1. 「メール」に関する記事(10ページ)

(10ページ)

U-NOTEには「メール」に関する記事が263件掲載されています。仕事を楽しくする「メール」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「メール」の記事一覧 263件中181 - 200件表示中

新着順    |     人気順
  • 上司に会議をメールで依頼する時のポイント

    上司に会議をメールで依頼する時のポイント

     仕事を円滑にこなす為には、上司に会議を依頼するシーンもあると思います。しかし目上の人である上司に会議を依頼するということは、中々言いだしづらいことですよね。ここでは、メールで会議の開催を依頼する場合、どのように上司にメールをすればいいのかを紹介していきます。 メールで頼む場...

  • 営業マンがメールを送る時に知っておきたい書き出しの言葉の選び方

    営業マンがメールを送る時に知っておきたい書き出しの言葉の選び方

     取引先の人とメールでやり取りすることもあるでしょう。そのような時にきちんとした書き出しでメールを始めないと、最後まできちんと読んでくれないという可能性もあります。今回は取引先の人に対するメールの書き出しについてご紹介します。 突然本題に入ってしまうメールは相手に対して失礼に...

  • 営業マンがメールで面会のアポイントを取る時に押さえておきたい3つのポイント

    営業マンがメールで面会のアポイントを取る時に押さえておきたい3つのポイント

     営業で面会のアポイントをとることもあると思います。そのメールを送る時のポイントをまとめました。 相手の予定を聞く時には、こちらから候補日を提示するようにしましょう。「何日がいいでしょうか」と聞かれても相手は返答に困ってしまいます。候補日をこちらから提示してあげることで相手は...

  • 新規取引をお願いするメールを送る時に営業マンが気をつけるべきこと

    新規取引をお願いするメールを送る時に営業マンが気をつけるべきこと

     新規営業の際にメールを使うという人もいるのではないでしょうか。メールは簡単に送れる分、相手に興味を持ってもらうには工夫が必要です。今回は新規取引をお願いする時にメールを書く時のポイントをご紹介します。 メールではタイトルがとても重要になります。いろいろなところからメールが来...

  • 営業マンが業務効率化を図るためにメールを活用する方法

    営業マンが業務効率化を図るためにメールを活用する方法

     仕事の効率化を図るために、メールを活用することは営業マンにとって非常に大切です。今回は、メールを活用するためのポイントをご紹介します。 メールアドレスは、アドレス帳できちんと管理するようにしましょう。ほとんどの場合、お客様からいただく名刺にメールアドレスが書いてあると思いま...

  • 営業マンが取引先にメールを送る時の結びの書き方

    営業マンが取引先にメールを送る時の結びの書き方

     「終わりよければ全てよし」という言葉もあるように、何事も最後はとても重要です。これは営業マンが顧客に送るメールに関しても同じことが言えます。今回は営業マンが押さえておきたいメールの結びの言葉をご紹介します。 急ぎできちんと文章を確認せずにメールを送らざるを得ない時もあると思...

  • 営業マンが相手と上手く関係を築いていくためのメールの送り方

    営業マンが相手と上手く関係を築いていくためのメールの送り方

     営業をしていて、相手と上手く関係を築いていくためには細かい気配りを行っていくことが大切になります。意外と流れ作業になってしまいがちなメールもしっかりと相手の立場に立って送ることで、相手と上手く信頼関係を築いていくことができるのです。ここでは、相手と上手く関係を築いていくため...

  • ビジネスメールで気を付けたい、文字の使い方のマナー

    ビジネスメールで気を付けたい、文字の使い方のマナー

     パソコンの環境によっては表示できない文字があり、機種依存文字と言います。例えば、ローマ数字などは、Windowsでは表示出来ますが、Macのパソコンでは表示することが出来ません。このような文字は使わないようにしましょう。 半角のカタカナや記号を利用すると、文章がそこから文字化けしてし...

  • ビジネスメールに適したメールの形式のマナー

    ビジネスメールに適したメールの形式のマナー

     メールの形式では、主に「テキスト形式」と呼ばれる形式と、「HTML形式」という形式があります。テキスト形式は文字のみの表示が可能ですが、HTML形式ですと、メールの文中に画像を差し込んだり、テキストに装飾を付けることができます。 ビジネスメールでは、余計な飾り付けや、画像をメール内...

  • ビジネスメールで配慮したい、調度良い文字数の多さのマナー

    ビジネスメールで配慮したい、調度良い文字数の多さのマナー

     メール一通でも適切な文字数としては、だいたい600文字以内がメールを集中して読む限界と言われています。それ以上長くなってしまう場合は、何個かに分けてメールを送ると良いでしょう。 一行に書くべき文字数としては、30文字から35文字が適切と言われています。これは、読みやすいとい...

