えなければならないのです。そのためには、正しく丁寧な言葉遣いは必須条件と言えるでしょう。誰だって「日本語すら正しく使えないヤツ」に仕事を任せたいとは思いません。あなたの有能さを上司やクライアントに認識し

  • 【初心者のための資料の作り方講座】「こいつデキる!」と思わせる説明資料の作成方法

    【初心者のための資料の作り方講座】「こいつデキる!」と思わせる説明資料の作成方法

    説明資料を作り始めた時、初めて作る人や初心者の方は、話がバラバラでつながらない、どれだけの資料を盛り込んだらいいのかわからない、そもそも何を書けばいいのかわからない…といった悩みを持つことでしょう。そこで、初心者の人でもスムーズにできる説明資料の作り方のコツを紹介したいと思います。説明資料とはどのような場面であっても、たとえ営業の場面でも、自分の言いたいことを載せるものではなく、相手が知りたいこ

  • 【誰でも出来るちょっとした仕事の工夫】効率化のカギは意外と身近なところにあった

    【誰でも出来るちょっとした仕事の工夫】効率化のカギは意外と身近なところにあった

    「仕事を効率的に行いたい」と、ビジネスパーソンなら誰でも考えるでしょう。効率的に仕事をすれば、短時間で仕事を終わらせることができるため、残業の機会は減りますし、仕事の成果物の質も高まります。しかし現実には「効率的に、といっても具体的にどんな工夫をすればいいのかわからない」という人が少なくないのではないでしょうか。ここでは、誰でも明日から始められる「ちょっとした工夫」を、「整理」という観点から紹介

  • 【ビジネスマナーに則した祝電の送り方】取引先に悪い印象を与えないための基礎知識

    【ビジネスマナーに則した祝電の送り方】取引先に悪い印象を与えないための基礎知識

    取引先など、ビジネス上の関係者へ祝電を送るのは、ビジネスマンにとって大切な業務の一つと言っていいでしょう。祝意を表すのに、昔ながらの電報ほど効果的なツールはありません。プライベートで電報が利用されなくなった現代では、電報の「特別感」がいっそう増しているため、その効果は昔より高まっていると考えていいのではないでしょうか。祝電は社交辞令ですし、特にビジネス関係者に送る場合、マナー違反は厳禁です。ビジ

  • 【自分には得意なことがない…は妄想だった】自分にしかない圧倒的な強みを見つけ出す方法

    【自分には得意なことがない…は妄想だった】自分にしかない圧倒的な強みを見つけ出す方法

    仕事でどの分野も他の社員より、上手く進めることができないと悩んでいる人は少なくありません。こうした得意なことがないと悩んでいる人は、どうしてもネガティブな思考に偏ってしまいがちなため、得意分野を見つけ、活かしていくことが大切です。得意分野が見つかれば、自分に自信を持てるようになり、さらにキャリアアップのペースも早くなっていくでしょう。ただ、「そう簡単に得意なことが見つかれば苦労しない…」と

  • 【実は違ったアピールになっていることが多い…】面接で行動力をきちんと自己PRする方法

    【実は違ったアピールになっていることが多い…】面接で行動力をきちんと自己PRする方法

    就職面接の自己PRを「行動力」にする人は多いでしょう。行動力のない人よりも行動力のある人を採用したい、と企業は当然考えます。ですから、アピールポイントとしては有効です。しかし、実際には「行動力」を履き違えて面接でアピールしてしまうケースも少なくありません。面接で「行動力」をどのように自己PRすればいいか、説明します。「私は行動力には自信があります」と、自己PRする人の中には、「話を聞いてみたら、