1. 「逆質問」に関する記事

「逆質問」に関する記事

U-NOTEには「逆質問」に関する記事が9件掲載されています。仕事を楽しくする「逆質問」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「逆質問」の記事一覧 9件中1 - 9件表示中

新着順    |     人気順
  • 外さない「逆質問」はコレ!転職の面接を成功させるための逆質問例&ポイント

    外さない「逆質問」はコレ!転職の面接を成功させるための逆質問例&ポイント

    面接での「逆質問」には応募者に残っている不安や疑問点の解決だけでなく、会社への入社意識の高さや関心の強さを確認する意図がある。「特にありません」で終わらせるのは大きな機会損失だ。本記事では「どのような質問をすべきかわからない」人のために「逆質問の役割」や「逆質問での注意点」を...

  • “攻めの転職”を実現させる、面接で聞くべき6つの逆質問:「会社が選ぶんじゃない。会社を選ぶんだ」

    “攻めの転職”を実現させる、面接で聞くべき6つの逆質問:「会社が選ぶんじゃない。会社を選ぶんだ」

    そこで、特に意識してほしいのは、面接の逆質問の時間だ。この逆質問は、転職者にとって企業を知るチャンスであるだけではなく、企業に自分をアピールできる絶好のチャンスでもある。ここでは、転職の面接で役に立つ逆質問をつ6つ紹介する。やる気をアピールする逆質問は、転職活動の面接において非...

  • 企業の本音を聞き出す!面接の時に仕事のイメージを明確にする「逆質問」の仕方

    企業の本音を聞き出す!面接の時に仕事のイメージを明確にする「逆質問」の仕方

    面接において逆質問は、実際の企業の環境や詳しい仕事の内容について知るのに絶好のチャンスです。相手から与えられた情報以外に自分の知りたい仕事についての話を聞くことにより、自分が志望している企業で働くイメージもより描きやすくなります。
面接は、企業側がある流れに沿って進めていく事が...

  • 面接で意欲をみせるために知っておきたい「逆質問」3つのテクニック

    面接で意欲をみせるために知っておきたい「逆質問」3つのテクニック

    面接が終わると、「最後に何か質問はありますか?」と面接官から逆質問されると思います。この逆質問は面接において非常に重要な意味を持っており、質問ができるかどうかを見て、会社に対する関心を見ようとしているのです。ここで、働きたい意欲をきちんとアピールすることができれば、評価も上が...

  • 外資系企業の採用面接を受けるときの逆質問で気をつけたいこと

    外資系企業の採用面接を受けるときの逆質問で気をつけたいこと

    外資系の企業の採用面接では、日本の企業とはまた少し異なるスタイルで自分をアピールしていく必要があるでしょう。しっかりと相手の狙いを意識して面接に臨みたいところです。ここでは、外資系企業の面接で逆質問をするときに気をつけたいことを紹介したいと思います。外資系の企業は、実力主義の...

  • 逆質問の際はメモを取る?覚えておきたい面接のマナー

    逆質問の際はメモを取る?覚えておきたい面接のマナー

    メモを取るという行為は、普段なら真面目な印象を感じたり、ちゃんと話を聞いていると感じたりしますね。もちろん面接の時も手帳とペンは必ず持って行くべきです。面接が進んで、最後になると「何か聞きたいことはありますか?」と逆質問をするチャンスがあります。「こちらから質問をするのだから...

  • 【迷ったらこれを!】面接で逆質問をする際の定番の質問

    【迷ったらこれを!】面接で逆質問をする際の定番の質問

    面接とは、基本的には面接官から質問をされて答える場です。
しかし「最後に何か質問しておきたいことはありますか?」と逆に面接官から質問された経験がある方も多いのではないでしょうか。
このように候補者に逆質問をさせる面接スタイルはもはや定番となっています。
終わり良ければすべて良しと...

  • 女性が採用面接の時に聞いておくべき逆質問の内容

    女性が採用面接の時に聞いておくべき逆質問の内容

    女性が新しい職場でより長く働きやすい環境で勤めていくには、女性だからこそ聞いておかなければならない事がいくつかあります。ここでは、女性が面接などの時に会社の人に聞いておいたほうが良い質問をご紹介します。まず最初は「心構え」です。これは、これから働いていく会社の男女の比例に対し...

  • 面接で逆質問を求められる場合の対策の方法

    面接で逆質問を求められる場合の対策の方法

    面接において、自分をアピールする以外にも評価を高めるチャンスがあります。それは、こちらから会社について色々と聞くことです。つまり、逆質問ということになります。質問をするという事自体、会社への関心の度合いが高いことを示すものになり、この質問内容によって大きく評価を上げることも、...

  • 1