U-NOTE編集部さんの記事一覧

  • エキナカスペースをシェアリング。新型ポップアップストア「SUKIMA STORE」の実証実験開始

    エキナカスペースをシェアリング。新型ポップアップストア「SUKIMA STORE」の実証実験開始

    株式会社JR東日本リテールネットとポップアップストア向けスペースを貸し借りできるオンラインマーケットプレイス「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」を運営する株式会社COUNTERWORKS(カウンターワークス)は、JR東日本スタートアップ株式会社のサポートを受け11月5日(火)からJR大崎駅構内でEC事業者やクリエイター、アーティストなどのリアル店舗出店促進を目的としたポップアップスト

  • 九州の起業家注目!ミライラボが25歳以下を対象にした創業支援プログラムをスタート

    九州の起業家注目!ミライラボが25歳以下を対象にした創業支援プログラムをスタート

    株式会社ミライラボは、九州地区の25歳以下の起業家(起業予定者含む)を対象とした、創業支援プログラム「#U25-kyusyu」を開始した。株式会社ミライラボは、挑戦する企業や個人のスタートアップを経営アドバイスや投資などのかたちでサポートしている企業だ。昨年からはお金のないスタートアップ期の企業にビジネスが軌道に乗るまでの2年間、期間限定でワークスペースを格安な賃料で貸し出している。今回新たに立

  • 手間のかかる商標調査が一瞬で!TM-RoBoの新機能、称呼一括判定機能がリリース

    手間のかかる商標調査が一瞬で!TM-RoBoの新機能、称呼一括判定機能がリリース

    株式会社IP-RoBoは、商標の登録可能性等の先行調査を支援する人工知能サービス「TM-RoBo(ティーエム・ロボ)」の追加機能として、称呼一括判定機能を11月5日(火)から提供開始した。新商品のネーミングや特許出願の際には同じ(もしくは類似した)商標の登録がないかを調査する必要がある。しかし既存のシステムでは一つ一つの商標を入力して出力結果の確認を専門家がPCの画面上で行う必要があり、多数の候

  • 「首里城」再建支援のため、沖縄県那覇市への寄附を英語でできる外国語寄附受付フォームが開設

    「首里城」再建支援のため、沖縄県那覇市への寄附を英語でできる外国語寄附受付フォームが開設

    ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する、株式会社トラストバンクは、沖縄のシンボル“首里城”再建支援のため、自治体への寄附を英語でできる「外国語寄附受付サービス」に沖縄県那覇市の寄附受付フォームを開設した。 外国語寄附受付サービス開設の大きなきっかけは、那覇市へ寄せられた沖縄在住の外国人や海外在住者からの「那覇市に寄附をしたい」という声だ。また、ふるさと納税制度を活用してク

  • JR大崎駅でデッドスペースを活用した短期貸し店舗の実証実験、EC事業者らの出店促進狙う

    JR大崎駅でデッドスペースを活用した短期貸し店舗の実証実験、EC事業者らの出店促進狙う

    JR東日本リテールネットと「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」を運営するCOUNTERWORKS(カウンターワークス)は、11月5日(火)からJR大崎駅構内で、オンライン通販事業者や作家、芸術家などのリアル店舗の出店促進を目的としたポップアップストア(短期貸し店舗)の展開を行う。JR東日本では駅や鉄道の経営資源や情報資産を活用したビジネスをベンチャー企業などから募って支援する「JR東

  • 薄さを極めた長財布HITOE 長財布2 L-zip「Business」が11月8日に販売開始

    薄さを極めた長財布HITOE 長財布2 L-zip「Business」が11月8日に販売開始

    上質な「革」と「新」たな発想による「革 X 新」を掲げ内外で多数のデザイン賞を受賞するSYRINXは、MAKUAKEでHITOE 長財布2 L-zipのクラウドファンディングを11月8日に開始する。こだわりのレザープロダクトを世に送り出しているSYRINXだが意外にもその始まりはスピーカーを製造する音響メーカーだった。いい音を出すために柔らかく重い素材を求めて出会ったものが革、しかも希少なイタリ

  • 駅から徒歩3分以内!飲食店の個室で仕事ができるサービス「ワークスペースカフェ」

    駅から徒歩3分以内!飲食店の個室で仕事ができるサービス「ワークスペースカフェ」

    株式会社イマココが展開するワークスペースマッチングサービス「イマココワーク」は、都内の飲食店の個室で仕事ができるサービス「ワークスペースカフェ」をリリースした。 同サービスは、飲食店が日中の空きスペースをワークスペースとして開放し、利用したい人とマッチングするサービス。各スペースに、フリードリンクやwifi、コンセントなどの設備が常備されている。ひとりで集中して仕事がしたいときはもちろん、WEB

