1. 「印鑑」に関する記事

「印鑑」に関する記事

U-NOTEには「印鑑」に関する記事が6件掲載されています。仕事を楽しくする「印鑑」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「印鑑」の記事一覧 6件中1 - 6件表示中

新着順    |     人気順
  • 請求書に印鑑は必要?契約に関する印鑑のルール

    請求書に印鑑は必要?契約に関する印鑑のルール

    会社で経理の仕事をしていて、請求書を発行するとき、先輩から、請求書には会社印を押印するよう指示されて、その通りにしている人がほとんだと思います。しかし、相手方からの請求書に印影のないものがあって、何が正しいか分からない人もいるのではないでしょうか。処理に印鑑を押す必要はあるの...

  • ポイントを守れば綺麗に押せる!「送付状」のマナーとして知っておきたい印鑑のマナー

    ポイントを守れば綺麗に押せる!「送付状」のマナーとして知っておきたい印鑑のマナー

    ビジネスでは、お客様や取引先などに送り状を送る場面は、多くあります。そして送り状には、会社からの誠意を表すために書類に捺印することが必要です。ここでは送り状に捺印する際の印鑑のマナーを紹介します。捺印には、その印鑑の持ち主が納得した、あるいは確かに何かを受け取ったという重要な...

  • 【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまった時の対処法

    【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまった時の対処法

    書類に印鑑を捺印するときに、押し方が悪く欠けてしまったり、薄くなってしまう場合もあるでしょう。押し直しをして強引に修正する人もいるかと思いますが、ここでは、書類に印鑑を押すのを失敗してしまった時の対処法を紹介したいと思います。印鑑を押すときに失敗してしまった場合は、重ねて押し...

  • 書類に印鑑の押す位置が複数ある場合のマナー

    書類に印鑑の押す位置が複数ある場合のマナー

    書類によっては、上司や担当者、プロジェクトリーダーなどの確認を取る必要がある場合があります。そういったとき、書類に複数印鑑を押す位置がある場合があります。ここでは、書類に印鑑の押す位置が複数ある場合のマナーを紹介したいと思います。複数押す箇所がある場合ですが、原則として、右か...

  • 【修正せずに印鑑とボールペンを使う】書類の記入を失敗してしまった場合の訂正の仕方

    【修正せずに印鑑とボールペンを使う】書類の記入を失敗してしまった場合の訂正の仕方

    書類の記入事項が誤っている場合は、訂正のため印鑑を押す必要があります。ビジネスマナーですので、しっかりと押さえておきたいことでもあるでしょう。ここでは、書類の記入を失敗してしまった時の訂正の仕方を紹介したいと思います。まずは、黒のボールペンを用いて、修正する箇所にしっかりと訂...

  • ミスを許されるミスへ! 訂正印の正しい押し方

    ミスを許されるミスへ! 訂正印の正しい押し方

    書類を書いている時や、出来上がった書類を見直している時に誤字脱字などに気づくことはよくあることである。書き直しができる書類であれば書き直せば済むことだが、書き直しの効かない場合には修正のために訂正印を押すことになる。訂正印の押し方にはルールがあるので今回は訂正印の正しい押し方...

  • 1