1. 「法務」に関する記事

「法務」に関する記事

U-NOTEには「法務」に関する記事が10件掲載されています。仕事を楽しくする「法務」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「法務」の記事一覧 10件中1 - 10件表示中

新着順    |     人気順
  • “出向”の意味は?給与の扱いはどうなる? 出向後の給料&転勤との違いを徹底解説

    “出向”の意味は?給与の扱いはどうなる? 出向後の給料&転勤との違いを徹底解説

    企業に勤めていると「出向」を言い渡されることもあるだろう。出向する際にはわからないことも多いはずだ。今回は、出向の意味や出向先での給料・給与の扱いについて説明していきたい。本記事で出向に関する疑問を一つずつ解決していこう。出向とは、「会社の業務命令などにより、所属は元の企業の...

  • 何歳から深夜労働は可能?仕事で未成年を雇用する際に知っておきたい法律の基礎知識

    何歳から深夜労働は可能?仕事で未成年を雇用する際に知っておきたい法律の基礎知識

    ビジネスシーンにおいて、企業がアルバイトやインターンシップで未成年を雇うことは多く見受けられる。しかし、未成年と大人とでは労働において気をつけるべきことが異なるということをご存知だろうか?今回は、仕事で未成年を起用するときに関係する法律の基本的知識について紹介したい。未成年を...

  • 【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!?

    【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!?

    営業マンであれば、仕事が終わった後に「接待」をすることもあるでしょう。取引先との関係構築に役立つ「接待」ですが、果たして業務時間外の接待の時間は残業代として請求できるか気になりませんか?業務時間外に行う接待は、法律的に残業として認められ、残業代を請求できるそうです。ただし、全...

  • 作成したらそれで完璧じゃない!就業規則の届出に関する基礎知識

    作成したらそれで完璧じゃない!就業規則の届出に関する基礎知識

    就業規則を作成したらそれを届出ることなく会社のルールとしてはいけないという決まりがあります。しかし、十分な就業規則に関する法律の知識がないと、見逃してしまいがちなのがこの、届出です。ここでは、就業規則の届出に関する基礎知識について述べていきます。派遣社員を除いて常に10人以上の...

  • 週1で休暇を与えなくても良い!?仕事の休みに関する法律の基礎知識

    週1で休暇を与えなくても良い!?仕事の休みに関する法律の基礎知識

    仕事を行う上で雇用をする側もされる側も知っておきたい知識の一つに、仕事の休みに関する法律知識があります。これを知っていることで雇用をする側は、合法的で快適な職場をつくることができ、雇用される側は自分の置かれている状況の判断基準ができます。ここでは、労働基準法をメインに仕事の休...

  • 経営者が会社経営において知っておくべき法律の基礎知識

    経営者が会社経営において知っておくべき法律の基礎知識

    会社の経営者にとって最も大切なことは、会社をよりよい状態にするために先頭に立って社員を引っ張っていくということです。そしてそのために、経営者に必要な知識や心構えは数えきれないほどあります。会社を経営するということは、それほど大変なことなのです。また、経営者が知っておくべき重要...

  • ビジネスに必要となる法務に関する資格とその必要性

    ビジネスに必要となる法務に関する資格とその必要性

    ビジネスと法務は切っても切り離せません。民法、商法、労働法など経営には多くの法律が関わってきます。場合によっては、法務の知識がないばかりに損害賠償請求されることもあります。法務への知識がある人間がいない会社はかなり危険であることは間違いありません。 実際の会社では、経営者が法務...

  • 商標の類似とパロディ商標

    商標の類似とパロディ商標

    今回は、「ベンチャーにおける商標の重要性」に続き、商標の第2弾として、商標の類似判断について、パロディ商標の話題を交えてご説明したいと思います。<今回の内容>1. 類似判断の考え方~どんな場合に類似になる?2. パロディ商標~プーマ・シーサー事件既に登録されている他社商標と同一又は類...

  • クラウドファンディングの法規制(基礎編)

    クラウドファンディングの法規制(基礎編)

    ベンチャー企業による資金調達は、ベンチャーキャピタル等による種類株式や新株予約権付社債(CB)による投資が中心的ですが、最近、クラウドファンディングという資金調達方法が注目を集めています。金融庁でも、新規・成長企業へのリスクマネー供給という観点から、クラウドファンディングを活用...

  • 起業準備中のチームを会社化する場合に注意すべきポイントまとめ

    起業準備中のチームを会社化する場合に注意すべきポイントまとめ

    プロダクトの「デザイン」や「プログラム」については、著作権が主に問題となりますが、この著作権は「発生主義」といって、登録などを要せず、創作をした人に帰属します。したがって、特に合意をしていなければ、デザイナーやプログラマー個人に、著作権が帰属することになります。チームを会社化...

  • 1