  • 「デジタル×経営」をOne Dayで学べるアカデミア「D-nnovation LIVE」始動。第1回はSAPジャパンとのコラボレーションで12月7日に開催

    「デジタル×経営」をOne Dayで学べるアカデミア「D-nnovation LIVE」始動。第1回はSAPジャパンとのコラボレーションで12月7日に開催

    2019年12月7日(土)、東京・大手町にある「SAP Leonardo Experience Center」において、デロイトトーマツコンサルティングが、「D-nnovation LIVE」を開催する。第1回目はSAPジャパンとコラボし、実際のSAP業務をワークショップで体験。「デジタル×経営」をOne Dayで学べる場として始動し、グローバル感覚とビジネス感覚を兼ね備えた、ポテンシャルの高い

  • フォロワー15万人のメディアを運営する株式会社トラエルからオウンドメディア制作サービスが登場

    フォロワー15万人のメディアを運営する株式会社トラエルからオウンドメディア制作サービスが登場

    名古屋エリアで最多規模のInstagramフォロワーを抱える名古屋のWebメディア「ナゴレコ」を運営する株式会社トラエルが、オウンドメディアの企画から進行までをサポートするサービスをスタートした。学生編集部や大人編集部などの組織運営、マスメディアへの露出など、自社に蓄積されたメディア運営に関わる知見を元に企業へのコーチングを行う。自社のマーケティングには何を使っているだろうか。以前であれば自社の

  • 特許データベース×AI技術で時代を拓く!ニーズエクスプローラのサービスに注目

    特許データベース×AI技術で時代を拓く!ニーズエクスプローラのサービスに注目

    株式会社ニーズエクスプローラは、新事業創出や新規顧客開拓を可能とする「AIと特許データベースによるニーズ発掘・マッチングサービス」を開発した。11月6日から8日までの特許情報フェア&コンファレンスにPatentfield株式会社と共同で出展、無償トライアルも開始する。日本では過去に数々の特許が出願され、訴訟やライセンスに活用されてきた。しかし特許情報には別の活用法もある。様々な分野で実際に取り組

  • 小規模企業共済チャットボットと経営セーフティ共済チャットボットをリリース

    小規模企業共済チャットボットと経営セーフティ共済チャットボットをリリース

    中小企業向け共済に関する問い合わせが24時間可能に 独立行政法人中小企業基盤整備機構は、小規模企業共済チャットボットと経営セーフティ共済チャットボットを、正式にリリースした。独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)は、経済産業省所管の独立行政法人。 日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関である。全国の中小企業・小規模事業者への支援をトータルで行う役割がある。 ■小規模企業共済と経

  • 東京MaaSミーティングのラストセッション動画を公開。テーマは「技術革新で予測不能時代到来!社会に対応する変化戦略から生まれる新潮流」

    東京MaaSミーティングのラストセッション動画を公開。テーマは「技術革新で予測不能時代到来!社会に対応する変化戦略から生まれる新潮流」

    MaaSモビリティ革命への挑戦を応援するファインピース株式会社が、Carstay株式会社の協賛企画を東京モーターショーの会場にて開催。「東京MaaSミーティング2019」のラストセッションとなる「技術革新で予測不能時代到来!社会に対応する変化戦略から生まれる新潮流」の動画を一般公開した。 セッションのゲストスピーカーは、大手MaaS企業とカーメンテ業界の架け橋や、海外人材の受け入れプロジェクト

  • 映像クリエイター必見!クリエイター検索プラットフォーム「クリショア」が正式版をリリース

    映像クリエイター必見!クリエイター検索プラットフォーム「クリショア」が正式版をリリース

    ノースショア株式会社は、12月1日、広告映像クリエイターのプラットフォーム「クリショア」の正式版をリリースする。クリショアは昨年9月にβ版をリリースした広告映像ディレクターの検索プラットフォームだ。制作プロダクションとのマッチングがオンライン上でできるのでクリエイターたちは営業活動に稼働時間をとられることなく、本来の業務に集中することができる。クリショアに掲載されているのはメディアの種類や撮影手

