1. 「法務」に関する記事

「法務」に関する記事

U-NOTEには「法務」に関する記事が17件掲載されています。仕事を楽しくする「法務」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「法務」の記事一覧 17件中1 - 17件表示中

新着順    |     人気順
  • 【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!?

    【勤務時間は終わっているけど…】勤務時間外の接待には残業代がつく!?

    営業マンであれば、仕事が終わった後に「接待」をすることもあるでしょう。取引先との関係構築に役立つ「接待」ですが、果たして業務時間外の接待の時間は残業代として請求できるか気になりませんか?業務時間外に行う接待は、法律的に残業として認められ、残業代を請求できるそうです。ただし、全...

  • 作成したらそれで完璧じゃない!就業規則の届出に関する基礎知識

    作成したらそれで完璧じゃない!就業規則の届出に関する基礎知識

    就業規則を作成したらそれを届出ることなく会社のルールとしてはいけないという決まりがあります。しかし、十分な就業規則に関する法律の知識がないと、見逃してしまいがちなのがこの、届出です。ここでは、就業規則の届出に関する基礎知識について述べていきます。派遣社員を除いて常に10人以上の...

  • 【経営者の基礎知識】解雇予告は30日以上前に!意外と知られていない「解雇」までのステップ

    【経営者の基礎知識】解雇予告は30日以上前に!意外と知られていない「解雇」までのステップ

    社員にとって、会社は生活の安定を確保するために必要な場です。しかし経営者側から見ると、働きの悪い社員には辞めてもらい、組織に新しい風を入れ、活性化したいと考えることもあるのではないでしょうか。解雇したい社員に対し、どのようにすれば良いか。段階ごとに考えていきましょう。ある日突...

  • 週1で休暇を与えなくても良い!?仕事の休みに関する法律の基礎知識

    週1で休暇を与えなくても良い!?仕事の休みに関する法律の基礎知識

    仕事を行う上で雇用をする側もされる側も知っておきたい知識の一つに、仕事の休みに関する法律知識があります。これを知っていることで雇用をする側は、合法的で快適な職場をつくることができ、雇用される側は自分の置かれている状況の判断基準ができます。ここでは、労働基準法をメインに仕事の休...

  • 経営者が会社経営において知っておくべき法律の基礎知識

    経営者が会社経営において知っておくべき法律の基礎知識

    会社の経営者にとって最も大切なことは、会社をよりよい状態にするために先頭に立って社員を引っ張っていくということです。そしてそのために、経営者に必要な知識や心構えは数えきれないほどあります。会社を経営するということは、それほど大変なことなのです。また、経営者が知っておくべき重要...

  • 【本当に大丈夫?】マンガの技名のビジネス利用の注意点

    【本当に大丈夫?】マンガの技名のビジネス利用の注意点

    ネットに詳しい方ならご存知かと思いますが、以前「マカンコウサッポウ」というおもしろ写真が、女子高生を中心として密かなブームとなっていました。一般的に、漫画のワンシーンのように、あたかも人を吹き飛ばしているかのような写真のことを指すことが多いようです。さて、こうしたブームに敏感...

  • 【あなたは知ってた?】自炊代行は著作権法違反に!

    【あなたは知ってた?】自炊代行は著作権法違反に!

    平成25年9月30日に東京地裁で、いわゆる自炊代行が著作権法違反にあたるとする初めての判断が下されました。(判決全文はこちら)これまで自炊代行に対し著作者の団体などが著作権法違反を主張していましたが、自炊代行を明確に著作権法違反であると判断した判例はなく、「グレー」な領域でした。自...

  • ビジネスに必要となる法務に関する資格とその必要性

    ビジネスに必要となる法務に関する資格とその必要性

    ビジネスと法務は切っても切り離せません。民法、商法、労働法など経営には多くの法律が関わってきます。場合によっては、法務の知識がないばかりに損害賠償請求されることもあります。法務への知識がある人間がいない会社はかなり危険であることは間違いありません。 実際の会社では、経営者が法務...

