1. 「文字」に関する記事

「文字」に関する記事

U-NOTEには「文字」に関する記事が9件掲載されています。仕事を楽しくする「文字」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「文字」の記事一覧 9件中1 - 9件表示中

新着順    |     人気順
  • 万年筆の使い道にはもう困らない8つのメソッド:家に眠っている万年筆を輝かせるチャンス到来

    万年筆の使い道にはもう困らない8つのメソッド:家に眠っている万年筆を輝かせるチャンス到来

    持っていると少し背伸びをした気分になれる、万年筆。筆圧いらずで、味のある文字をかける万年筆は、誰しもが憧れる存在だろう。シャープペンシルやボールペンとは全く違う書き心地だ。さて、そんな万年筆を持っている人は多いのではないだろうか。親や友達からプレゼントでもらったり、憧れの万年...

  • 【同僚と差がつく】エクセルで資料作りをする時の3つのコツ

    【同僚と差がつく】エクセルで資料作りをする時の3つのコツ

    ビジネスマンなら日常的に数字を扱う資料を作る機会は多々ありますよね。そんな時にエクセルは見やすい図表やグラフが作れ、大活躍。でも、作り方を工夫しないと、エクセルの資料は数字が多く少なからず見る側に抵抗感を与えかねません。いくつかのポイントを押さえるだけでわかりやすく伝わるエク...

  • 【目指せプレゼン上手!】制限時間のあるプレゼンで話すのに最適な文字数とは?

    【目指せプレゼン上手!】制限時間のあるプレゼンで話すのに最適な文字数とは?

     プレゼンには、制限時間があるはずです。タイマーなどない限り何分経ったかなど把握することは不可能に近いでしょう。自分の話したい内容を全て盛り込んだ結果時間が足りなかったということが起きないように準備しておく必要があります。では、どれくらいのペースで話すべきなのでしょうか。 人...

  • PowerPointを使ったプレゼンで見違えるほどに文字を見やすくする工夫

    PowerPointを使ったプレゼンで見違えるほどに文字を見やすくする工夫

     スライドを作っていると、どうしても文字だらけで見づらくなってしまいます。画像や表を追加するのも一つの手ですが、文字自体を見やすくする方法はないのでしょうか?ここではPowerPointの文章を見やすくするコツを紹介します。 複数行にわたって文章が続いていると、どうしても文字が読みづらく...

  • プレゼンで絶対に憶えておきたい文字の強調の仕方と使い時

    プレゼンで絶対に憶えておきたい文字の強調の仕方と使い時

     メリハリがないプレゼンは退屈でつまらないものです。伝えるべきところは存分に強調することで見ていて楽しいプレゼンが出来上がります。強調することが多いのは何と言って文字でしょう。文字の強調には色々なやり方があるので、状況にあったものを選んでください。 最もオーソドックスな方法で...

  • プレゼン資料の文字を上手に色付けするには?文字の強調に使う色の選び方

    プレゼン資料の文字を上手に色付けするには?文字の強調に使う色の選び方

     スライド作成で文字を強調する方法はたくさんありますが、今回はその中でもオーソドックスな色を付ける方法について紹介します。使う色によってはあまり目を惹くことができないので、きちんと強調に適した色を使えるようにしましょう。 観客に見てほしい部分なので、文字の強調にはなるべく濃い...

  • ビジネスメールで気を付けたい、文字の使い方のマナー

    ビジネスメールで気を付けたい、文字の使い方のマナー

     パソコンの環境によっては表示できない文字があり、機種依存文字と言います。例えば、ローマ数字などは、Windowsでは表示出来ますが、Macのパソコンでは表示することが出来ません。このような文字は使わないようにしましょう。 半角のカタカナや記号を利用すると、文章がそこから文字化けしてし...

  • ビジネスマンが身に付ける腕時計の文字盤の色のマナー

    ビジネスマンが身に付ける腕時計の文字盤の色のマナー

     ビジネスマンの身だしなみとして、腕時計は大切なアイテムの1つです。マナーにのっとった腕時計をすることがビジネスマンには求められるのではないでしょうか。ここでは、ビジネスマンの腕時計の中でも、文字盤の色に注目してマナーを説明したいと思います。 ビジネスマンのする腕時計の中でま...

  • プレゼンで相手の目を引くフォントを作成する3つの方法

    プレゼンで相手の目を引くフォントを作成する3つの方法

     プレゼンの資料作成で悩んだことのある人は多いはずです。背景はどうしたらいいのか、文章の構成、画像の位置など。しかし、見落としがちなのがフォントの選択。一辺倒に明朝体を使っていた、なんてことないはでしょうか。それでは効果的な使い方をしているとはいえません。私たちは全員がデザイ...

  • 1