  • 入社前に聞いていた待遇と違う…56%もの社会人が給料の低さに不満ありとの調査結果

    入社前に聞いていた待遇と違う…56%もの社会人が給料の低さに不満ありとの調査結果

    入社する会社を選ぶときに”労働者への待遇”は重要なポイントであるにも関わらず、多くの労働者が入社した会社の待遇に不満を抱くとされる。より良い条件で退職するためのノウハウや情報をまとめたサイト「退職の前に読むサイト」を運営するベースメントアップス株式会社が、「労働者が会社の待遇へ思うこと」についての調査結果を公表した。入社する会社を選ぶときは、安易に大手だから安心と思わずに自分自身でしっかりと調べ

  • 業務時間外の上司からの連絡には返信すべき?休日さえも連絡が来て困っている社会人が31%も

    業務時間外の上司からの連絡には返信すべき?休日さえも連絡が来て困っている社会人が31%も

    より良い条件で退職するためのノウハウや情報をまとめたサイト「退職の前に読むサイト」を運営するベースメントアップス株式会社が、業務時間外の連絡についての調査を発表した。基本的に勤務時間外は会社や上司からの連絡があった場合に返信はしなくても問題ない。しかし、実際には「上司からの連絡を無視してはいけない」「休日中でも顧客からの連絡はすぐに返さなければいけない」と、業務時間外の連絡を当たり前だと思ってい

  • 社会人の45%が全く読書をしていない?読書より動画が面白いと感じる人が多いとの調査結果

    社会人の45%が全く読書をしていない?読書より動画が面白いと感じる人が多いとの調査結果

    活字離れという言葉がある通り、近年は本を読む習慣がある人が減ってきているとされている。より良い条件で退職するためのノウハウや情報をまとめたサイト「退職の前に読むサイト」を運営するベースメントアップス株式会社が、社会人の読書について調査結果を公開した。 本を読む習慣がない社会人は、「仕事が忙しく読む時間が無い」「テレビやスマホで動画を観る方が面白い」などの理由で本を読まないと言われている。実際

  • 甘くない玄米×味噌シリアルバーの販売開始。腹持ちが良くダイエットや忙しい社会人に最適

    甘くない玄米×味噌シリアルバーの販売開始。腹持ちが良くダイエットや忙しい社会人に最適

    加工食品の企画開発および販売を行うジャパンエナジーフード合同会社が、玄米×味噌シリアルバーをオンラインショップで2019年10月30日より販売開始した。やさしい味噌、さっぱり梅かつおとしっかりカレーの3種類の味が用意されている。古来、郵便物などを運ぶ足として活躍した飛脚やタクシーの代わりだった人力車夫の食事は、玄米と雑穀を合わせたご飯とお味噌汁という一汁一菜。たったこれだけで1日数十キロの距離を

  • 社会人が最も学ぶべきスキルはプログラミング?社会人に求められるスキルについての調査結果

    社会人が最も学ぶべきスキルはプログラミング?社会人に求められるスキルについての調査結果

    ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』 編集部は、「社会人に求められるスキル」について調査した。 ビジネスマンとして社会で活躍するためには常に学び続ける必要がある。学生時代は学校で習うことだけを勉強していれば受験や就職で失敗することはないが、社会人は社会で求められるスキルを学ばなければ評価されることはない。社

  • ブラック企業って結局どんな企業?ブラックと感じる3大要素は長時間労働、低い給与、尊敬できない上司・経営者|調査結果

    ブラック企業って結局どんな企業?ブラックと感じる3大要素は長時間労働、低い給与、尊敬できない上司・経営者|調査結果

    株式会社ロックシステムは全国1000人の男女に対し「ブラック企業に関するオンラインアンケート」を行った。調査を行った株式会社ロックシステムは「ブラック企業をやっつけろ!!」をキーワードに、「きつい」「厳しい」「帰れない」IT業界を変えたいという思いを持って設立されたシステム会社だ。全社員が残業ほぼゼロを達成するなど社内の労働環境改善にも全社をあげて取り組んでいる。自身の勤務先の会社がブラック企業

  • 何もしていない人は約半数?ビジネスマンたちがスキルアップのためにしていることとは

    何もしていない人は約半数?ビジネスマンたちがスキルアップのためにしていることとは

    ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』 編集部が、「社会人のスキルアップ」について調査した。資格を取ったり、独学で技能を磨いたり、本を読んで自分磨きしたり…。ビジネスをする者にとってスキルアップはもはや必要不可欠。先の見えない時代の中で自身の価値を向上させるためには常に学び続ける必要がある。先日行われた『退職