  • ベンチャーにおける商標の重要性

    ベンチャーにおける商標の重要性

    皆さんご存知のとおり、商標は特許庁に商品名・サービス名を出願して、登録されたらそれを独占使用でき、他社の類似商標の使用を禁止できる制度です。商標権のことを考えずに漫然とネーミングして使用していると、他社が同一又は類似のサービスで同一又は類似の商標を出願・登録した場合、その名称...

  • 商標の類似とパロディ商標

    商標の類似とパロディ商標

    今回は、「ベンチャーにおける商標の重要性」に続き、商標の第2弾として、商標の類似判断について、パロディ商標の話題を交えてご説明したいと思います。<今回の内容>1. 類似判断の考え方~どんな場合に類似になる?2. パロディ商標~プーマ・シーサー事件既に登録されている他社商標と同一又は類...

  • 違法動画等にリンクを貼ると著作権侵害になる?ならない?

    違法動画等にリンクを貼ると著作権侵害になる?ならない?

    <事案>Xが自身が上半身裸でマクドナルドに入店する様子等を撮影してニコニコ生放送でライブ配信をしたところ、何者かがこのライブ配信を録画してニコニコ動画にアップロードした。さらに、ニュースサイトのロケットニュースがこの動画に関する記事を掲載するとともに、動画にリンクを貼った。Xが...

  • ベンチャーが職務発明の特許申請で留意すべきこと

    ベンチャーが職務発明の特許申請で留意すべきこと

    職務発明でまず思い出すのが、青色発光ダイオード(青色LED)訴訟ですね。日亜化学工業に当時在籍していた青色LEDの発明者が、職務発明の報酬を請求して、一審で200億円もの報酬額が認められた(のち約8億円で和解)ことで有名です。その後LED電球が普及していることでも、知名度が高くなっています...

  • 【あなたは知ってる?】ビッグデータと個人情報の関係性

    【あなたは知ってる?】ビッグデータと個人情報の関係性

    ビッグデータを構成する個人情報については、その取得、分析、アウトプットの提供、開示等の各段階で個人情報保護法その他の法令との関係が問題となります。この中でも、個人情報保護法との関係で特に議論されている問題点は、ビッグデータをアウトプットとして提供することの可否です。これをざっ...

  • 自分でもできる?売掛金の回収手続

    自分でもできる?売掛金の回収手続

    自社の商品やサービスを提供する場合、一般的には、商品等を提供した後に後払いでその対価の支払を受けることが多いと思います。せっかく苦労して販売した商品等ですが、ときどき、その対価を回収できないケースがあります。もちろん、われわれ弁護士にとっては債権回収も重要な職務ですが、弁護士...

  • これで形式もバッチリ!?契約書の形式面についてのまとめ

    これで形式もバッチリ!?契約書の形式面についてのまとめ

    契約のレビューは、私たち弁護士が行う日常的な業務の一つですが、クライアントからは内容面についてはもちろんのこと、「契約書には誰がサインをすべきなのか?」、「押印は登録印である必要があるのか?」といった形式面についてもよくご質問を受けます。そこで、今回は、このような契約書の形式...

  • クラウドファンディングの法規制(基礎編)

    クラウドファンディングの法規制(基礎編)

    ベンチャー企業による資金調達は、ベンチャーキャピタル等による種類株式や新株予約権付社債(CB)による投資が中心的ですが、最近、クラウドファンディングという資金調達方法が注目を集めています。金融庁でも、新規・成長企業へのリスクマネー供給という観点から、クラウドファンディングを活用...

  • 起業準備中のチームを会社化する場合に注意すべきポイントまとめ

    起業準備中のチームを会社化する場合に注意すべきポイントまとめ

    プロダクトの「デザイン」や「プログラム」については、著作権が主に問題となりますが、この著作権は「発生主義」といって、登録などを要せず、創作をした人に帰属します。したがって、特に合意をしていなければ、デザイナーやプログラマー個人に、著作権が帰属することになります。チームを会社化...

  • 1