  • ビジネスメールで添付ファイルを送るときのマナー

    ビジネスメールで添付ファイルを送るときのマナー

     ビジネスメールに添付ファイルを送るときにまずマナーとして確認したいのげ、添付ファイルの容量とタイトルです。容量は相手の回線やメーラーの都合も考え、4MBまでに抑える必要があるでしょう。また、添付ファイルのタイトルという観点では、相手にどのようなファイルかわかりやすいタイトル...

  • ビジネスメールを書く際の改行のマナー

    ビジネスメールを書く際の改行のマナー

     改行を入れるタイミングとしては、文字数が30文字を超えてきた当たりが適切かと思われます。長い文章になる場合はこのぐらいをめどに改行を行って下さい。また、逆に改行が多すぎるのも見にくいメールの原因となりますので、無駄な改行はしないようにしましょう。 メールで行間を開けるべき場...

  • ビジネスメールでの「追伸」に関するマナー

    ビジネスメールでの「追伸」に関するマナー

     ビジネスメールのマナーとして、原則的に「追伸」と言って書き足しを行うことはマナー違反になります。ビジネスメールは用件を手短にわかりやすく伝える目的が有りますので、追伸という風に書いて余計なものが加わると相手も内容に集中できなくなってしまいます。 用件が他にもあると書いている...

  • ビジネスメールの内容に誤りが合った時の訂正の仕方のマナー

    ビジネスメールの内容に誤りが合った時の訂正の仕方のマナー

    ビジネスメールで内容に誤りがあった場合は、まず、序文できちんと謝罪するようにしましょう。「先ほどの〇〇の部分に誤りがありました。大変申し訳ありません」というように書くことで、誤りがあることを伝え、謝罪の姿勢を相手に見せることができます。 誤っている箇所をわかりやすく示す...

  • メールで送信された文章を引用する時のマナー

    メールで送信された文章を引用する時のマナー

     よくメールは全文引用し、自分のメールの最後に載せておくべきだというマナーがあると思われがちですが、これは正しくありません。メールサービスには返信する時に引用文を後ろに付ける機能があるものがあり、その機能がマナーと勘違いされて広まったものと考えられます。メールを送るときは、全...

  • ビジネスメールで美しく見栄えの良い数字の表記をするためのマナー

    ビジネスメールで美しく見栄えの良い数字の表記をするためのマナー

     ビジネスメールでの数字の書き方ですが、半角や全角にとくに制限はありません。しかし、見やすいメールを送るという観点で見ると、マナーの良いメールの数字の書き方は存在するといえるのではないでしょうか。また、半角と全角を同じ数字の中に並べるのはマナー違反となるので注意しましょう。 ...

  • 【相手にきちんと返信してもらえる】営業マンが知っておくべきメール返信の催促の仕方

    【相手にきちんと返信してもらえる】営業マンが知っておくべきメール返信の催促の仕方

     営業をしているとメールを送ったけれど相手から返信がないということも度々起こるのではないでしょうか。相手からの返信がないと、こちらも動くに動けないため返信してもらえうように催促のメールをすると思います。しかし、その内容によっては相手の返信する気を余計に起こしにくくなってしまう...

  • タイトルを付けないのはマナー違反!無題メールに関するビジネスマナー

    タイトルを付けないのはマナー違反!無題メールに関するビジネスマナー

     ビジネスメールでは、タイトルを付けずに無題でメールを送るのはマナー違反となりますので、やめましょう。無題ですと、用件が相手に伝わりませんし、迷惑メールフォルダにメールが届いてしまうことに繋がります。ビジネスメールでは必ずタイトルを付けたメールを送るようにしましょう。 無題の...

  • 上司に対して返信メールの催促をする際に気をつけておくべきこと

    上司に対して返信メールの催促をする際に気をつけておくべきこと

     上司に確認のメールを送ったけれど返信がなくて困った経験のある人は多いと思います。その際、返信してもらうために催促のメールを送るのですが、どういった内容にすれば良いか分からないという人もいるでしょう。 ここでは、上司に対して催促のメールを送る際に気をつけておくべきことを紹介し...

  • ビジネスメールの返信をするときに気を付けたい時間や内容のマナー

    ビジネスメールの返信をするときに気を付けたい時間や内容のマナー

     返信をする際は早ければ早いほうがいいと言われていますが、しっかりと内容を吟味する必要もありますので、注意が必要です。返信にかけても良い時間は、マナー的には1日以内といったところでしょう。それ以上たってしまいますと時間にルーズな印象を相手に持たれてしまいます。 返信メールでは...